大 自 然  ・・・  太陽 & 光 & 雲 & 花   
§15.
   地 方 の 風 景 - 2 ( 東 北 地方 )

§15 地方  地方の風景
 北海道
 東北  青森 : 奥入瀬渓谷
 福島 : あぶくま鍾乳洞、野口英世記念館
 会津 : 会津周辺
 会津 : 塔のへつり
 関東
 中部
 近畿
 中国
 四国
 九州
 神社等

 多くの人々は生活の場として、大都会で暮らしています。  働く場としての諸条件が整っている為、暮らし易く必然的に人口が密集してしまいますが、反面何かとストレスも多い都会の生活になってしまいます。

  心身と魂の健康維持増進のために、時には豊かな自然がある海や山などへ出かけ大自然と交流して癒しましょう。

 今後アセンションが本格的に始まるにつれ、カルマの浄化作用が活発化することで、心の精神的ストレス・トラウマを感じる機会が増加するようですが、光明思想でしっかりと対応できれば問題ありませんが、不十分な場合やストレスが溜まってしまった場合場は、大自然との交流を図って癒していきましょう。

 サブトップページの“大自然”の各ファイルから、気に入ったページを展開、どうぞ御覧下しい。 参考になれば幸いです。

※ 【 地方区分 】
 最も一般的な日本の地方区分は、下記の通り。
 @ 北海道
 A 東北 : (青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)
 B 関東 : (茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)
 C 中部 : (新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知)
 D 近畿 : (三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、大阪、兵庫)
 E 中国 : (岡山、広島、鳥取、島根、山口)
 F 四国 : (香川、徳島、愛媛、高知)
 G 九州 : (福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

15-2. 東北 

.【 青森 奥入瀬渓谷 】 
 《 奥入瀬渓谷 》
 * 十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、豊かな樹木や十数か所の滝と、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、四季折々の自然美を堪能できます。新緑は5月〜6月、紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬〜下旬頃が見頃です。
 * 雲井の流れから銚子大滝までの50分コース。銚子大滝など9つの滝を見ることができます。
 * 馬門岩から雲井の滝までの30分コース。奥入瀬渓流の有名な「阿修羅の流れ」などを見ることができます。 
 《 乙女の像 》
    明治大正昭和の芸術家高村光太郎の最後の作品、ブロンズ彫刻像。 乙女の像は智恵子夫人-をモデルにして描いたものでどこから見てもこちらを見ているように見える。
                                                                          ( 〜 青森県観光HP等より) 
 奥入瀬渓谷 観光 :  H22(2010).8.17   訪問
 十和田湖 湖畔の「乙女の像」   十和田湖  奥入瀬渓流 : 「阿修羅の流れ」
 白糸の滝  〃  雲井の滝。 高さ20メートル
 銚子大滝: 高さ7メートル、幅20メートル。  〃
 稲田  〃  〃

2.【 あぶくま鍾乳洞 】 
 2−1  《 野口英世記念館 》 
 ・ 福島県猪苗代町出身の細菌学者。3度ノーベル医学賞候補になった。<  BR>  ・ 世界的な医学者野口英世の遺徳偉業を顕彰するために創立されたもの。黄熱廟の研究をし、自らも感染してしまい51歳の短い一生を終えている。
    「志を得ざれば再び此の地を踏まず」と、その決意を力強く刻みつけた床柱なども残されている。
 ・ 平成27年4月1日の野口英世記念館リニューアルオープンに際し、最新の手法による 展示を行い野口英世の生涯を紹介。      新展示館内には日本で最初の試みとなる「細菌」をテーマとした展示コーナー「バクテリウム」がオープン。

 2−2   《 あぶくま鍾乳洞 》
 ・ 場所 : 福島県田村市 
 ・ あぶくま洞は、およそ8,000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。 
      ・ 全長約600mの洞内は、天井から大きく下がる鍾乳石や床下からタケノコのように堆積してできる石筍(せきじゅん)など千変万化の神秘の世界が続いています。     ・ したたり落ちる地下水が自らの溶食作用によって創りあげる様々な造形美にはそれぞれに名前が付けられ、訪れる人を魅了します。       HP ・・・・・ http://www.city.tamura.lg.jp/soshiki/19/abukuma-syounyuudou-top.html 
                                   ( 〜 観光HP等より) 
 2−1  《 野口英世記念館 》   猪苗代湖観光 :  H27(2015).7.11   訪問 
 野口英世写真   〃   生家
 生家 囲炉裏
 2−2   《 あぶくま鍾乳洞 》  :  H27(2015).7.10   訪問
 案内図  〃  炭酸カルシウムの再結晶化で成長。
 100年で1cm成長。  石柱、石筍。  案内図  洞窟内は年中15℃
 滝竜宮  クリスタルカーテン
 滝根御殿  洞窟サンゴ
 ライトアップ  〃  〃
 黄金柱  滝根御殿  駐車場&鍾乳洞上部の石灰岩の山
 駐車場&鍾乳洞上部の石灰岩の山  キャラクター  探検コース

3.-1【 会津 】 

※  国の重要文化財。 金塔山恵隆(えりゅう)寺の本尊で「会津ころり三観音」「会津三十三観音」の1つ。
   どんな願いもコロリとかなうだきつき柱 → 堂内のだきつき柱に抱きつき、観音様のお顔を見ながら心願すればどんな願いもコロリとかなうと言い伝えられています。
                                   ( 〜 観光HP等より) 
 会津観光 :  H22(2010).8.17   訪問 
 会津田島 ホテル泊   ススキ  コスモス
 コスモス  そばの花  オオマツヨイグサ
 ツユクサ & オオマツヨイグサ  立木千手観音  〃
 立木千手観音  〃  〃
 巡礼地図  ヒマワリ
 キクイモ  ススキ

3-2.【 会津 : 塔のへつり 】 

 塔のへつり(とうのへつり)は、福島県南会津郡下郷町にある景勝地。河食地形の奇形を 呈する好例として、国の天然記念物に指定されている。 「へつり」とは会津方言で、川に 迫った険しい断崖のこと。
 ・ 長い年月をかけて自然が作り出したこの渓谷は、塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と名づけられました。へつりとは地元の言葉で断崖のことです。
 ・ 100万年もの間にまるで塔のように削られた奇岩の連なる“塔のへつり”は、紅葉の名所にもなっている。10月中旬には白い岩肌にはえる紅葉が大川の流れをも染め、深々とえぐられた岩のアーチを巡って紅葉狩りが楽しめる。
 ・ 国の天然記念物に指定されている塔のへつり。「へつり」とは、方言で「川に沿った断崖、急斜面」のこと。100万年以上という長い年月の浸食と風化によって大川の断崖が削られてできた奇岩、怪石の景観だ。象塔岩[ぞうとういわ]、獅子塔岩[ししとういわ]、鷲塔岩[わしとういわ]など名がつけられた12の岩(塔の岩)があり、吊橋のたもとに虚空蔵菩薩[こくぞうぼさつ]が祭られている。岩の下には遊歩道がつくられ、吊橋を渡って侵食された部分を巡ることができる。駅からでも徒歩で往復約10分。       ( 〜 観光HP等より) 
 会津観光 :  H28(2016).8.14   訪問 
 塔のへつり  〃  〃
 塔のへつり
 塔のへつり
 塔のへつり
 塔のへつり

 

15-※ 神社 等

 下記ファイルを訪問してみてください。

   ⇒ ⇒ エネルギースポット & 聖地