光の地底王国 『シャンバラ』

T  地底王国、シャンバラの世界  U-2  新しいイレムリア
 U-1  地底人からのメッセージ
 2−1  五次元の意識を発達させるために
1−1  地球   −2  様々なチャネリング 
−2  地底王国 アガルタの歴史   −3  聖なる炎と神殿
−3  地底王国 アガルタの世界  V  考察
−4  地底王国の使命・任務  W  ニュース 
−5  地底王国人の生活  X  関連HP,ブログ等
−6  ポーソロゴス図書館  Y  Uチューブ:地底王国シャンバラ関連映像
−7  水晶
−8  
−9  地上人類
−10  アセンション
−11  なぜ今日まで真実を知らされなかったのか
−12  宇宙
−13  人間
−14  シンクロニシティー
−15  9.11事件
−16  アシュター銀河司令部



























T
 地下シャンバラの世界 


 地球は今、急速に次元上昇しつつあります。全生命を高次の意識へ導く、エネルギーの大きな波である“フォトンベルト”に地球が入り始めています。  ・ 高次のエネルギーを受け取り、その高い周波数の波長に適応していくことが、地球と人類が存続できるかどうかのカギです。我々人類が真理に目覚めることが急務です。今は、人類が現地球に留まって光りあふれる世界を築いていけるかどうかの瀬戸際の状況です。自分の波動を大自然の高次のエネルギーに合わせ、上昇させ、ある程度以上の光り輝いた魂に昇華すれば、3次元の苦痛を味わうことなくアセンションができます。
  現象的には、今後地球がフォトンベルトの高密度帯に入る2012年の冬至から次第に地球世界は大浄化・地球の物理的・波動的修復が始まり、2015年後半からは本格的に行われるようです。
  2012年年末から始まる世界的規模、全人類的規模での大浄化現象(やや規模の大きい天変地変、太陽活動の活発化、小規模な戦争、民族紛争、大事故、大災害、飢餓、病気、資本主義経済の大混乱等)が周期的に生じるようです。
  また最大の変化は、意識の変容で宇宙意識についていけない利己主義・唯物主義者等意識の低い人は必然的に、本人の奥底の意思等により自然な形で転生(精神的肉体的病気による死、他の惑星への転生)されるようです。 
  2012年末が最初の小さなターニングポイントで、2015年秋頃の本格的なターニングポイント迄は、表面的にはあまり激炊きな変化は現れないようですが、その後は次第に浄化現象が本格的になり、2017年頃までの初期次元上昇期を経て、2・3十年に及ぶ次元上昇期に大変化が生じるようで、特に2026年と2032年の後期浄化期間を経て、2032年以降には宇宙連合の仲間入りを果たし、統合された真の平和な地球の誕生を迎え、2040年頃には物質的世界からの完全脱却、5次元世界に移行するとの有力な情報があります。

 地球が、今回「アセンション劇」の主要舞台として設定されており、成就の度合によって宇宙全体に大きな影響を及ぼす構造になっているようです。
 地球の最大規模の激変は、肉体と魂が一段上の次元へ上昇する最中に起こるので、スピリチュアルな意味で十分の準備をして地球と共に歩む者は、その激変によってダメージを受けることはないようです。
「魂(潜在意識)」のレベルでは、魂は創造主に直結しているので、誰もが例外なく今生でアセンションを達成するか、次回のアセンションへの足掛かりとしての体験を積むことを目的にして地球へ転生しているようです。
  自我のレベルでは、必ずしもアセンションを選択していない人が多いのは、自我と魂が分離していて、魂の知らせを感知していないため。
 “自分自身の浄化”の眼目は、肉体を取り巻く「エーテル体」の感情層に張り付いている(過去生および今生で持ち込んだ)ネガティブなエネルギーを浄化することで、恐怖感やトラウマ、悲嘆や苦悩なを意識的に手放していくという作業を積み重ねること。
 アセンション成就には、14万4千人の神人と5,500万人の真理に目覚た人が必用だそうです。この人類によって地球界の進化に必用なエネルギーの臨界点に達し、地球が無事次元上昇をなし、新しい調和した平和な世界が訪れると言われています。

 今、出来るだけ多くの人類が真理に目覚め、アセンションを無事乗り越えられるようにと、宇宙の進化した惑星に住む人類から、惜しみない応援が注がれています。特に地球の兄弟星である金星の聖者方からは強力なパワーが注がれているようです。
 また、霊界・神界の聖者・賢者や守護の諸神霊や、ヒマラヤ等に住む聖者達等々、他次元の高級神霊からも、光の応援がなされています。
 更に、我々の遠い祖先であった“ムー”の時代の祖先も地球の地下において、光を送り続け、見守っているとのことです。
 このように、地球人類が精神的に銀河系宇宙の一員の仲間に入れるかどうかの大イベントが無事成就出来るように、各次元に住む人類や神霊方から応援されています。主人公である我々一人一人が新しい時代を迎えることが出来るよう、意識を高めていかない限り、いくら応援があっても成就できません。あくまでも地上の現物質の地球世界を平和にするのは、肉体を持った我々です。他次元の存在者達は、あくまで脇役です。
 意識を高め精進し、“理想郷”の住民になるのも、物質的欲望を満たす為に現状のままの意識のまま次の地球に転生するのもすべては個人の自由です。宇宙の法則として、人間の意志の自由が厳守されているからです。
 我々は大飛躍が得られる千歳一隅のチャンスを、何千年も前から心待ちしていました。今日生まれてきた我々としては、魂の奥底にある本心からの永年の望みである理想的社会の創造と、心の底からの幸福感・安心立命・生き甲斐感等の本来の人間の姿を取り戻し、更に神々しいまでに進化した宇宙の人類方と交流するという目的を成就し、心からの喜びを分かち合いたいものです。 是非ともアセンションを無事乗り越えていきましょう。

 それでは地球の地下にあるという“シャンバラ”とはどんな世界なのでしょうか。世界中のチャネリングの成果などの情報をまとめてみました。少しでも新時代を迎える上で役立つことが出来ましたら幸いです。

1.地下シャンバラとは
  ⇒ (Shambhala)--- 理想世界、幸福などを意味。チベット語で「幸せの源」。永遠の世界。
 @ ヒマラヤ近辺奥地・ゴビ砂漠遠方・中央アジア・カリフォルニア等の地下に存在するという地下の楽園都市。
 A 地底王国;シャンバラ・シャングリラ・アガルタ(同一で地域による呼び方の相違)。黄金都市「ヒラニプラ」がある。
 B 1000万の街を有する12国、9億6000万人を有する96小王国から成り立っている。死者が蘇り、不死の薬も存在するという。
 C シャンバラは三次元の実在ではなく、概念上の存在でもなく、四次元に近い存在。
 D 太古より地球の地下空洞にある都市で、霊的に進化した超人が住む。
 E アストラル体(肉体を持たないエネルギー体としての存在で、人間の最高に進化した状態だと言われる)で住んでいる。
 F 代表的シャンバラの入口は、ブータンからヒマラヤを超えた場所にあるツァンポ大峡谷(高低差約5,400m)。
 G 秘境中の秘境地域であり、中国政府によって立入厳制限。生身の人間が行ける所ではないので見つける事は現実には不可能。
 H 北極・南極の入口は、周りに磁力場が設けられとおり、カモフラージュされ、上空や陸上から肉眼で見ることは出来ない。
 I 地下の通路で全世界へと通じている。クスコ市街からサクサワン要塞へと通じる地下回廊が延びている。
 J ブラジルからアフリカのサハラ砂漠を通り、エジプトのスフィンクスの足許を抜けて中近東からインド・チベットへと至るアガルタの地下回廊がある。
 K 中南米の地下には無数のトンネルが網目のように走っている。
 L アルジェリアのタッシリ高原からチュニジアにある月の谷メデニンを通り、カッパドキア及びイランのゴルカル平原を抜けてチベット第二の都市シガツェへと至り、イ−スタ−島を経てクスコ、更にはブラジルのマラジョにある地下都市へとつながる地下回廊がある。
 M 地上と霊界を同時に支配統治してきたシャンバラ世界の中枢は、霊界のシャンバラ世界と共に、3次元の物理空間から構成されてる。
 N 北極・南極の入口以外にも、数ヶ所、シャンバラ世界への通路が存在している。
 O世界に7ケ所、シャンバラの世界への入口がある。本部はヒマラヤ。他に、ギザのピラミッド、ロンドン郊外のストーンヘンジ、カリフォルニアのシャスタ山、ケンタッキーのマンモス・ケープ、イタリア・エポメオ山、ブラジル・イグアスの滝、等々にある。
 P シャンバラ世界における地球トライアングルは、龍体列島日本を頂点とするヒマラヤと南米アンデスであるといわれ、日本がシャンバラ世界の中枢となっている。
 Q 理想郷シャンバラについて、最も体系的に書かれているのは、11世紀に成立したチベット密教の経典『カーラチャクラ・タントラ』(時輪タントラ)。
 R 大きな七つの山々に囲まれ、その中央に蓮の花を広げたように存在する。蓮の花弁は8枚あるが、それぞれに12の属国があり、領主が存在する。さらに属国には100ずつの領域があり、個々に10万の町があるという。

U-1.《 地底人からのメッセージ 》
  * 主に「ダイアン・ロビンス著、ケイ・ミズモリ訳、“超シャンバラ”、“空洞地球”」の紹介です。

  地底王国に住む聖者方との通信は、いわば光の言葉、宇宙語によってなされています。

1.《地球》
・地球も他の惑星と同様に内部に空洞があり、中心にセントラルサンがある。
 〜 三次元的にはマグマ、4次元的に天地が創造されている。インナー・セントラルサン:中心的太陽、つまり霊太陽。
地球の重力発生は中心ではなく、地下約640Km。
 〜 ニュートン力学に反していますが、中空であれば説明がつきます。
・惑星の地殻は重力と遠心力によって作られている。
・極は開いた状態で、空洞内部へつながっている。
・たまに観測される北極光と南極光は、インナー・セントラルサンから発せられた光りが、極の開口部を通り、大気に反射されたもの。
 〜 宇宙飛行士によっても確認されている。
・地球は偉大な反射体で、地上の全生命体の想念と環状を反映している。
 〜 人類の想念波動動によって、地上の自然現象が変わってくる。
・地上は、地球環境の破壊と自分たちの想念の汚染によって、急激な気温の変化や旱魃、強風などに悩まされている。
 〜 浄化作用。
・地上の酸素は非常に低いレベルに達してる。あなた方の体に病原菌が侵入する道を開かせるほどだ。
 〜 酸素分子を構成しているより根源的な宇宙子レベルでは、低エネルギーになっている。
・あなた方の体や地球から、多くのネガティブな想念が放たれており、竜巻や地震など、気まぐれなコンディションを生み出し、それらが劇的に大気のアンバランスを引き起こしている。
 〜 想念の法則。
物質に変化をもたらすのは想念、想念は光・エネルギー、エネルギーが凝固すると物質になる。
・あなた方がネガティブな想念を発すると、陰気なエネルギーが集まり、自分のところに戻ってくる。〜 波動の法則による。
・陰気エネルギー全てが、周囲のエーテルを揺り動かし、閉じ込められた陰気な想念が開放の手段を求めて、気候に不安定な流動性を生み出している。火山や地震は、閉じ込められてきた陰気なエネルギーが解放される一手段で、過去数千年間地球に蓄積されてきたもの。
 〜 自然浄化作用、地球波動動修正作用。
・地球は、過去世の体験にアクセスすることに関しては、まだ闇に包まれている、数少ない惑星の一つ。
 〜 地球人類は、太陽系12惑星で最後に進化。
・現在の地上人類は、地球の資源を利用しようとした、放浪宇宙人が、一部創造した子孫で、地底人類と同様な霊的な潜在能力を持っている。
・現在の地上世界は、アトランチス文明の末期に起きた事と同じことが起きている。
 〜 何もしなければ、再び文明は崩壊してしまう。目覚めた人達によって新時代が到来する。
・地球は豊富な資源があり、それを求めて闇の勢力が地球を支配しようと最後の戦いを起こそうとしていますが、最後の抵抗となり、彼らの時代は終焉する。
・最近まで地球は、地球人類をコントロールしようとした人々によって隔離され、宇宙空間から消されましたが、現在は解除され、地球は次第に光輝いてきた。
・現在、地球の領域は惑星連邦によって、地球のような資源に恵まれた惑星を略奪しようとしているETの進入が阻止され安全に守られている。
惑星統合連合は、地球に干渉しようとしている(他宇宙の)外部の侵略行為からあなた達を守っている。
・惑星統合連合の司令部として、週末戦争が地球と人類を自由に発展させる為、最後の苦難を与えようとしていることが分る。
・間もなくあなた方は銀河において、太陽系の偉大な光りと兄弟愛がある、新しいポジションにいるようになるでしょう。
・あなた方の惑星で起こっている変化は、アウタースペースへの旅から離れて、インナースペースへの旅へと向う、外意識から内部意識への変化です。
地球は太古の時代から多くの異なった星系から移住してきた様々な存在者達の生活の場になっている。
・地上は成長と発展の為の試験場であり、実験ステーションです。
・地球は巨大な絶縁体で、保護シールドされている。インナーアースは地上の混沌からは隔離されている。
・あなた方の発展は愛を通じて行われるものものですが、あなた方はまだあまり理解されていません。
・あなた方のテクノロジーは誤用。本来生活環境を発展させ、全ての人々の為に豊かさを作り出す為のものが、環境破壊等甚大なカルマを生じている。
あなた方が地球に対して行うことは、全て自分自身に帰ってくる。
・地上での汚染が悪化すれば、あなたの体中の汚染も悪化する。
・地上人類の権力者等は、病気を金のなる木として利用してきた。
・予防接種や解毒剤等、現在の医療は弊害が多い。新生児の健康をゆがめるだけ。新生児は自己のDNAによってすでに守られている。
・浄化作用によって、今後も過去の秘密が暴かれる。光りが闇を照らし出す。隠蔽はただの闇、メディアによって公表され清算される。
・あなた方は“自分の人生を歩む”ことに益々真剣に取り組むようになる。
・大変革が間もなくやってきます。
・神からの愛が、私たち一人ひとりに流れ込むハートセンターを通して物事を見ることがポイント。
・地球自身は、「神の永遠なる光」をきらびやかに放射する多面カットのダイヤモンド。
・その輝きはあなた方の魂、地球、いたるところに存在する全生命の中にある。
・あなた方の視野を内面に向けて、神とのつながりを感じれば、あなた方の内なる世界が光り出し、ダイヤモンドと共鳴する。
・すべてはあなた方の中にある。光りの世界はあなたの魂の中にある。
・地上と地底の二つの文明の融合は地球における「聖なる計画」の成就を示すことになる。
・私達は惑星全体を包み貫く一つの光り輝くダイヤモンンドに融合できる。
・地球内部の環境は、地上のあなた方の為に「エデンの園」として準備されている。
・地上の空間は全生物が平等に共有するように定められている。
・他の全ての生物は、人類の生活を助けるための贈り物としてあなた方に与えられていると言う事実を認識し、感謝を奉げることが大切。
・地球は全生命に対して発展を続けさせる為のホームを与えている。
全生命とのつながりを悟れば,あなた方は自然に精霊の根源である神と再び繋がり、あなた方の魂を発展させ、アセンションへと向わせる。
・全人類が他のすべての生命とのつながりに気づく時、自分達が神と繋がっていることを悟り、ホームへの旅が始まる。
・将来、アセンション後の地球は銀河の主要なハブとなり、宇宙の存在者達の「生きた図書館」になる。
・地球は、意識において上昇していくに従い、偉大な恒星への道を進む。
・地球と波長を合わせた魂を連れて行き、他の魂は他の惑星へと連れて行き、より周波数の高い領域へと移る機会をまた持ち、自分達の発展を続けていく。

2.《地底王国(アガルタ)の歴史》

650万年前に金星からサナート・クメラが飛来、シャンバラの王として地球を守護する。
・6万年前、理想の地底王国シャンバラを築く。約2万5千年前のレムリアの壊滅から現在まで地上世界を監視・活動中。
・アトランチス文明の末期、アトランチス帝国によってレムリアが破壊される約1万5千年前、“スピリチュアル・ハイラーキー”(霊的聖師団)からの忠告を受け、レムリアから2万5千人が地下(現在の地底王国の代表的都市、カリフォルニアのシャスタ山の地底都市“テロス”)へ移住。
・地上に残ったアトランチス文明は核戦争や天変地変によって壊滅、一部各地へ避難した人のみが生き残り、一部の高度文明を伝承した。
・その他の生き延びた住民は、毎度のことながら原始的生活からの再出発。
・以後、空洞地球の内部表面で生活する。現在120以上の高度に進化した光の地底都市で生活している。合計約2,500万人。
・地球の奥低へと入って行くことで、進歩することが運命付けられていた。
・以後、今日までレムリアの文化を発展させ、高度に進化を続けている。

【 地底で生活することを選択した理由 】
・あらゆる戦争や天変地変のない安全な避難所であることを知り、そこで文明を伝承していくことを望んだ。
・戦争やバイオレンスの無益さを学んできた為。
・過去の宇宙規模の大戦争の結末を見れば、地価での生活を選択したことは大正解であったことが理解できるでしょう。
・アトランティスとレムリア大陸の沈没、サハラ・ゴビ・その他の広大な砂漠はいずれも宇宙規模の核戦争の結末でした。
・秘密は自己の保護の為。
・神霊によってベールで覆われている。

3.《地底王国(アガルタ)の世界》
・地球の内部世界は、地表の地盤と正反対で、鏡像のようになっている。
・保護バリアがある。
・地殻は地表から空洞地球の地表面まで約800マイル(約1,300km)の厚みがある。
・重力の中心は、地表から約400マイル(650km)下の地殻の中間部。
・地球の内部では、あらゆるものが反対の状態になっている。
・山脈は地球のへこみの大きさと正比例。海は大きく地球内部を穏やかに流れる。空気は新鮮。砂は白い。
・空洞地球は約4分の3が陸地で、残りが海。
・空洞地球は周囲全体に保護シールドされ、光りを持たない存在からは全く入り込めない。
・ネガティブな存在や想念からコンタクトされることなない。
・セントラルサンは、外の太陽ほど明るくなく、天国からの光を映じている。
・インナーサンは心地よいフルスペクトルの太陽の光りを発しているため、夜はなく、一日は長く、内部表面は人間の生活と植物の成長に適している。
・空洞地球には現在、レムリア人の他、太陽系の他の惑星や、はるか彼方の銀河からやって来た人類や、数百万人のカタリア人や、地上出身者が数万人いる。過去200年間では約50人、最近20年間では8人が地上から移住。
・小シャンバラがあり、国連のような存在で、アガルタ・ネットワークを形成する100を超える地底都市がある。
・主要都市
 @ POSID ブラジルのマット・グロッソ平野の下に位置する、アトランティスの第一の前哨基地。人口約130万人。
 A SHONSHE 5万年前に創ったレムリア人達の支部。ウイグル文化の避難所。入口はヒマラヤのラマ教の修道院によってガードされている。人口約75万人。
 B RAMA インドのラーマの名残。古代ヒンズー教の特徴を持っている。人口約100万人。
 C SHINGWA ウイグルの北部移住者達の遺跡。中国とモンゴルの国境に位置する。人口約75万人。
 D TELOS  カリフォルニアのシャスタ山内部に位置する、レムリアの第一の前哨基地。テロスとは「精神とのコミュニュケーション」を意味する。人口約150万人。
・地球を監視し、いかなる種族やET達から干渉を受けずに独自の発展を続けている。

・テロス(地底王国の代表的都市、カリフォルニアのシャスタ山の地底)での気象パターンは、年中22〜25度程度で穏やかな天候。
・テロスの大気は、常に神と地球に調和した想念の光によって守られている。
・空洞地球の指導的都市は、シャンバラと呼ばれている。
・自分たちの周囲の防御層に温暖な調和した天候をイメージ・想念を水晶の働きを活用・投影調整して、気候を完全な状態にしている。
・太陽からの放射線や厳しい気候条件による破壊を遮断し、地底に理想的な気候を作り出した。
・都市はすべて、花や巨大な木々で溢れ、青々とした森林地帯にある。
・すべての人工構造物の周りには植物配置。常に開花して、輝いている、驚嘆と美の世界。
・各地底都市はアガルタ・ネットワークと呼ばれるもので統合されている。
・地球内部に広がる道を進むために水晶による推進力を利用している。
・水晶が自分達に方向性を与え、誘導し、必要とするものすべてに調和をもたらしている。
・地殻内には120以上もの地底都市が存在している。合計約2,500万人。
・代表的都市“テロス”は人口約150万人。政府は男女6名づつの12名で構成された評議会で運営。他に調停人。
・調停人を任命するのは、メルキゼデク寺院で、全宇宙を通して、メルキゼデクと呼ばれる摂理がある。
・太古の時代、他の銀河系で生じたスター・ウォーズ的な宇宙戦争によって放浪後に地球を発見、地下の空洞内部での生活を始めた人類もいる。
・太陽系内外の多くの惑星人も、地底王国の住人として地底の各都市(約120)で活動している。
・地底都市すべては「アガルタ・ネットワーク」によって統括されている。
・地底都市テロスの風景は天上界の姿に非常によく似ている。同じ3次元世界(波動的には4次元)に位置しながら、創造された空間の展開は霊界の天国と同じということは、それだけ、精神レベルが高度に進化していることの証。
・地底王国の出入口である極地域は、覆い被さる雲によってカモフラージュし、開口部の周りに磁力場を設け更にカモフラージュしている。
・入口を発見しようといくら試みても、厳重なバリアがあり、現段階では無駄。時期が来れば教えられる。
・1930年代、当時の企業によって、「テスラ」が電力は無尽蔵に存在するという発見した技術を悪用して、インナーアースへ入り込もうとしたのでトンネルの入口を封鎖。
・2000年、両極の穴に存在する空洞地球へのメイン・ポータルを封鎖。
・空洞地球の存在者達は、霊的にも、科学的にも極めて進んでいる。
空洞地球の自然は原始の状態のままに維持されている。
・空洞地球の内部には多数の空洞があり、地上の全人類が暮らせることが可能。

・あなたがたが平和な生活状態を獲得すれば私達は姿を現し、あなた方を惑星連邦へ歓迎します。
 
4.《地底王国人の使命・任務》
・地表面に達するアセンションの波<宇宙のクリエイティブフォース(創造力):全生命を高次の意識へ導く、エネルギーの大きな波が間近に迫っているという吉報を地上人類に知らせること。
・自分たちの仲間である
同胞たちを目覚めさせ、彼らを光へと導く情報をもたらすこと。
・あなた方の波動をより高いオクターブへと劇的に移し、<統合意識>へともたらし、私たちはあなた方と合流すること。
・コンピューターのスクリーン上で地球全体、個人を監視。重要なメッセージを知らせる。
 ⇒あなた方は皆、インナーアースの存在たちと同じ霊的な潜在能力を持っている。
・地上の精神的向上を願い、進化したいと思う人を霊的に援助している。
・使命は、「
地上と地下の地球文明を再統合すること。地球と地上の人類をアセンションに導くこと。
・地球の地上と地下の全文明を一つの統合された社会にまとめる為に、緊密に取り組んでいる。
・あなた方が覚醒状態に到達するのを助け、励ます為にも、あなた方と一緒にいることになる。
・地球の全てが一緒に爆発的に光りのアセンションを迎え、地球の運命がすべて永遠に開放されるまで、地上人類を高い意識状態へと前進することを促している。
・90%準備は完了。あとは地上の人類の一定数以上の人が目覚め、臨界点に達するかで時期が決まる。
母星を監視する任務がある。外宇宙へ出張し、地球を観察する。情報をコンピュータに登録し、地球オペレーションを指揮する艦隊に送られる。
・私達は、
常に地球全体と天の川銀河全体を監視している。
・惑星連邦を地球のトラブルスポットへつなげる仕事がある。
・地底と地上人類が出会った後は、地上人類が宇宙旅行が出来るよう、訓練と助言を与える。
・地底人は地上を念入りに観察し、地球に異常があれば、連邦に報告する。
・スピリチュアルハイラーキー(霊的聖師団)は地底都市の(地上への)出現を優先プロジェクトにしており、融合が成功するのは2,013年迄であると予測されている。

5.《地底王国人の生活 
【文化】
・文化高度な文明を築き上げ、平和な社会を営んでいる。いわば“理想郷”を樹立している。
・中心は、高度に進化した魂の持ち主。
・お互いの光りを見ることが出来る。
・長年の瞑想や祈りによって自己の内なるヴィジョンを発展させた。
・長寿命により、地球でのレッスンをより徹底的、効率的に学ぶことができ、霊的進化をより早く進むことが出来る。
・宇宙の法則と完全に合わせて、仕事に精を出している。
・言語は各都市ごとに方言は異なるが、ソーラー・ランゲージを意味する「ソーラー・マル」が共通語。
【平和】
・みな長寿命で、数百年から3万年。博学な魂となり、“神の聖なる倫理コード”を持ち、平和が保たれている。
・外宇宙のETからの干渉を遮断し、独自に進化してきた。
・インナーアースを安全に保ち、絶えず注意を怠らず、個人を気にかけている。
・全生命には進化を進める平和が必要で、種族の存続に欠かせない要素。
・地底王国は、まさに“エデンの園”。

【組織】
・地底都市テロスは12人の次元上昇した覚者で構成される評議会によって、統治されている。
・評議会は、「完成」を意味する神秘的な数字「12」に基づいて機能し、住人たちの必要性に応じて定期的に評議会を開く。
・緊急事態に対応するために特別な会合が持たれることもある。
・皆、交替で自分たちの政府に積極的に参加する。この体験により、皆、指導者精神の手腕を高めることができる。
【身体・寿命】
・テロスの住民の外見的な特徴は、肌がやや金色、ややアーモンド形の目、色は様々で澄み切った光りで輝き、髪の毛は明るい色、身長は男女共約2m(4m位の人もいる。)。
  地上に現れる際は、自分達の体の分子を変化させて、地上人の身長に合わせることができる。
・皮膚は赤子のように柔らかい。
・体型は完璧なプロポーションで、体の全細胞から光りが溢れ出ている。
・寿命は、地上のあなた方の時間で数百年以上あり(数十万年の人もいる)、人生においてより多くのことを達成することができる。
・皆霊性が高い。
・より長い寿命を選ぶことによって、より急速に進化することができる。
・インナーアースでは時間は存在しない。あなた方は年月を「年をとる」ものとして数えなければ年をとることはなかった。
・年月を「加齢」ではなく、太陽の周りを旅することとして数えていれば年をとらない。全てはあなた方の信念と言葉と思考がそうさせる。
・空洞地球では、私たちは体を含め、全てのものが創造された時と同じくらい新しく、聖なる完成状態で存在している。
・不死で時間を超越している。
・長時間の睡眠を必要としない。常に活力をみなぎらせている。
【能力】
・常に水晶と共鳴して、水晶の周波数に整合させている。そのために、地球内部で多次元性を発揮することができる。
・宇宙で起こっている事の全てを知っている。
・完璧な視力で数マイルを見渡すことが出来る。
【情報】
・インターネットに似たコンピューター網を通じて、銀河の全ての星系と繋がっている。
・私たちの銀河内の全太陽系と繋がった
星系ネットワークがある。
「アミノ酸コンピューター」アミノ酸コンピュータで、アカシックレコードに通じており、全生涯にわたる全ての関連情報が登録されたコンピューターを利用して、それらを読み出し可能なデータに変換している。
・ 過去を思い出すための“アミノ酸コンピューターシステム”を利用して、自己の過去世を振り返ることができる。
・「アミノ酸コンピューター」で、すばらしい進展の全貌を見ている。地上全世界の監視、情報のグラフ化、解析技術を持っている。
・コンピューターシステムによって地上の全てをスクりーンに表示でき、監視している。
・惑星連邦のコンピューターシステムによっても監視されている。
・アミノ酸をベースとしたコンピューターシステムに完全に依存している。
“アストラル・プロジェクション”:四次元投影。現在・過去・未来、どんな場所のどんな出来事も、目の前に見ているかのように五感で体験させる技術が確立、教育の場等で利用している。
・テレパシーは極めて自然に出来、送信に遅延はない、奇跡的なコミュニケーションで、あなた方が私達と調和し自己を高めれば、体得できる。
・私たちの銀河は、星間コミュニケーション網を通じて相互連結された巨大なシステムとして機能している。
【移動手段】
・惑星内部には「チューブ」と呼ばれるトンネル網が張りめぐされ、主要な各都市や州を連絡。
・各地へ、電磁力と水晶のエネルギーを利用して、電磁波と空気をクッションとして、数分〜1時間程度で移動している。
・移動速度は3,000マイル(4,800k/h)可能。
・地下から地上へは、数箇所の出入り口が利用され、“シルバー・フリート”(銀艦隊)と呼ばれる飛行船(円柱型・円盤型・球形)が利用される。
・電磁力列車や、宇宙船基地に格納されている
宇宙船を利用して自由に移動。
【宇宙基地】
・空洞地球内に宇宙基地がある。
・北極と南極の開口部で結ばれた地球内部にある。
・時代の動向に制約されずに宇宙を自由に旅することができる。
・エネルギーの宇宙の法則を利用して、宇宙に張り巡らされているハイウエイを利用している。
・宇宙に存在する全てとアクセス出来、コミニュケーションをとっている。生のネットワークに入力するだけでよい。
・宇宙船は愛の波動と無音の動きで完全な調和状態にある。
・宇宙船の各構成部分がアミノサンコンピュータで監視され、無事故を維持している。
【エネルギー】
・地球内部の道を移動するのに、
電磁力エネルギーと水晶エネルギーを利用。
・大気圏内での宇宙船の動力源は水晶主体。惑星間の飛行にはイオン化銀を利用。
・インナーアースの海からもたらされるエネルギーは無尽蔵で、大気汚染や廃棄物、破壊を生み出さない。
・インナーアースの海からもたらされる、エネルギーを利用して、機械を動かし、地底の環境を作り出している。
・フリーエネルギーを利用し、都市を照らしている。
・水晶を利用して、電磁波と結びつけ、50万年もつフルスペクトルの光りで小さな太陽を生み出し、パワーを得ている。
・私たち自身の細胞が必用なすべての光を備えているため、人工的な光りを必要としない。
・私たち自身が、皆エネルギー発生器であり、自分達の家や職場で必要とする光や熱はすべて供給できる。
【食生活】
・水を通して栄養素を直接自分たちの食物連鎖に入れている。
・テロスでは食糧生産が優先。
・皆、食料を育て生産することを訓練されている。
・生命力を含んだ食糧だけをとる、非常に多様化した食事を行っている。野菜・穀物・フルーツ・ナッツなどだけを食べる。
・地元で輪作と水耕法で栽培した産物を利用している。
・1万2千年間菜食を続けている。肉食は全て禁止されている。
・消化の良い生の食べ物は、波動を高める。消化吸収されたものの中のライトクオシェント(光商)に応じて、波動影響される。
・優れた技術を利用して、各種の産物を作る。
・自分達で食べる食料は、自分達で栽培生産している。
・光り輝いた穀物畑で生産された食料は、生命力で躍動しており、摂取すると各細胞に行渡り完璧な健康と長寿をもたらす。
・自分達の地域以外からの食べ物は、自分達の体の細胞に共鳴せず混乱を与える。
・食糧消費のための生産過程で利用する全てのものは再利用される。
・食事に要求される全てのことを把握したマスターコンピューターを通して行われる。
・食べ物によって、自分達の電子の回転をコントロールしている。
・飲料水は完全な状態を保ったまま飲んでいる。あなた方の場合は、水道管を移動する時、水の電子が回転を止め生命力が失われている。 
・意識を備えた結晶化された水を飲んでいる。
・不死と若さを保つ為に、食事とマインドが利用されている。
プラーナが宇宙の本質。プラーナは食料からの依存を開放し、その生命力であなたを満たすことが出来る。
【健康】
・毎日運動して肉体的健康を維持している。
・生命活動のバランスが重要であり、創造性を重視している。
・野外活動も盛んで、若者の才能を伸ばすための訓練なども盛ん。
・慈悲と尊厳を伴った加齢が進み、益々肉体的な能力や機敏さが維持される。年齢は限界を与えない魔法の体を体得。
・あらゆる病気を癒し、切断された手足や器官を元に戻したりする能力がある。失った手足や体の部分を元通りにするために、私たちは主にエーテル体と関わっている。
・ひとたび<創造の宇宙の法則>を理解してしまえば、たとえ事故で手足を失っても、エーテル体の青写真に残っているので再び元の健全な肉体に戻すことが出来る。
・あなた方も環境汚染が解決されれば、病気はなくなってくる。
・空洞地球には病気は存在しない。
私達の細胞は、母なる地球が持つ自然なリズムと波長を合わせて調和しており健康そのもの。
・すべてを有機栽培で育て、地球と自分達の生活の関係性を認識し、畏敬をもって活動している。
【自然環境】
・常時周囲の環境を監視しており、公害や汚染は存在しない。
・廃棄物を非物質化させたり、元の状態に戻すことが出来る。
・外の海を浄化して、外の大気汚染をクリーンにするテクノロジーを持っており、空気はいつも完璧に澄んでいる。
・木を伐採することは生命体を殺すことに等しいため伐採しない。麻を栽培。「有機ガーデニング」を実践している。
・私達は全ての木々、植物、花々と完全にコミニケーションをとっており、それらと空気を介して漂うコーラスを聴くことが出来る。
・木々は地上のクルー。地上の全ての生命とコミニュケーションをとり、地上を見張っており、異なる周波数でやってくる情報にも関与している。
・インナーアースでは人間をはじめ全ての動物は、草食で、調和して生きている。
・インナーアースの海には生命の全てが含まれており、全ての海洋生物にとって聖域。
・クジラ目の動物達と直接コミニュケーションをとって、平和の下で協力している。

・利用する全てのものは何度も繰り返しリサイクルされるので、「ゴミ処理場」はない。
・常に愛の状態にあり、バランスと成長を感じていれば、気候はこの状態を反映して、穏やかになり、安らぎを与えてくれる。
天変地変を鎮める唯一の方法は、万物の創造主である神にフォーカスし、不死の知識の下で、堅い意識を持つこと。
・あなた方は大宇宙の反映であり、大宇宙はあなた方の反映である。
・空洞地球内部の気候は真の気象コントロール・システムによって、快適な状態に保たれている。
・私達は、地上の気象異変を観測しており、いつ地震やハリケーンなどの大変動が起きようとしているかを見定め、異変を生み出している闇の領域やネガテブな思考状態が何処から来ているか、見定めることが出来る。
・それらを非物質化するために、闇領域に愛の光りを集中させ、被害を軽減するという貢献を果たしている。
・あなた方一人一人が自己の人生にバランスをもたらせば、地球は手がかりを得て、地表の全生命に伝わり、やがて調和した世界が出現する。
・自分の思考と感情がどのように他に影響しているかを実際に見ることが出来ればあなたは驚くでしょう。
自分の思考と感情想念は、生命の法則で、自己の現実を創造し、地上の他の世界全てを含めて、他人にも影響を与えている。 
・あなたの力を建設的に利用して地上での平和に貢献してください。
【住居】
・自分たちの自宅やビルを地球の「磁気の網」に完璧に合わせる特別な装置を持っているので基盤が安定化し安全。
・たとえポールシフトが起きても安全な構造。
・家は丸型で、水晶的な光を発する石で出来ており、内部からは外が見え、外部からは内部が見えない物質で出来ている。
・周囲の田園風景に溶け込んでいる。
・私達の建物等は野外の環境と調和し、聖なる完成状態で互いに影響を及ぼしあっている。
・建物の形状は丸く作られている。円にはコーナーがないため、エネルギーがその形状に沿ってほこりの粒子を運び去り堆積しない。
・誇りの粒子がが部屋の中に入ってくると、エネルギーの流れによってほこりは排出される。
【生活】
・バランスのとれた豊かな快適な生活を過ごしている。
・創造性に満ちた生活をしており、自分達が生み出したものに喜びを感じている。
・服装はカジアルで、終日快適な服を着ている。
・服装に決まったルールはない。麻や植物性素材で作られた明るい柔らかいなまじの服をゆったりまとっている。
・仕事は心から楽しみ、奉仕し、各自その日に成し遂げたいことを理解し、遂行。半日で済む。
・残りの時間は、自分達の才能を伸ばすことや、体操、ダンス、歌、等に励んでいる。
・土の小道をしばしば裸足で歩きマッサージしている。
・海岸を散歩したり、海で泳いだりして、水からの生きた意識を取り入れる。
・水は私たちに話しかける。泳いでいる時は、完全に水の意識と融合する。
・砂浜散歩は最高の足裏マッサージ。
・お互いに教えあい、学びあっている。
・協力と共有によって繁栄してきた。
繁栄のポイントは「所有ではなく、共用」「与えること。」「奉仕の精神」。
・協力と共有によって、互いの才能と能力から恩恵が受けられる。
・文明の豊かさを飛躍させる。
・人類は本来、地球の屋上(地表)ではなく、地球の内部(部屋の中)で暮らすように意図されれている。
【経済】
・貨幣経済はない。 税金制度はない。
・全てのものは無料、誰でも利用できる。
・いわば自由な物々交換制度。(等価値制度)
【産業・技術】
・地底を掘る掘削機は、岩石を高温溶解する方法でトンネルを掘り進む。
・食料はロボットで管理された庭園でフルスペクトルの光りの下に、水耕栽培する。
・私達のテクノロジーは、文明の発展と生活環境の充実を最重要目的にしている。
【生命】
・自己の思考を純粋に保ち、創造性と調和を維持したので、平和な王国を維持できた。すべての生命活動も神聖。
・私たちの
成功の鍵は、生命に対する愛と、思考の純潔さにある。
・私たちが意識することのすべてを、私たちは成し遂げる。
・問題解決や、人生や出来事に対する理解を深める際に要求される、情報や知恵を得るために、水晶レコーディング・ルームへ行って、一連の出来事を再生し、何かを学び、それを自分の人生に応用している。
・自分達のライフスタイルに合わせ、スケジュールを調整し、自分達の夢を実現する。
・プラーナが宇宙の本質。プラーナにつながると死を超え永遠に若くいられる。
【仕事】
・全てコンピューター化されている。
・長時間の運動や仕事でも一切疲労感はない。運動や仕事は喜びと寛ぎで、日々の終わりには満足感が得られる。
・必要とする全てのことが、半分の労働時間で可能。
・皆健康的で、自分達の環境を大切にしながら、喜びとスキルをもって日々のプロジェクトを実行している。
・事(1日4時間)の後の時間は、自分達の趣味や創造的な活動を楽しむ時間にしている。

【コミュニケーション】
・人間関係の基盤を強化している。充分な休息、趣味や人々との交流に時間を使っている。
・私たちには利用するもの全てを所有する必要はない。
・住民は、家族間で日用品を共有している。大きく拡張された一つの家族。
・私たちは皆、<神の子>としてお互いを理解している。
・みな神へと近づくように絶えず進化してきた。
・全人類が皆、同じ根源からきていて、皆同胞であることを悟る時、セキュリティー装置の必要性はなくなる。
・私たちが応じるべき相手は創造主。それを邪魔する”仲介者”は誰もいない。
【地上世界への援助】
・地球の大変化に地上の人類がパニックを起こさないように、援助する。
・汚染されてない空洞地球の純粋な水をパイプラインで地上へ送水する準備が整いつつある。
・地底都市の新鮮な食料の輸送準備が完了しており、実施の連絡を待っているだけ。
・地上でのコンタクトを期待している。
・地上へ行く場合、トンネルは地殻のマントルを直接貫通。

6.《ポーソロゴス図書館
・エーゲ海の真下、空洞地球に『ポーソロゴス図書館』という場所が存在する。
・地球のすべての歴史が保存されている。
地球だけでなく、宇宙の記録をも保存している。
・そこにおいて、すべての惑星と太陽系の歴史を学ぶことができ、生命に関するすべてのことを知ることができる。
・この図書館は、私たちの広大な惑星系においてその種類では随一。
・過去・現在・(未来)のすべての記録をテロニウム板に書き写し、作成している。
・テロニウムは永久に残る古代の普遍の金属(ヒヒイロカネ?)で、記録保存に完璧な金属。
・やがて、宇宙の学びを必用としている人々が、この図書館に来て、宇宙のすべての記録の中の必用な情報を閲覧して、あらゆる出来事のマイナス面を回避し、プラス面を保証させる知恵を学ぶでしょう。
・社会や惑星の発展の為のガイダンスを与え、平和と繁栄を成就する手助けをする。
・ポーソロゴス図書館は次元間ポータル。多次元。中に入ると自分の周囲に銀河が浮び、宇宙全体を取り囲む天界を垣間見ることができる。
・ここで自分が、本当に“神”の一部であることを感じることができる。
・ここは自分がじかに見たいと想念すれば、意図する何処の場所へでもあなたを連れて行ける次元間ポータル。
・この図書館はすべて水晶と宝石から出来ており、地球、銀河、宇宙のリズムと鼓動を伝えながらすべてが調和している。
・この図書館は銀河を巡る旅人達にとって、多次元のポータルであり、中継地点である。
・「生命と学び」は永遠に続くので、そのすべてを体験するには無限の時間を要する。
・この図書館の入場券はあなたのDNAの中にある。
・水晶プロジェクターを通して閲覧可能な水晶スライドに保存されたすべての記録を収めた、巨大地下貯蔵室を持っている。
・あなた方から隠されてきたすべての知識が、あらわにされることになっており、私たちは皆、目前に迫ったエキサイティングな時代に加わろうとしている。
・まもなくあなた方は隠された古代の智恵やタブレット、古文書を発見することになり、これにより、あなた方全員が自分たちの神性を思い出し、人生の苦悩から解放されることになる。
あなたがすべての源であり、あなたの中にすべてが保管されていて、あなたという存在、体、宮殿の中の生きた図書館に、どのようにアクセスするのかを学ぶことだけが求められている。
・すべての知識はあなた方の中にあり、あなた方はすべての中にある。
・己を知れば全てを知ることが出来る。
・全知の生きた図書館はあなた方の中にある。
・全ての学びはあなた方の内側で起こるようになる為、学習の為の本は必要なくなる。
・自分自身の意識を高め、より高い周波数に高め上げれば、より素晴らしいことを得、アクセスでき、より自分を知ることが出来る。

・ひとたび自分の波動を必要な周波数まで上げれば、そこにアクセスするのは極めて単純になる。突然すべてのものがあなた方には利用可能となって、すべてのものが神霊である大創造主からの贈り物になる。
・あなた方は、瞑想を行い意識的に神の根源と繋がり、光の家族である地底都市に住む友人に呼びかけることで、過去と未来の知恵と知識を再発見できるようになる。
・天国とは高い周波数領域、あなたがたは高い周波数へのアクセスへ向けて自己を高めている。
・地上人類が目覚め、統合意識に達した時に、ここにアクセス出来るようになる。

7.《水晶》
・水晶は生きた存在、神霊の記憶を持った純粋な存在。
水晶エネルギーは地球・人間を宇宙に振動させる。
・水晶を持って瞑想することは、あなた方のエネルギーが地球と調和する方法。
・水晶で出来た地球の中心部に入る私達と波長を合わせて、水晶を身につけておくことで、私達の波動とマッチさせることが出来る。
・水晶はあなた方の周囲の光と共鳴する保護シールドを発しており、あなた方に認識されるのを待っている。
・水晶はあなた方の振動をステップアップさせ、高意識レベルに上昇させ、五感を超越して本来備えている多元性を体験する。
・水晶は高次の意識にと導く。水晶の光と知恵があなた方に与えられる。
・水晶の周波数にマッチすれば、多元性を発揮出来る。
・水晶は電磁気と結合して、私達が必要としている全てのエネルギーを発生させている。
・水晶・地球・全生命体は一つの意識。
・あなた方は忘れてしまった神霊の世界をイメージし、思い出すことになる。
・水晶は地球での出来事を全て記録している。膨大な量の情報を維持できる水晶の神経ネットワーク内に保管されている。
・全生命は体験学習であるので、何かを学び自分の人生に応用したいと思えば、いつでも水晶プロジェクターを通して自分達の人生や出来事に対する理解を深める為に再生し、学ぶことが出来る。
 ・ 地底都市ではあらゆる分野で水晶が活用されている。
8.《水》

・インナーアースの水は、生きた意識からなっており、あなた方の全ての病気を治す。
・現在の地上の海でも治癒効果の高い領域がある。
・私達の水はすべての否定性、生涯、バクテリアを消滅させる。
・高度な水を飲むことで人々を高次の意識状態に戻すことが出来る。
あなた方の水域で、(次元上昇によって)まもなく全ての水が治癒効果を持ち始め、あらゆる否定性を追い払う。

9.《地上人類》
・地上の人々は同じDNAの青写真から生まれ、異なった外見を生み出してきた。
・体の中には魂が存在し、全人類の全ての魂は聖なる万物の創造主から生まれている。
・あなた方が他人を見出すことは、調和と平和の代わりに分離と戦争を生み出してきた。
他人を見る時は神の目を通して見て、あなたの中心に立っている神だけを見るように! 忠告します。
・現在地上では急速に酸素の欠乏が進行しており、木々や自然が回復為に絶対必要な癒しの原子、生命力を枯渇させている。
・空洞地球では、生命力溢れる酸素が充分あり、見渡す限りの樹木、草花があり、私達に偉大なる力強さとエネルギー・レベル、明晰な思考をもたらしてくれている。

10.《アセンション》
・太陽系に属する地球以外の全ての惑星はすでに次元上昇を完了しており、銀河全体が地球の次元上昇を待ち望んでいる。
・すべてのネガティブな勢力や破壊的な存在は、他の宇宙へと去っていくでしょう。宇宙の進化に関わることは干渉することは赦されないでしょう。
・あなたがたは、無上の幸福のみを感じるようになる。
・地球進化の時期が差し迫っている今、光りは急速に地球を照らし出している為、あなた方の宇宙意識は間もなく「宇宙時間」に到達する。
・地球は「聖なる計画」の成就を示すことになり、過去12,000万年間の障害をなくし、ついにあなた方は自由に“進化の螺旋”を進めるようになる。
・フトンベルトに導かれることは、必要不可欠な再生のプロセス。
・全生命とのつながりの意識をかいふくすること、それがアセンションへの道。
・ひとたび全生命とのつながりを悟れば、自然に精霊の根源である神と再び繋がる。
・全人類に対して愛と希望という神のメッセージを携えて、ここにいる。あなた方が戻ってきたキリストです。
・あなた方は3次元の密度の支配から、永遠に地球を開放する為にここにいるスピリチュアルウォークリーです。
・愛がすべての土台。愛のシャワーでアセンションのプロセスすべてがおこる。
細胞や遺伝子レベルで起きている影響を、自分たちの肉体と感情体で既に感じとり、気付きはじめる。
・あなた方の多くは、頭痛、心痛、動悸、慢性疲労、目まい、吐き気、睡眠パターンの変化、耳鳴り、翳み目等など、これまで体験したことのなかった新しい不快な肉体的症状を体験する。
・自分の感情の状態の変化が生じる。
・あなた方の体は、自ら進化し、浄化している。否定的な感情や、物事に対する思考・認識・想念は表面化してくる。
・あなた方の多くは感情的に混乱しますが、これはただ一時的なこと。いずれ通り過ぎる。
・各自、意識が上昇してくる。
アセンションとは、あなたのハートの中にキリスト意識が再臨すること。
・一人ひとり、たくさんの調整がなされることでしょう。あなた方は不死で際限のない人間の新しい種へと変貌していく。
・変貌したあなた方は、神聖な愛、無限の恵み、美、そして永遠の平和の場である、新しい地球で暮らすことになる。
・地球は、自らの進化を魂からの教訓で学ぶよう、他の宇宙とは時間が切り離されている。
 地上の人々が学び、習得するまで、何度も人生の教訓を繰り返して体験する必要があったから。
・地球の時間は、進化における重要な要素を担っている。
・あなたがたは自己の意識状態によって異なる時間の長さを持っている。時間がゼロの状態になれば啓発され次元上昇した状態になり、時間も空間もなく、ただ全創造の完全性だけが残る。
・次元上昇後はもはや時間は存在しない。いかなる境界、分離、絶縁がなくなる。
・私達は全宇宙とシンクロした「宇宙時間」で過ごしている。
・母なる地球は、あなた方の創造を遥かに超えた繁栄と完全性を明らかにする。
・光りを持った魂だけが歩むことが出来る。
・地球では、3次元と4次元は最終的に消える予定になっている。
・3次元の古いパラダイムの、イリュージョンの中に留まることを選択すれば、自分の体を不滅にできない。地球と似た別の3次元の惑星で再び生を受けることを意味する。そこで、恐怖、暴力、抑圧、戦争、操作、限界、等や、手放したくないすべての否定性を享受し続けることになる。
・あなた方が考え、発言し、行うこと全てにおいて、愛をもって行動できるようになることで、自分自身が神になる。
・自分が何者であるかを知る必要があります。銀河レベルの使命を持っていることを知る必要がある。
アセンションのプロセスにおいて、愛が唯一あなた方の取れる近道で、最大のキー。
・早く神の中に自分の本当の正体を「思い出し」、
あなた方自身が既に神で「ある」ことに自己を意識的に一生懸命当てはめれば、より早く「永遠の自由」を獲得できる。
全生命とのつながりの意識を回復すること、それがアセンションへの道。 ・ あなた方が生み出す否定性のすべてを消滅させるために、あなた方が「愛を抱き」、自分の周囲と内部に十分な愛を生み出せば、あなた方も次元上昇した存在になれる。
・あなた方のテロスの同胞である私たちとあなた方は、みな一つ。
・ひとたび人々の目覚めが臨界点に達すると、あなた方は皆即座に高次の意識へと浮き上がり、過去は夢になる。
・惑星と一緒に次元上昇していくことになる。間もなくあなた方の電子は、5次元の速度まであげられる。
・フォトンベルトの通過には、銀河の中心部とのシンクロニシティー(共時性)が必要。
・あなた方は一緒に来るか、後方に留まるのかのいずれか。この時期、あなた方は中間に留まることは一切選べない。
・現在の地球のサイクルが終焉する2,012年前後には完成する。
2012年頃以降早い時期に目覚めた5,500万人が必要  ⇒ ⇒ アセンションの臨界点。
・地球全体はこの銀河全体をより高い次元へと動かす「ドミノ効果」を起こして次元上昇していくでしょう。
・空洞地球では、私達の愛は、あなたの喉の渇きを癒し、魂を洗う為の光の流れで、最終的にあなた自身がこの光りを発し、アセンションのプロセスの全てが起こります。
・愛が鍵、土台です。あなたが無条件に自分達を愛し、他人を愛せば、あなたの人生は苦もなく自然と発展します。
・地上の天使(ライトワーカー)は人類の発展における神の助手として働き、地球を光りと知恵で掃除して、闇が再び光りへと戻るまで闇のスポットを包む。
・ライトワーカー達は素晴らしいもの全てをもたらす。これは地上の仲間達への天界からの贈り物。
・愛によって私たちはやってきて、愛によって生活し、愛によって次元上昇する。
・すべてのことが地球では加速している。内部領域においては、すべてが光で、すべてが愛。日々ますます多くの人間たちが自己の魂の叫び声に目覚め、平和を選択し、生命を選択し、自分たちの生得権であるすべてのことを選択していることに私たちは驚きをもって見ている。
・地上人類はまもなく太古の知恵・古文書・タブレットを発見し、自分達の天性そ思い出し、人生の苦悩から開放される。
・地球は銀河のショーケースで、すべての生命を神の心へと戻し、一つの偉大なるアセンションの波に再統合される。
・全生命は金色の光に向かって自己の周波数を変えている。あなた方は既に光によってできている。
・私たちの言葉のすべてが地上の人々へと伝われば、その状況は反転可能で、一瞬のうちに美と光へと変えられることを人々は理解できるようになる。
・高次のエネルギーに合わせて、
自分の波動スケールを上昇させれば、あなた方は無害でいられる。
・ひとたびある振動の周波数に到達すると、あなた方の体は3次元の重苦しい災害や病気から影響を受けなくなる。
・あなた方に授けられた肉体的な潜在能力をフルに利用する術を習得できるかどうかは、あなた方次第。
・魂磨きさえ出来ていれば、無事アセンションを通過できる。
・今日、地球はかつてなかったほど多くの人口を抱えていますが、すべての魂がこの”終わりの時”に関わりたいがための現象。
・この終わりの時には、調和と喜び、恐怖と混沌を体験するでしょう。しかし、その選択はあなた次第。
・大半のスターシード(地球のアセンションをサポートする使命をもって、高次元の領域から地球に転生してきた存在)達は、深い眠りへと落ちたため、先に目覚めたあなた方は、彼らを目覚めさせる役目がある。
・今噴出しているニュースや、光と闇の間の摩擦に振り回されないこと。
・最終的にそのような未熟な魂は権力の座から降ろされ、地球から排除され、二度と現れなくなる。
・暗黒勢力・影の政府関係者など、光を受け入れることが出来ない人々は、地球から去っていく。
・太陽フレアーは人類のハートの中に凝縮されたネガティブなものを焼き払う。
・太陽の光りは、あなた方の惑星を浄化してくれる。
・あなた方が、光へ向かって現れ出るディバインセルフ(聖性)をもう一度感じると、すべてに調和がもたらされるようになる。
・この変化は急速なペースで進んでおり、あなた方を皆5次元へ導くクライマックスが起こりつつある。
・あなた方を完全に光りへと導き、惑星連盟へと復帰させる為に、まだあなた方が意識的に気づいていないレベルでたくさんのことが起こっています。
・今日、グレートセントラルサン等から多量の光りが地球へと送られている。
・どのシステムでも、今地球で何が起こっているのかを認識しており、光波を送ることで支援を行っている。
・この光波は、地球の大気へ集中しており、地上の全生命体の各細胞へと送られている。
・3次元の密度は引き上げられ、決して元に戻ってこないように永遠にエーテル内へと散らされる。
・やがて圧制から解放されて、全人類が<統合意識>を通じて繁栄し、自分たちの夢を全て達成することができる。
・今住んでいる3次元の大地と、霊界の入り口であった4次元幽界世界は消滅していく事になる。
・まもなくあなた方は5次元に到達します。
・寒くて日が短い北方では、気象や季節のパターンに変化が見出される。日々が長くなり、季節が一つに統合されていく。
・地球は徐々に振動率を上げており、私たちの空洞中心太陽からあなた方に向けられているエネルギーが速度を上げると、あなた方が再び「宇宙の同期的性質」で脈動するまで、あなた方の振動率も速度も増す。
・ 速度を増したあなた方の振動率は、ひとつの強大な律動となり、
宇宙全体をより大きな「超多次元的意識状態」へと向かわせる。
・地球の周波数が高まるのに合わせて進歩していくことが運命付けられているように、あなた方は生まれ持った才能を開花させて、自分たちの能力を享受するようになる。
・あなた方のレイトクオシェント(光指数)が上昇し、私たちの周波数に到達すると、“一つの偉大なる光り”へと融合される。
  〜 光りに対する魂の復活となる。
・地球にチャンネルを合わせることが大事。
・恐怖心をオーラに入れないこと。
・ポジティブなものだけを発していれば、あなたが受け取るものもポジティブなものだけになるでしょう。
・地上の人類が、地底人を理解し受け入れる状態に意識を向上させた時、地上に姿を現す。
・地底世界の愛と光りは、地上に向けて放たれている。
・現在の地上の人自身の光の分量だけでは、現在まで生存出来なかった。
・地底都市からの光の応援と、スピリチュアルハイラーキー、天使、クジラ目の動物達による応援の成果にり、存続が維持されている。
・ 天空からと地下からの両方からあなた方は守られている。
・一定量以上の光りを発している人々は、母なる地球とともに、アセンションできる。
・テロスの私たちは援助を提供しようと、あなた方に手を差し伸べている。
・毎日、地球に向けて愛の想念を送っている。
・一人でも多くの日本人が、新しい5次元の地球に移行する必要がある。
・地底人が、時期が来て地上で滞在する場合は、フォトンベルトの光に対応する必要なものを持っていく。あなたがたは高度なテクノロジーをみて、驚愕するでしょう。
・あなたがたが自宅に招きたいのなら、瞑想中に私達を呼びかけて下さい。
・やがて、地上人類は、宇宙旅行に参加できるようになる。巨大コンピュータシステムにアクセス出来るようになり、宇宙の巨大監視ネットワークにもづながることが可能になる。
・アセンション成就の様子が宇宙テレビに映り、地球人類の進化のエピソードを見よう宇宙の数百万の文明の人々が待ち構えている。
・その後、宇宙規模のパーティーが開催される。
・アセンションを遂げたあなたは、一つの強力な太陽、地上で必用な電気全てをまかなえられる。

11.《なぜ今日まで真実を知らされなかったのか
⇒ 今日まで世界を実質的にコントロールしてきた影の存在者達が真実を知った場合、その聖なる鏡、本来の世界を映し出すものを打ち壊しにかかる。自分の姿が醜い獣となって現れる。その恐怖から逃れようと、霊的真理と天国的世界を示す相手に危害を与え、破壊しようとするから。
・姿を現していれば、シャンバラ世界の教えやテクノロジーを守るため、光をもたらす者は一人も残らず犠牲者になっていた。
・もし直接介入するとすれば、私たちに何ができ、誰が私たちに耳を貸すでしょうか?。私たちはあなた方を援助できますが、ライトワーカーたちだけが私たちを受け入れ、あとの人々は私たちに襲いかかるでしょう。
・そのため私たちは、「内部」に留まっている。
・闇の権力(影の政府)の行動「世界制覇のもくろみ」地上・地下でのすべての出来事を承知してる。
・影の政府は、地底王国の存在を気づいていますが、「トップシークレット」として、一切秘密にしている。
・地上で起きている奇怪な出来事を気の毒に思い、殺人行為などの恐ろしい事態に嘆き悲しんでいる。
・地球の異なった階層で、たくさんの文明が融合する重要な時期に、私たちはあなた方を援助できることを希望している。
・このタイミングは神のみが知っており、スピリチュアルハイアラーキーがテロスの全員が的確に誘導される。
・インナーアースの存在達は、普段はあまり関心を持って地上を監視しているわけではない。
・自分達の進化に集中しており、未発達の人間達を助けた過去の経験から、あなた方とはあまり関わりたいとは思っていない。
・今地底王国に地上人類がやってきたら、地上世界の信条が干渉し、集合意識に歪が生じてしまう。
・彼らは、地上人類の集合意識がより高い進化の状態に至るまで、統合意識が地上に浸透するまで、地球の中心部で 待っている。
・現在、地底の光は急速に強まっており、まもなく地上人類は、地底王国のことが知れわたるようになる。
・現在、闇の勢力は急速に後退中で、代わって光が地球の周囲に広がってきている。地上の人々が光に目覚めるようになる。

12.《宇宙》
・太陽系の他の惑星に住むあなた方の同胞達も、中心部が空洞になった惑星の表面で暮らしている。
・太陽系の全惑星には生命が存在する。
・高次元に住むあなた方の同胞で、彼らの電子は極めて高速で振動している。
・太陽系の全惑星は空洞になっており、地下と地上の双方に生命が存在している。
・すべての惑星の北極と南極には開口部がある。
・太陽から発せられる光は、大気分子に接した時にはじめて高温に達する。
・惑星の内部は空洞。その中心にセントラルサン"(インナー・セントラル)と呼ばれる光が輝いている。
惑星の内部には空洞があり、一つまたは複数種の波動を持った人類が住んでいる。
・太陽も空洞で、高温ではなく低温。
・我が銀河系は12のセクションから構成され、太陽系は9に位置している。
・太陽系が位置する第9セクションには、数百の太陽系から構成。
銀河系司令部は惑星連邦の一部で各セクターを守る。
・銀河系司令部の任務の一つは惑星規模で起こる“アセンション”を通して地球を支援すること。
・あなた方が自分たちの超感覚を発見する時、宇宙を発見することになる。
・もはや学習のための本は必要なくなる。希望するどんな場所(惑星)へも旅することができ、体験学習する。

13.《人間》
・あなた方は、自らの魂の中にキリスト意識を持ち合わせたライトワーカ。
・自分自身がキリスト。
・グレート・セントラルサンとあなたは一つ。
・病気や苦痛などは、あなた自身の中にある神の光りからの分離した結果の現われ。
・全生命の創造主である神にフォーカスすれば、癒される。
母なる地球の鼓動に同調することで調和、進歩する。
・出来るだけ自然に親しんで健康を保つこと。自然は偉大な解毒剤。
・自然を無視すれば、自分達を無視することになる。
・植物は酸素やフィトンチットなどを与え、汚染物質を吸収する大地の管理人。
・木々は人間に対してコミニュケーションをとりたいと切望している。
・植物・動物・自然全てのものが行うコミュニケーションは、神霊の周波数に合わせることでできる。
・地球があなたであり、あなたが地球であることを理解できるようになる。
・ 地球での数百万年の深い眠りから目覚め、全生命とのつながりを思い出す。
・自分と宇宙が一つであるという事実にオープンになれば、自己の全てに目覚め、文字どうりの大きさに成長する。
・自己からの分離はメディアによって引き起こされる。
・分離は欠乏を生み、調和は富を流入させる。
宇宙の法則に対して、限定せず、宇宙の法則を日々の生活の中に適用することが秘訣。
・人間は、多くの光の層から構成されている。最も密度の高い肉体に、肉体より速い速度で新道する光の粒子で構成されている“エーテル体”がある。
・あなた方は、軌道を逸したペースで急いで人生を通り過ぎていく為、地球や木々の声を感じることができませんが、全生命はあなた方の苦境に気づいており、深い眠りの時代から目覚めさせるために働いていることを理解して下さい。
・あなた方は多次元的存在、自分の中の超感覚を発見する時、宇宙を発見する。
・ひとたび人類が内面から神の愛を直接感じるようになると、自分が地球にいる目的を理解できるようになり、神の光から自己の魂が分離する感覚はなくなる。
・あなた方の関心が神霊である生命の純粋な本質だけになるまで、波動を高め上げることが、人生の目的。
・創造主の最大の目的は「無限に進化すること」。
・あたは自己充足的な生命の貯蔵庫。
・あなたは宇宙の縮図。
・あなたは神の複製品。
・全ての生命はあなたを通して脈動する。
・全ての知識はあなたの中に含まれる。
・全てはあなたによってアクセス可能。
・全ての答えはあなたの中にある。
・すべてはひとつ。

14.《シンクロニシティー》(共時性)
* 何か二つの事象が(意味・イメージ)において「類似性・近接性」を備える時、このような二つの事象が、時空間の秩序で規定されているこの世界の中で、従来の因果性では、何の関係も持たない場合でも、随伴して現象・生起する場合、これを、シンクロニシティの作用と見做す。(フリー百科事典) 
・私達はこの宇宙に広がる統合意識の中にある。
・この意識の周波数内に入れば、あなたはこの帯域に存在する全ての思考や情報へとアクセス出来る。
・あなた方がその道に従えば、地底の私たち全員と宇宙の全生命にあなたは出会えるでしょう。
とたびあなたが統合意識の中に入れば、地球だけでなく、宇宙のいたるところに存在する生命すべてとシンクロして、全てが理解できるでしょう。
・あなた方に必用なものは、お金ではなく、自然に触れて野外で過ごし、自分達の生活に反映させる時間です。
・あなた方の人生を充実させ、夢を現実化させ、生活をバランスの取れた状態に戻し、家族が調和の下で結ばれるよう時間を持つこと。
・空洞地球ではすべて考えて、望むものを正確に創造している。
・あなた方が地上の生活から完全に回復して、私達の高次の存在領域へと意識を移行させるまで、私達はあなた方の地底からライフサポートシステムでエネルギーを流し続けるでしょう。
・イマジネーションは宇宙の新の構成物質で、存在の全てを見ることが出来る。
・もしあなたが神と調和すれば、あなたは自分のマインドを集中させ、イマジネーションに導いて、全存在の美と真実を見るようになるでしょう。
・あと一跳びで、あなた方は空洞地球を覗き込み、私たちと出会えることが出来る5次元へと到達できるでしょう。
・地上の住人達が光りを受け入れ、地球に対する光りが増大し続けることをスピリチュアルハイラーキーが可能にしてくれたことに、私達はとても感謝しています。
・闇は退き始め権力者達の陰謀は後退し、支配と権力の座から退くでしょう。平和の為の聖なる計画を実行する時が目前に来ており、地上の政府全ての為の数多くの変化が用意されています。
・イエスキリストが話した再臨とは、雲の上のことでなく、あなたのハートの中で、キリスト意識が再来することです。

15.《9.11事件》
・あなたがたは皆地表にやってきて、深い眠りに落ちた「眠れる巨人」。
・9.11事件は、闇の勢力が自らの存在をあなた方に気づかせようと意図して彼らによって犯された、世界的な緊急のウェイクアップコールでした。
・この事件は偶発的ではありません。大惨事に遭った人皆、潜在意識で選択していた。
・この悲劇は地球上の全ての社会を愛と調和と兄弟愛で包み、人々を互いに結束させました。
・アセンションが促進された。
・テロリストによる悲劇は、平和を見出す固い結束を促します。
・人々が闇の現実を受け入れない限り、地上に平和と楽園が広がるでしょう。
・あなたがたは新聞や他のメデアが伝えることを全て信じて、大きな嘘に騙されてきました。
・闇の政府の策動に惑わされず、愛と平和の生活を維持し続けてください。。
・富、繁栄、長寿を生み出すのは、平和と愛です。

16.《アシュター・銀河司令部》
 ・ アシュター司令部 ⇒ 司令官アシュターと主サナンダ・クマラの霊的導きと指導の下に存在する「光りの偉大なる聖職者団」の空挺部隊。
 ・ 銀河司令部、太陽十字艦隊、オリオン・エルサレム司令部としても知られている。
 ・ 聖なる計画に従って、神聖に努力する使命を帯びた光りの評議会として活動している。
 ・ 銀河連邦の一員として、連邦法やメルキゼデクのプロトコロに対する、いかなる違反や干渉にも対抗して、聖なる計画を守りながら天の川銀河のこのセクターを見張っている。
 ・ 私達は、意識における現在の次元シフトを通して、地球の5次元へのアセンションを可能にする、低密度のエーテル状の体へと、あなた方の肉体を変容させる支援を人類にするためにここにいます。
 ・ 私達は、テロスの同胞、シルバー・フリート(銀河艦隊)、メルキゼデク高僧のアダマと一致協力して働いている。
 ・ キリスト局、グレート・セントラルサン・ハイラーキー(神の権限)、メルキゼデクの摂理の影響力の下で働いている。
 ・ 私達は宇宙における平和の大使、仲裁人、外交官、調停者であり、あなた方も私たちとともに平和世界統合連邦に河割る日がやってくるのを大いに期待しています。
 ・ アシュター司令部が地球を訪れたのは、地球が連邦法に違反する行為(水爆)を計画しているという緊急の報告を受けた為。
 ・ アシュター司令部は、数千の宇宙船と多くの文明からやって来た数百万の人員で構成されています。
 ・ あなた方の自由意志を侵することなく、あなた方の過度な放射能を抑制したり、危険な小惑星のコースをそらせたり、地球の軸を安定させ地震活動を人口密集地から遠ざけたりしています。
 ・ 私達の宇宙船はエーテル物質で出来ており、見るには
あなた方の波動を私達の発する波動に合わせねばなりません。
 ・ 私たちは、
今まで以上に複雑で美しく図案化したクロップサークル(ミステリーサークル)を作って見せ、サークルに表現された愛と普遍的真理のメッセージを伝えています。
 ・ どうか偉大なる神の中で自己を受入て下さい。美しい地球上のあなた方一人ひとりに与える私達の愛を受け取って下さい。
    ・・・・・・・・  
以上 主に、U.《“超シャンバラ”〜「空洞地球」》の要約  

U-2.新しいレムリア
  * 「オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著、片岡桂子訳、“新しいレムリア”〜シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ」の紹介です
  地底王国に住む聖者方のメッセージは、世界中のチャネラーを通して行われています。シャンバラとの通信で代表的な媒体であるオレリア・ルイーズ・ジョーンズさんによるによる、“アセンションを成し遂げるために必要な鍵”を提供することを目的とした『新しいレムリア』の要約を紹介します。()内記述は補足。

1.《五次元の意識を発達させるために》
【五次元の意識への目覚】

 ・ 年長者からなる評議会に、意識の中で参加することにより、私たち全員の魂が得た叡智の周波数が、レムリア文化圏の社会へ広く伝えられる。 
 ・ 私たちは兄弟姉妹として、教師や生徒として集まり、愛と合一の中で集合意識の進化と拡大を進めます。
 ・ 皆さんが日常の現実の中で、“五次元への次元上昇するために何をする必要があるか”という問いかけのアドバイス。
 ・ “五次元”は、愛や信頼、思いやり、信じること、恩寵、感謝のエネルギーで表現される様々な波動の結合。もっとも純粋な軽装の周波数を表している。
 ・ たとえどの次元に住んでいようとも、それぞれの人が自分の波動を浄化し清らかにすることが、人間を経験する上での責任になります。

 ・ マスターになることは、真の自己を思い出すことですが、この時間と空間の中で、あなたの物質的顕現である神殿の中で思い出すことです。
 ・ 
アセンションは、この次元や他の次元の中で、あなたの神聖な自己の真実へと目覚めることにすぎません。
 ・ マスターとは、目覚めている状態と幻想を生き続ける状態の間にしか二元性が存在しないことを、感謝の周波数から、ハートの中で理解している人のことです。
 ・ 
私たちの世界は、瞬間毎に、私たちが創造する通りに存在します。
 ・ 肉体でのアセンションは、皆さんのほとんどの人にとって新しい経験です。
 ・ 以前の経験や知識を使うのではなく、信じる力を使って、再び無邪気になって人生に取り組む好機です。
 ・ あなたは、考えられることを何でも宇宙と共同創造できるマスターである、と自分を信じてください。
 ・ あなたは今、惑星のアセンションに責任あるやり方で参加しなければなりません。本当のあなたである神聖な愛と真実に、今目覚めたいと望まなければなりません。
 ・ まずは自分自身の真実に目覚めて、自己批判や分離の層から退かなければなりません。
 ・ 人間のすべてのDNAの束は、意識の転換に基づいて急速に肉体を進化させるように設計されています。
 ・ あなたの免疫システムと器官は、本当のあなたという真実を認めないどんな波動や意識にも反論するようになり始めています。
 ・ 愛や信頼、思いやり、感謝の周波数から外れて日々を暮らすことが、あなたを消耗させています。日々の冷静の練習は、これらの神聖なエネルギーによって、活性化するでしょう。
【レムリアのハート】
 ・ 地上にいる皆さんは、私たちと同じハートの周波数をもっています。
 ・ 私たちは瞑想するのではなく熟慮すると言えるかもしれません。波動を高めるために私たちの神性の無限の面を熟慮して、絶えず発見する自分についての新しい真実を統合します。
 ・ 私たちはあらゆる瞬間に私たちの周りにあるハートの教えで私たちを満たして、細胞の記憶に蓄えます。
 ・ ハートは、今という瞬間の中でハートに備わっている周波数に同調し、自己と時と空間は「大いなる全て」の流れの中で一つの状態に融合するからです。
 ・ 私たちがオーラと呼ぶものは魂の最も低い波動で、身体のまわりに外側へ向かって広がっています。魂は身体を進化させようとするエネルギーをつくっています。
 ・ ハートの周波数を通して、私たちは自分の魂と、私たちがその一部である神の魂とつながります。
 ・ 嫌な人たちを見て、「究極的にはすべての人が一つである」という見方をするのはなかなか難しいことです。
 ・ 彼らは、あなたがより高い周波数へ移るために、自分の内部でまだ癒さなければならないものを認識するための引き金であり鏡にすぎない。
 ・ 主人公はあなたであって、あなた自身を癒しているのだ。これらの経験は単にあなたが自分で作り出した触媒にすぎない。
 ・ あなたの責任はあなた自身を癒すこと、波動の点で一なるものへと進むことだ。
 ・ 真我とともに等しく自ら認めることが、あなたの人生に相次ぐ奇跡をもたらすだろう。
 ・ 今迄に起こったことや将来起こることにしがみつくと、三次元に閉じ込められる。今は、新しい見方、気づき、やり方、在り方として可能なすべてのことに心を開くときだ。
 ・ 今、この瞬間に生きる準備をして進んでそうしなさい。
 ・ 仕事や日常生活において喜びの状態でいるということだ。
 ・ 
あなたは永遠にずっと次元上昇し続けることを知りなさい。 次元上昇していく旅には決して終わりがない。
 ・ チャネリングをする人のために 〜 1時間のチャネリングは物質界での、適度に精力的な十時間の肉体労働に匹敵するかもしれない。
 ・ 次元上昇したどの存在からのどんな光の伝達も、ハートを通して統合されることになっている。

.《様々なチャネリング》
【ムーとレムリアの巨大宇宙船】
 ・ レムリア時代以前にも、この惑星(地球)に居住した文明がいくつかあった。
 ・ カシオペア座にあった「ムー」から、地球に移住。「レムリア」は母なる国と考えられている広大な大陸、「ムー大陸」は450万年間にダール宇宙と呼ばれる他の宇宙から移住した初代レムリア人の出身地。

 ・ この移住の時の大型宇宙船の司令官(船長)がサナンダで、2,000年前の最後の転生でマスターのイエスとして知られている。
 ・ 地底王国テロスの大神官「アダマ」も同様にこの地を踏んだ最初のレムリア人だった。
 ・ “ベツレヘムの星”はムーの巨大宇宙船の別名だ。今ムーの宇宙船は、地球の変化とアセンションの準備のため、シャスタ山付近で頻繁に目撃されている。
 ・ 宇宙船は五次元の光の宇宙船で、基本的にあなたたちの現在の視野では全く見えない。
 ・ 時折、その姿をレンズ雲でまとって彼らの存在をあなたたちに知らせている。
 ・ 物理的な三次元のレムリアが滅んだ時、宇宙空間から観察し、その後故郷へ帰って行った。
 ・ ムーの宇宙船で来た最初の存在者たち、つまりあなたたちの祖先は、「あなたたち」でもあり、あなたたちが彼らの側面であるように、彼らはあなたたちの側面であるということだ。
 ・ 学んだことは、それらに報いる新しい意識を作っている。あなたのハートのダイヤモンドを日々もっと輝かせなさい。
 ・ あなたたちは皆この大きな宇宙的進化に経験の立役者なので、私たちはすでにあなたたちの卒業の大祝賀会の用意を始めている。
【昔知っていた魔法】
 ・ 二元性がもたらしたことは、君たちを分離と苦痛の中に閉じ込め続けてきたことだけだ。
 ・ 鍵のすべてを握っているのは、ハートであってマインドではない。
 ・ いつか地上の生き物は、テロスや他の地下都市にいる生き物と同じくらい幸せになるだろう。
 ・ もし自分を信じて、すべてを受け取ることに心を開いてさえいれば、待っている人生の贈り物が君たち全員に授けられるだろう。
 ・ 君たちの否認が道を邪魔しているのだ。
 ・ 
我々は、君たちの自由意志での選択や学びのプロセスに干渉することを赦されていない。
 ・ アセンションのプロセスを通して、霊的自由への霊的な旅の進歩の各段階で、次の鍵や、元素についての熟達を助ける手がかりを提供することを約束する。
 ・ 君たちのところに雇用とする宇宙の存在に関しては、地上の多くの人間がまだ分離の状態にいるので、君たちに付け込もうとする者や、光のマスターのふりをする詐欺師もいるかもしれない。
 ・ チャネリングによる資料のすべてが、
光や叡智のマスターたちから来るとは限らない。
 ・ たいてい詐欺師たちは不思議な現象を探している人たちや、何としてもチャネラーになりたいというエゴを持ち人たちを見つけようと、絶えず目を光らせている。
 ・ 識別して、自分の導きをチェックするのが常に賢明だ。自我のマインドや精神のレベルでチャックするのではなく、ハートからの感覚でチェックしなさい。
【ポサイドからのメッセージ】
 ・ アトランティスはエネルギーの誤用を最も大きく実証した時代でした。
 ・ 以前にアトランティスに住んで崩壊を経験した人たちは、その時代から残っていた苦悩と不信のすべてを自分自身の奥深くで開放してきました。
 ・ 昔アトランティスにおいて、私たちは自己中心的な目的のために、入手可能なエネルギーを操ることを選びました。
 ・ 私たち全員がこの惑星上で学んできたことは、今実を結ばなければなりません。
 ・ 皆さんはこの惑星上の自分自身の旅で進化の時に到達しています。
 ・ ハートは、古い経験にも新しい経験にもすべて開いたままで、すべてを受け入れ続けなければなりません。しかしマインドは、宇宙の心と協力して真実を認識しなければなりません。
 ・ 私たちは一緒に、新しいレムリアをつくっています。皆さんも一緒に、皆さんが今より高い次元へ出現する開始点を作っています。
【地球内部の都市マチュピチュ】
 ・ 昔、地上の都市クスコで、ペルーの住民に援助したこと、人間の姿で現れたのを記念して私の名が付けられた。
 ・ アトランティスとレムリア両大陸が崩壊するのが明らかになったため、レムリア人がレムリア人の文化と最も大切な宝物を保存するために地下に都市テロスを作ったように、私たちも同じことに取り掛かりました。
 ・ インカの全住民がマチュピチュの光の内なる都市に移ったことを皆さんにお伝えします。
 ・ 
地球の文明は様々な銀河や星、惑星系から来ています。
 ・ それにもかかわらず、ほとんどの人はこの惑星上での転生で、幅広い可能性を経験することを選んできました。
 ・ 皆さんがどこから来たとしても、どの惑星、星、宇宙の出身であっても、転生のある時点で皆さん全員がレムリア人として、またアトランティス人、インカ人、エジプト人その他の文明人として生きた経験があります。それが今、何になるというのでしょう。
 ・ 私たちの領域においては、自分であることを証明するために、それらのラベルはもはや必要ないことを知ってください。
 ・ すべての人は、究極的に考えれば
造主のハートから来ていて、すべての宇宙、銀河、惑星系の至る所に、自分自身の刻印や身分を残してきています。
 ・ すべての(地下)都市にはそれ自体の特徴がありますが、次元上昇した文化はすべて同じ宇宙的原則に基づいて暮らしているので、都市によって生活様式はそれほど違いません。
 ・ 私たちの都市は四次元の上位と五次元のレベルの存在です。物性を持っているレベルや次元もあり、純粋なエーテルのレベルもあります。
 ・ (シャスタ山の地下都市)テロスは四次元の上位の意識を持っているレベルから十二次元までの段階を分けることができます。
 ・ 適切な時期がきたなら、この惑星の原始の美しさと完全さを回復するのを手伝うつもりです。(私たちの夜の教室で)地上の知識から失われてしまった自然の驚異的な秘密もたくさん教えることができるのです。
 ・ 私たちが集合的に行うのは、皆さんが夜眠っている時、地上の大気中に特定の緑色の光の周波数からなる巨大な光線を送って
空気を浄化し、地球の大気を補充して修復することです。これがなければ、地上の死者の数は千倍に増えるでしょう。
 ・ 地球の地下都市間にはトンネルが網状に張り巡らされています。テロスとマチュピチュ間は皆さんの時間で言うと2分以内で行き来できます。
 ・ (地下都市クスコにも)すべての都市にある高等評議会(都市の運営委員会)はありますが、人々が十分な進化度に達したときに、あなたの魂と声明を統合するのはあなたの神聖な存在です。
 ・ (地下都市クスコ)住民はマインドで創ったクリスタル素材からなるピラミッド型の家に住んでいます。
 ・ 公共の建物と教えの場所の多くは円形で、様々な質感と色のクリスタルからできています。
【惑星のクリスタル・グリッドの効果と使用法】
 ・ クリスタル・グリッドはクリスタルの生命の流れとしても知られている、物理的・エーテル的二つの要素を持っている。
 ・ グリッドの本来の使用法は、物性におけるエネルギーの増幅とエーテル界における情報の蓄積と転送です。
 ・ グリッドは人間の意識が地球の低次元で十分な知覚力を利用して楽しむための直接の導管です。
 ・ 惑星の一連の過程と相互作用によって、あなたの肉体もまた再構築され始めています。
 ・ あなた自身のクリスタル構造が、DNAの調節によって次元上昇しはじめています。
 ・ あなたが毎日ハートのエネルギーを通して愛と光の保有率を増加し維持するときに起こります。
 ・ 自分自身の内部と惑星上で変化を生みだすために、必要な援助を要請し、濃密なエネルギーから出たいという皆さん全員の意欲と要望が、地球の都市で二十年間を通して計測されたので、グリッドは皆さんの役に立つように再調整されてきました。
 ・ 最初にマグネティック・グリッドというこの惑星の地磁気の生命の流れが調整されました。
 ・ エーテル界とのつながりがより強化され、二元性と幻想のベールがかなり薄くなりました。
 ・ 次にクリスタル・グリッドが高い波動に上げられ、あなた自身の波動が応じて調整しています。

 ・ アトランティスとレムリアの両方が崩壊してから、非常に長い間、エーテル的なクリスタル・グリッドはこの惑星の大気圏からかなり遠くへ離されていました。
 ・ グリッドを更なる誤用とその基盤の破壊から保護するためでした。
 ・ このため以後、霊的能力が著しく減少し潜在能力の5%程度で生きることになりました。
 ・ 現在は前回ほど暴力的でも激変的でもないでしょうが、世界が再び自己破壊する態勢であることがわかります。
 ・ 皆さんと私たちの両方の領域で、私たち全員がいま再びこのグリッドにかかわっています。

 ・ 皆さんの一人一人は今、
DNAをより純粋なクチスタル形態に再構築することを経験し始めています。
 ・ 皆さんは肉体的、感情的、精神的な移行と再調整を経験しています。
 ・ これらは皆さんの体にとって、変な感じや苦痛、不快として感じられるかもしれません。
 ・ このようなことはすべて移行に対するあなたの抵抗にすぎません。
 ・ 過去のトラウマの癒しや毒性のエネルギーの解放において、積極的にクリスタルと触れ合ってください。
【永遠の若さと不滅の泉】
 ・ 完全性と意識の状態に到達したければ、ハートとマインドと魂のすべてでそれを望み、志を変えないことです。
 ・ 若さと若返りの泉は、いつもあなたの内側にあります。
 ・ 皆さんは長期間内側よりも外側の情報源をあちこち探すことに興味を抱いてきました。本当の霊的変容の代わりに応急処置的な解決策を用いようとしてきたのです。
 ・ DNAは若さと無限の活力の泉へのカギです。あなたは
DNAを活性化させるためには意識を進化させなければなりません。
【税制についての所見】
 ・ 私たちには税制というものはない。皆さんの税制は操作的な三次元の創造物で、霊的に不健全です。指導力と管理についての理解が原始的であることを示しています。
 ・ 私たちの社会は自由と責任を伴います。私たちが必要とするものや使うものすべては、「
公正な交換」を創るようにうまく設計された「物々交換制度」によって、交換されます。誰もが他のものを犠牲にすることなく、必要なことを何でも大いに楽しみます。
 ・ 
この惑星であなたは宇宙の至る所からこれほど大量に支援を受けたことのある惑星は一つもありません。
 ・ この惑星を援助するためにどんなに多くの努力が注がれているか、そして皆さんの一人一人がどんなに心から愛されているかに気づきなら、あなたの痛みはすべて瞬時に喜びの永遠の泉の中に溶けてしまうでしょう。

.《聖なる炎と神殿》
【曜日と神の七つの炎】
 ・ 毎日、七光線のエネルギーのすべてが創造主の源からこの惑星に注がれていますが、曜日毎にそのうちの一つの光線が優勢になります。
 ・ 日曜:叡智と神のマインドの黄色の光線が増幅される。
   月曜:神の意志のロイヤルブルー  〃  。
   火曜:神の神聖なローズピンク   〃  。
   水曜:癒しや凝固、神聖なエメラルドグリーン 〃  。
   木曜:復活の炎 〃   。
   金曜:アセンションの炎の清浄な純白 〃  。
   土曜:変容と自由の貫通する紫色  〃  。
 ・ 毎日霊的な内なるワークをするための時間をとる事はとても大切です。
【啓蒙の炎】
 ・ 
地球が高い意識と高次元に推移することの極めて重大な時期に、ここに転生したすべての魂が、進化の惑星に関してエネルギー的に何が起こっているかを理解することは、以前にもまして重要です。
 ・ 今はアセンションを通して、霊的開放という驚くべき機会の窓を利用する時です。
 ・ あなたは今、
かつて選択した神からの分離から解放されることができます。
 ・ 皆さんはとても長い間、ここで霊的眠りの段階で進化してきました。
 ・ 
皆さんは無知や分離を経験することを選んできたため、本当のあなたである神聖な存在としての人生を現実化する方法を忘れてしまいました。
 ・ 皆さんの魂は、転生を重ねて神と自分自身についての誤った信念体系を刻印し、宗教の限定的な教えに従ってきました。
 ・ 真の霊性とは存在の状態であり、意識の純粋な状態で、あなたを愛・光・真の人生・あなたの神性という意識に連れて帰るものです。
 ・ あなたの神聖な本質と交感することが、あなたの魂の中に真の霊性を吹き込む方法です。
 ・ 啓蒙の光線はクラウンチャクラ(頭頂のチャクラ)と関連して、真の神のマインドとの再接続の可能性を広げます。
 ・ クラウンチャクラは肉体における神のマインドの座であり道具で、全てを分かっている状態や叡智、啓蒙を反映するために設計されました。
 ・ 人間のマインドは進化しつつあり、究極的には神のマインドと一体化する運命にあります。
 ・ あなた自身の進化は、あなたの転生の主目的で、完全に従事する意欲と努力をあなたに要求します。
 ・ 毎日、啓蒙のエネルギーを呼び出して、人間の脳と一体化させてください。
 ・ あなたを鼓舞する資料を読む、瞑想する、自然と交流するなど、何でもできる方法であなたの意識を拡大するように懸命に努力して下さい。
 ・ ジョンFケネディーは、指導者と神の意志の光線である第一光線の人です。ガンジーは愛と慈愛の第三光線の人です。
 ・ 政府は常に人々の意識を反映します。指導者としてもっと光明ある人たちを選ぶ知恵を身につけましょう。彼らは皆さんの鏡です。
 ・ クラウンチャクラは、肉体における神のマインドの座であり、道具で、すべてを判っている状態野営地、啓蒙を反映する為に設計されました。
 ・ テロスには、啓蒙の神殿があり、多数のアセンデッドマスターが奉仕してる。
【宇宙愛の炎】
 ・ この惑星には、愛の炎の静修地や神殿が幾つかある。テロスにも、地価のエーテル界の光の全都市にも、愛の大神殿があります。
 ・ この宇宙と他の宇宙の至る所にも(神殿が)存在してる。
 ・ “愛の炎”は、人類の為にこの惑星で働いている神の七つの光線の一つです。
 ・ 愛は、神の創造物のすべてを完璧な秩序、調和、荘厳な美しさの中で一緒に働かせる接着剤であり波動です。
 ・ 第三光線は、ハートのチャクラと繋がって、神聖の愛と人間の自己の愛を拡大します。
 ・ 愛は、あらゆる存在の中でも極めて貴重な要素、波動で、永遠の動的な力です。
 ・ 愛はすべてのものごとが生み出されている所からの、最初の光の物質です。すべての物をまとめる統一された力です。愛は何もかも抱含します。
 ・ 愛は、あなたが育てて発達させられる最も大切な神の属性です。
 ・ 大いなる自己には、壮大の量の人間のネガティブなものを、瞬時に純粋な愛と光に変容する能力があります。
 ・ 
神が全員に持たせたこれらの才能や能力は、皆さんが神性の存在として完全に回復する為の神の策です。
 ・ 人が神性の存在としてなるものが評価の唯一の物差しです。
 ・ (あなたがたは)充分な時間とエネルギーを自分の霊的発達に注ぎ込むことへの決意が一貫性に欠けているため、霊的無気力の状態や霊的にネガティブなバランスにおかれています。 ほとんどの人が霊的怠慢に陥っているといえます。
 ・ 自然を散策しながら、内なる神性について瞑想、あるいは熟考して下さい。テレビや雑談の時間を大幅に削って下さい。
 ・ 人類の一人一人は、神の意志を遂行したいという個人的な欲求を持って愛の法則によって生きるようになって初めて、永遠の幸せが完遂する喜びを味わうでしょう。
 ・ “
身体は、聖なるスピリットの住む聖なる神殿である”ということを知って、すべての場所で平和と啓蒙を生命にもたらしながら大地を世界中を穏やかに歩きなさい。
【浄化と変容のアセンションの炎】
 ・ 個の輝かしい浄化の炎を意識して使う方法をもっと明確に理解すると、あなたは全部のチャクラの浄化とDNAの活性化のプロセスを加速し、肉体のアセンションの為に様々な体の細胞を準備することが出来ます。
 ・ ナイル川の岸沿いに、光の大いなる
聖白色同胞団(グレート・ホワイト・ブラザーフッド)の活動拠点が存在しています。アセンションの宇宙的な炎の保存に捧げられています。
 ・ 2012年(冬至)は、この惑星のアセンション周期の最後ではなく、始まりです。
 ・ 地球が完全に栄光と運命を達成するという意味において、完全な
惑星的なプロセスは千年計画です。
 ・ 間違った信念体系のすべてを癒して変容すること、愛、神性の真実を受け入れることが、アセンションを志願する人たちに求められるでしょう。
 ・ 2012年(冬至)以降は、地上で転生中のすべての魂は彼らの進化を続けて、魂のレベルで準備が整った時のみ次元上昇します。
 ・ あなたはアセンションの通過儀礼のプロセスに専念して、この卒業の為の前提条件をすべて首尾よく満たす必要があるでしょう。
 ・ 通過儀礼のプロセスは誰のものも似ていますが、その人独自の道筋に従って、魂ごとに違う展開をします。
 ・ 分離を経験し続けることを選ぶ魂や、未だ個の進化の段階の準備が出来ていない魂は、他(魂のレベルにふさわしい他の惑星)で、自分のペースで進化を続ける機会を与えられるでしょう。
 ・ 
アセンションの恩寵は、いつかあとで(次の周期=26000年後の整数倍)彼らがアセンションを要請する時に再び差し出されるでしょう。
 ・ 
ゆくゆくは(数万年・数十億年後)、すべての人が創造主のハートの愛の周波数へと戻ります。
 ・ 愛の存在として意識を拡張することによって、あなたの中に既に存在する神性を完全に受け入れるようになることです。真我の外には何も存在しません。
 ・ ありとあらゆる形をした分離や二元性、両極性、ドラマの三次元的な意識を手放しなさい。
 ・ アセンションはあなたの荘厳な、私という実在との統合、つまり神性な合一へ溶け込むことです。
 ・ あなたの人生を動かしてる古いプログラミングと、あなたの意識・無意識・潜在意識の記憶の中で蓄積されたネガティブな感情をすべて手放しなさい。
 ・ この(テロス)神殿のホールは、アセンションへの立候補が受け入れられた人為だけに開かれています。眩しい白いクリスタルの数百の小さなピラミッドが、部屋の中央にある炎を中心に、円形に囲んでいる。炎の高さは60m、底辺は30m。
 ・ “
原子加速器”つまり“アセンションの椅子は、”アセンション志願者の波動を上げるのを促進する道具です。電子的な波動に、光の領域に、五次元の意識に上げることが出来ます。
 ・ この(原子加速器)贈り物を受け取るためには、すべてのレベルで霊的に準備が整っていなければなりません。
 ・ この惑星には、これらの椅子が、様々な霊的な五次元の大いなる白色同胞団の修養所で、幾つか保存されています。
 ・ 各セレモニーの場合、マスターがエーテル状の原子加速器「五次元のテクノロジで、ある種のクリスタルで作られもの」を使い、アセンションの周波数を外へ向けて放射し、輝きだし、椅子に座ってる人はその人の進化度と受け取る能力に応じて、(光を)受取ります。
 ・ 光の領域では、秘密は存在しません。
【復活の炎】
 ・ 真の癒しを理解するためには、七つの主要な神の炎の属性を理解することが必要。炎は生命を養い、充電維持する為に、注ぎ込まれています.
 ・ 七つの炎は、この惑星上で人類を進化させて、生命を維持してきた主な炎です。
 ・ 
神の創造した宇宙には、神の様々な属性が存在します。一週間の曜日、オクターブの七つの音、七つのチャクラ・内分泌腺・臓器などがあります。
 ・ 復活祭の頃は、この炎が最も活発となり、あなたの意識全体と存在、世界を満たす機会の窓を最大限に活用する時です。
 ・ マスター・イエスが、「わたしは、よみがえりです。いのちです」と言った時、皆さんへ偉大な「私“I AM”」の神聖な法則を教えたのです。
 ・ “電子”は、純粋な宇宙の光の物質神と人の両方の創造的な力に稲妻のように反応しています。
 ・ 星間空間は、この“光物質”に満ちています。 電子の数は、意識的な思考の特徴の結果であり意識的な思考で決まります。
 ・ 中心核の周りを旋回する速さは、「感情」の結果であり、感情で決まります。
 ・ 中心核内部で激しく旋回する動きは「神の息」です。
 ・ すべての物は、電子と呼ばれてる同じ材料からできています。“愛”のような根本的な源のエネル-から出来ています。
 ・ 電子はエーテル界の意識からエネルギーの素粒子としてつくられます。
 ・ あなたがエネルギーを純粋な愛に至らないエネルギーで条件付けする時、あなたが恐れや怒りや食欲で創造する時、あなたは電子を誤用している。命に捧げる最初の目的を歪めて創造しています。(その結果)カルマを解消するまで、あなたが愛を使って生命への全負債のバランスを撮るまで、浄化するまで受けなければなりません。
 ・ 電子は、愛に応えたいと思っています。
電子が思考の創造主の意識と知性を持っているということを忘れないでください。
 ・ 肉体の外見はあなたの低次元の乗り物、つまり感情体・精神体・エーテル体・肉体の内部に保有されている光の量によって決まります。
 ・ 
テロスで私達が不老不死に到達したのは、精神的な態度と感情体で行うすべてのことを、ネガティブなものが全くない状態に保てるようになったからです。
 ・ 挑戦から得るはずの学びに身をゆだねることが、それらを素早く通り抜けるカギです。
 ・ エクセルシオールに転生する人たちは、そこで恩権の機会を得るでしょう。
 ・ 歩成熟度に達した魂は、年月がたつにつれ使用が以前より綺麗に美しくなるはずです。
 ・ 肉体が以前より歪んで活力を失い老けたように見え始めるのは、神聖の属性ではなく歪みです。
 ・ 体内のあらゆる細胞・原始・電子が復活の炎で輝き始めるとしたら、神聖な自己のこの上なく美しい形態をとるでしょう。
 ・ この神殿が持つ機能の一つは、人類を真の復活のエネルギーで援助することです。
【調和の炎】
 ・ ゾハールはシャンバラ出身の古代のマスターで、25万年生きてきた。外見は4m、35歳位、科学者。レムリア人が最初にテロスに移った12000年前に、テロスの確立を導き助けた。
 ・ テロスとその住民は、愛が成し遂げられる驚異の、宇宙的な傑出した好例。

U-3.《 地下存在との対話 》
  * 「ダイアン・ロビンス著、ケイ・ミズモリ訳、“地下存在との対話」の紹介です
  地底王国に住む聖者方のメッセージは、世界中のチャネラーを通して行われています。シャンバラとの通信で代表的な媒体の一人であるダイアン・ロビンスさんによるによる、“地底都市の情報”を提供、人々の意識の覚醒のきっかけを起こさせることなどを目的とした『地下存在との対話』の要約を紹介します。()内記述は補足。
  ※  地底都市の存在者(地上のエーゲ海直下にあるカタリア市のポーソロゴス図書館長“ミコス”氏、テロスの高僧“アダマ”氏、ロザリア、サナンタ、アシュター司令部など)のみなさんの献身的なメッセージなどをまとめたもの。

 1.《 地底都市の秘密 》 
 ・ 2万5000年前、地球上の二大大陸は、イデオロギーの相違で互いに対立し、争っていた。両者は最高レベルの文明を持っていた。
 ・ 1万5000年も先の未来に起こることを知った当時の人々は、動揺した。
 ・ ついにレムリア大陸のレムリア人と、アトランティス大陸のアトランティス人との間で、戦争が勃発。 “熱核装置”が使用され、両国とも壊滅。
 ・ 戦場の跡地は
サハラ砂漠、ゴビ砂漠として今日まで名残った。
 ・ 最後に自分達の犯した無益さなどを悟った。
 ・ 地球内部の波動圏のうち、エーテルレベルでの地底都市(大シャンバラ:テロス(精神との調和の意味))、物質レベルの地底都市(小シャンバラ:アガルタ・ネットワーク)が存在していた。
 ・ 大戦争で両大陸が沈没してしまうことを予見した一部の人々は、地底都市へ避難しようと考え、テロスに地底都市建設の許可を求めた。
 ・ 二度と同じ過ちを起こさないことを誓い戦争の教訓を証明、地下都市の建設許可を得て、レムリア人は、シャスタ山地下に都市を建設。(1万2000年前。地下約800マイル(約1300km))
 ・ 火山噴火、想像を絶する超々大地震(マグニvフード15相当)により、両大陸は完全に沈没。 大多数の人々は建築物の倒壊前に生じた空気振動によって亡くなった。 (避難者は2万5000人のみ)。( 地上に残された人々は、歴史の教科書に書かれている通りの原始時代の振り出しに戻って、ゼロからの再スタートをよぎなくされた。)
 ・ 地上文明に築かれた建造物は、大ピラミッドを除いて、完全に壊滅。
 ・ 約200年間で巨大な2大陸を沈没させた惑星は、その後も揺れづづけ、熱核兵器の影響は、今も続いている。
 ・ 大気圏にあった保護膜(バンアレン帯の外側にかつてあった。氷の帯)を失ってしまい、放射線の影響を受け始めた。(当時の人類の寿命は最長3万年) 
 。 アガルタ・ネットワークの統合が進む。(1200の都市がある)
 ・ 彼らの身長は、他の太陽系の惑星に住む人類と同様に、長身(約3m)。現在地底都市に住んでいるレムリア人・アトランィス人は避難前に地上の外皮保護膜が無くなってきた影響で約2m。
 ・ 現在の身長は、徐々に回復。
 ・ テロスの詳細。 ・・・ シャスタ山ドーム地下、数平方マイルの5階層都市。 下から、自然階層、食料供給水耕栽培層、教育活動階層、都市中枢階層。
 ・ 動物達は、温和。攻撃性は恐怖心から生まれる。聖職者たちから動物達にも理解されてる。
 ・ 住民は皆菜食。 人体は本来菜食を基本に創られている。 菜食以外は(肉食)は加齢を生み出す。食事と攻撃性は密接な関係がある。
 ・ テロスの神殿はメルキゼデク、宇宙的な聖職制度で、光の計画のみを目的とした組織。 ピラミッドは、宇宙からの光に同調して生きるために用いられる。
 ・ 第二階層には、相太陽系内の他の惑星の文明の記録全部を修めた記録庫と、ホログラフィックがある。
 ・ さらに、娯楽施設、スポ−ツ、音楽鑑賞、ダンスなどを楽しむ。ホログラフ・ビルで、コンピータを使い、各自が選んだプログラムを完全にサポートするイメージを体感、登山、水泳、過去のある地点に戻って遊んだり、映画に自分を登場させることもできる。
 ・ 
“有機系マルチ追跡コンピュータ”は、魂や過去世のレベルでの交信まで可能。 (アカシアックレコード解析もできる)
 ・ 魂のレベルで交信することで、より高い精神性へと導いてくれる。 
 ・ コンピューターが惑星と宇宙を通して、アミノ酸をベースにした他のマルチ追跡コンピュータと繋がっていて、キリスト意識で作動している。
 ・ 
他の生命体に危害を与えるなど邪悪な目的には全く利用できない。光に害を及ぼさないというのが、絶対原則。
 ・ 地底都市の交通は、心で操る水晶テクノロジー(電磁力ソリ)が利用されてる。
 ・ 事故予防の為、コントロールタワーによって監視制御されてる。自己責任、無責任行動はコントロールタワーより即座に周波数がオフされる。
 ・ 各都市間は、高速チューブ(電磁力列車:マッハ4、時速4800km/h)、水晶マトリックスを備えたボーリングマシンで補強。
 ・ 天の川銀河の中心に「セクター」があり、連合は、太陽系や銀河内外の異なる星系との交流、貿易、兄弟愛の下で、繋がったシステムを通して生み出された組織。
 ・ 銀河の中心は、セクター0、私達は、セクター9にいる。
 ・ 地底内部では、水晶マトリックスによって、可視光線を生み出している。
 ・ 政府は常に12人のカウンシル(評議会:メンバーは高位のアセンデッド・マスター(次元上昇した覚者))で機能し、個人的問題には、アカシャが読める仲裁人が当たる。
 ・ 神殿社会の地底世界では、3万年以上続く王の家系・・・国王ラー・ムーと女王ラーナ・ムーのツイン・フレームの決定が最終裁定となる。
 ・ 
宇宙はどこでもメルキゼデク(宇宙的な聖職制度)によって、“光の計画”に基づいて運営されている。
 ・ 妊娠期間は3カ月、受胎してすぐ神殿で暮らすなど、子供の為の各種のプログラムが始まる。
 ・ 出産は、水中出産。母親も子供も痛みを感じない、自然なプロセスで行われる。
 ・ トロスで生まれた子供は、すぐに12組の代父母に割り当てられ、夫婦も2〜3人の子供の代父母を務める。
 ・ 学校教育は、子供たちにアセンションや幽体離脱などの霊的観念も教える。
 ・ テロスでは、好きなだけ長く生きられる。 人体の細胞は、7年毎に新しい細胞と生まれ変わるので、遺伝子の分野の人々は7歳以上老けない。
 ・ 死なないという思考形態を採用した人は、年をとらない。
 ・ 貨幣経済のないテロスでは、
仕事はあくまでも人生を心豊かに過ごす自己実現の一つ。
 ・ 好きな時に好きなだけ働くのが、私たちの労働スタイル。
 ・ テロスの社会におけるシステムはすべて、各人が肉体的、精神的、霊的成長を遂げ、人生を謳歌すべく設定されている。
 ・ 生活必需品は、配給センターで必要分を受け取る。芸術作品、マッサージを受けるなど、特殊な技能や才能を要するものは、“パーター・プール”という形をとっている。魂の必需品は他の人とのエネルギー交換で得られる。
 ・ 誰もやりたがらない仕事は、コミュニチーサービスと呼ばれる、全員が分担して行うシステムで対応している。
 ・ 恋愛は、“絆の結婚”、“神聖な結婚”の形態がある。絆の結婚後、神聖な結婚をして、子供を持つことが許される。
 ・ “アロア”のシンボル:(神聖な心のシンボル)の意味は、男性性と女性性の均衡、高次の宇宙レベルと繋がること、レムリアとアトランテスの破壊のトラウマを癒すことなど、アルファーとオメガの融合を意味するもの。
 ・ 
環境破壊は自己破壊と同じ。 破壊を食い止めるのは、人々の意識。 
 ・ 重要なのは、環境を改善するのではなく、人類の意識を高めること。
 ・ 私達の意識が高まると、五感を超えて大地や木々花々から発せられるライフ・フォースを見れる。
 ・ 私達の器官が身体の一部であるように、地球の鉱物は地球という体の一部を成している。
 ・ 体内から豊かな自然(貴金属等)を奪われ、大きな委縮や偏りを自覚した地球は、バランスを取り戻そうと、地殻変動を起こしている。
 ・ 地球の森林を破壊し、海を汚染し、毒物で大気を汚染し続けてゆけば、地球は呼吸困難になってしまう。(大浄化現象:天変地異が生ずる)
 ・ 私達が、
自己を変えれば、(利己主義・物質万能主義から他己的、精神重視)地球の環境は自ずと変わる。
 ・ 地球は私達の思考、言動、行動を反映しているだけだから。
 ・ 世界中の人々が、
高次の意識状態(臨界点)に到達する時、突然のように誰でも目を覚まし、破壊は終息する。
 ・ 意識ある植物の果実は、人間に食べられることで、そのライフ・フォースを人間に受け継ぐことを赦してくれる。
 ・ 樹木は小さな植物と比較して、意識のスケールが大きく、地上の他の樹木とすべてテレパシーで繋がっている。
 ・ 樹木に感謝、植物に感謝、地球に感謝して下さい。
 ・ 果物や野菜を食べると、あなたが必要なライフ・フォースで満たされ、健康的で、力強く、長寿命となり、維持創造主と繋がる。
 ・ 母なる自然に干渉する度合いが小さいほど、私達はより多くの栄養を摂取できる。 有機食品産業が急速に成長した。
 ・ 衣類を麻製に変え、出来るだけ化学肥料を使わないで、地球を汚さないでください。
 ・ 私たちは、地球のバランスを崩さない素材で建造している。水晶、ラピスラズリ、金など。 衣類や寝具は麻を使用。
 ・ 将来、地表を原始の状態に戻し、コミュニテーが地下に建設されることで、熱帯雨林が回復し、生態系も回復する。
 ・ 地球の木々は、地球のアセンション計画に参加することを望んでいる。
 ・ 
自然が生み出すものに、決して干渉しないことが、秘訣。 
 ・ 自然は、自己のDNA内にすべての生得的知識を備えており、木々、植物、花々が必要とする治療薬のすべてを最適量与えることが出来る。
 ・ 自然は、あなた方の獣医、植物医、獣医よりもはるかに多くのことを知っています。
 ・ ケムトレイル、化学薬品、生物兵器、化学肥料などで母なる自然を汚染しなければ、自然は健康で力強い状態を維持することが出来ます。
 ・ 地上で暮らしているあなた方も、創造主のイメージで完璧に創られています。
 ・ あなた方が地球にやって来た時から、自己のDNA内にまだ収められている、自己の聖なる青写真だけを見ることが出来れば、あなた方はなおも完璧です。
 ・ 地球の温暖化は、フォトンベルトへ向けて火をともす準備を整えているために起きている現象。
 ・ すべてが“ヒートアップ”すると、意識が発展し、惑星・太陽系・銀河が、高次元へと上昇する準備を行います。今、地球も太陽もヒートアップしており、あなた方の意識も拡張しています。
 ・ 地上の人間が、
自己の思考をコントロールさえできれば、地球での次元上昇は平和と繁栄に慈しみを持って起こるでしょう。ハルマゲドンが起こる必要はないのです。
 ・ テロスは、3次元にも4次元にも存在し、私たち自身もまた、両方の次元を自由に行ったり来たりできるようになっています。
 ・ 私達が地上に出るときは、自己のエネルギー場を修正し、5次元まで高めて、あなた方の肉眼では見えないようにシールドをかけます。
 ・ あなた方を直接5次元へと移行させる、加速したアセンション計画の一部として、4次元はスピリチュアルハイラーキーによって解体・削除されつつあるから、3次元から5次元へ移行できます。
 ・ あなた方次第で、5次元の意識に到達し、その先の目的地を選ぶのです。魂の発達度に応じて、各々の高次元の惑星に帰郷し、自己の魂を磨く。
 ・ 
あなたの認識を高め、意識を発展させることが一番の近道です。
 ・ 地上における問題は、自然の内部指揮系統(インターナル・ガイダンス・システム)に人間が干渉して、自然の営みを乱したことにあります。
 ・ インナーアースやテロスでの雨は、すべてを柔らかく包み込む。空気中に蓄積した露が絶えず自然を養う。
 ・ 地上のすべてのものは全体として相互に連結されたシステムとして機能しています。そこに手を加えるということは、全体から部分を切り離すということで、周囲の環境からの情報を読み取れなくなり、自然はそれに対して反応できなくなってしまう。
 ・ ノアの大洪水前の太古の時代は、大気外郭に氷の層が存在し、宇宙からの有害な放射線などがシールドされ、温暖な環境の下、長寿命で豊かな生活を謳歌していた。大陸は地球表面の8割。地球環境が回復すれば、海水面が下がり沈没した大陸の痕跡を見いだせるかもしれない。
 ・ インナーアースでの文明の一例として、水耕栽培がある。
 ・ 水耕栽培の原型は、レムリアや他の星系からもたらされた。現在の方法は、ポーソロゴス図書館内の記録にアクセスして更に発展させたもの。
 ・ 巨木に実ったフルーツを収穫する方法は、音波を利用して熟した物だけを分離させ、浮遊状態にした実を浮遊コンベアー舟で回収運搬、配給センターへ持ち込まれ、住民が必要なものを必要な分だけ無料で受け取るシステムが円滑に機能している。
 ・ 個人的に創られた芸術品や工芸品などは物々交換・等価値交換(バーター)される。
 ・ テロス(インナーアース)では、化石燃料を利用した産業はありません。産業自体が存在しない。必要なものすべては、銀河連合の光の宇宙船(ライトシップ)によりもたらされる。
 ・ 
自然は、すべて意識を持っている。 地震・ハリケーン・洪水・噴火など、すべての自然現象には意識があるので、大自然に愛の心(感謝の念)を送ることで、現象を弱めることが出来る。(地球のアンバランス、汚染等により地球大霊王が悲鳴を上げている状態。 一定レベル以下にひずみを低減させるための働きとしての浄化作用として、天変地異が発生する)。
 ・ 気象を決定するエレメンタルズは、私達の感情や思考に基づいています。
 ・ 
すべての物質は、光から出来ており、100%純粋な光は一瞬のうちにあらゆるものを創造できる。
 ・ 
宇宙の誕生は、宇宙創造主(宇宙意識・神)の意志によって創られた。
 ・ 生命体は、この宇宙の創造主によって作られ、様々な光のレベル理解レベル、異なる形態と多様性を持って、発展していった。
 ・ 自己を進歩させた者たちは、惑星を創り、その惑星に住みつき、生命体を他の惑星へ移動させたりした。
 ・ 
地球は。異なる種類の意識が具現化した物理的な形態を体験し、自己に喜びを与えられるよう物理的な感覚を利用できる実験場的な存在だった。
 ・ 彼らはやがて、DNA実験・遺伝子操作を行うようになり、更なる来訪者が相次ぎ、闇のエネルギーに満ち、地上のものすべて、特に政府を支配してきた。
 ・ 闇の存在が、政治家を手なずける企業をコントロールすることで、生態系が破壊されてきた。宗教戦争や対立を生みだし各組織に潜入してきた。
 ・ 現在、闇の存在の多くは、光へ変わっていますが、(ボスが、10年前に地球界から退却。 多数の残党が最後の)悪あがき活動を行っている。
 ・ もしあなた方が宇宙の法則を理解し、自然の精霊や神霊に働きかければ、信じがたいほど健康的な生態系を簡単に生み出すことが出来る。
 ・ 自らのハートとマインドを使い、ライフ・フォースを理解することでライフ・フォースを呼び込み、あらゆる形態に豊富に生み出し完璧にこの生態系を維持できる。
 ・ 
宇宙に存在する万物は、人体を含めて実験的に生み出された存在なのです。
 ・ 
人体は最も成功で壮大な存在として生み出され、並外れた能力・・・同時に二ヶ所に存在したり、空中浮遊したり、他の場所へ瞬間移動したり、自然のエネルギー・メンタルズや天使、アセンテッド・マスターたちとも会話したり、地球の中心部を垣間見たり出来る能力が備わっています。
 ・ 闇の勢力が、アブダクション等を行い、(本来備わっている超能力を)自分達の身体に移し、確立したがっていたが結局できなかったため、あなた方の能力を押さえこもうとした。
 ・ 闇の勢力は、眠れる大衆の上に君臨し、授けられた能力に気づかせないようにあなた方を仕向け、現在に至っている。
 ・ すべての動物達には意識があり、あなた方と同じ進化の過程状にある。植物、鉱物なども皆同じ状態にある。
 ・ 地球内部の世界には、地上で絶滅した動物達がいまなお存在している。
 ・ 肉食から装飾へ帰ることで、動物達が抱えてきた恐怖本能が消えて、大人しくなっている。
 ・ 今多くの動物達が地球を去り、出身母星へ戻ることを選択している。(イルカやクジラは、シリウス星)。
 ・ すべての昆虫は、私達の生態系に有益で、土壌を肥やすことに貢献している。 テレパシーで、私達とコミュニケーションを取りながら、園芸の仕事を助けている。
 ・ テロスでは、食べ物を焼くのではなく、分子構造を変えたり、ライフ・フォースに害を与えたりせずに、温めるテクノロジーがある。
 ・ あなた方の“焼く”ことによるライフ・フォースの消失が寿命を短くしてる。(数百年だった寿命が80年位まで短縮)。
2.《 テロスと地上世界が融合する日 》
 ・ 他人を助けることに励むことが、最優先される社会。
 ・ あなた方多くの人々が目覚め、宇宙の法則と真実に気付き、日々の暮らしにそれを反映させるようになれば、闇の世界は(消失するでしょう)。
 ・ 今5次元の光の世界へ向けて目覚めようとしています。
 ・ 集団の進化レベルを決定するのは、
全住民(全人類)の大衆意識にあることを理解してもらいたいのです。
 ・ 間もなく私たちは、地上に姿を表します。(地上人類の意識があるレベルまで上昇した時点で。 5次元意識の人数が臨界点に達したら)。
 ・ 今は、地球にこれまでにない激しさで、多量の光(進化の光エネルギー:フォトンエネルギー)が、流れ込んでいます。
 ・ 地球の至る所に設置されたアセンションのポーターは、あなた方を地球内部へと導くために、今、開かれようとしている。
 ・ かつて数人の魂が内部(地底王国)へ入ることが許されましたが、ひとたび入り込んだ魂は、私達と留まるか、彼らの母星へ旅立つことになっていました。
 ・ 今日、私達の存在を多くの人々が知るべき時が来たので、地上へ戻ることも許可されるケースがやってきます。
 ・ シャスタ山のエレメンツ(構成要素:巨岩)は、意識を持っており、オーラは数マイルに及び、あなた方と共に同じ道を歩んでいます。
3.《 闇の政府と不死への道 》
 ・ 私たちは、地上で起こる障害を、オーラを強化して遮断しています。
 ・ 
地球には光の暗号化された情報が流れ込んでいます。
 ・ あなた方の政府は、各種のマスメデアによる心理操作、食物、水、大気などを通して環境を操作することで、(光の情報を)受け取れないように、世界的規模で妨害しています。 
 ・ 
彼らの(闇の勢力)波動をオフして、創造主の波動をオンして下さい。
 ・ あなた方も私と同じように、細胞から光を発して、不死となることが出来ます。
 ・ ひとたびあなたが地上で平和に暮らし始めれば、細胞から光を発し始め、あなたの周囲を包み込み、地表を照らすのが誰からも分かるようになるでしょう。
 ・ あなたの光の上昇を祝う、他の次元や星系からの偉大な存在の集団が形成されるようになり、光の状態を取り戻して、あなたは正式に惑星連合へと再び受け入れられるようになるでしょう。
 ・ あなたは自分の人生というスクリーン上で生み出したい役を演じて生きるということで、あなたの夢は実現するでしょう。すべてはあなた次第です。
 ・ あなたの人生を夢に描いて下さい。
 ・ あなた方の労働・仕事は政府やメディアによって歪められています。闇のデータバンクでなく、
創造主のデータバンクからの光を受けて下さい。
4.《 死と加齢の暗号を解くために〜アダマからのメッセージ 》
 ・ 
祈りの力は強大で、地球の意識の上昇に伴って、あなた方を地球とバランスさせます。
 ・ 
祈りは宇宙へと向かい最高創造主へと届いた途端、その被造物であるあなた方は、愛で満たされるのを感じられるはずです。
 ・ 地上の嵐は、地上の人間達の過去・想念を運び去り、無に帰すために吹いていることを知って下さい。
 ・ 地球は、地上を循環する風で自らの汚れを吹き飛ばしている。
 ・ ハリケーンや竜巻は放送電波(人類の利己的想念・恐怖心)からの恐れや否定性(悪想念・行為エネルギー)を取り除く強烈な風の例です。
 ・ 地上のあなた方と地下の私達の想念は、地球の“光の電磁グリッド”で繋がっています。テレパシー。
 ・ テロスで楽園を創った方法は、“夢と想念”です。 
愛と光に満ちた想念を宇宙に発信すると、私達に戻って現実化する。
 ・ 夜寝る前の想念は、自己の現実に投影されるので、各々の想念を光で包み込むこと。
 ・ 自己の想念をコントロールし、自分の意志の純粋・権威ある自分を見なすこと。(本来備わっている完全性を思い出す。認めること。)
 ・ そろそろ神のもとへ戻り永遠なる宇宙の法則に再び慣れるべき時に来ています。
 ・ 想念は物理的な形態へと具現化します。
 ・ “習うより慣れろ”という格言があります。あなた方は既に習っている。神の輝きを知ってい理解しているので、後は慣れるだけです。
 ・ 私達は12本のDNA鎖を持っているので、過去数千年間に得たすべての知識とテクノロジーを失うことなく、無傷で保ってこられた。
 ・ 私達は皆仕事を持っており、なすべきことは全員が交替で行い、長い生涯において多くの仕事を学びます。
 ・ 長く生きるだけ、多くの技能を磨くことが出来る。
 ・ あなた方の信念体系が「創造の完全性と調和」へと変われば、本来意図されている節を得られるということを意味します。
 ・ 短い寿命はあなた方の発展に限界を与え、同じことを成し遂げるために、繰り返し“生”を受けるという状況を生み出してきました。
5.《 樹木存在からのメッセージ 》
 ・ 樹木はまるで生きた図書館のように、千年以上も
地球の知恵と情報のすべてを蓄積してきた偉大な存在。
 ・ 彼らは自己の内なる霊性から発せられる光波の塔であり、そのオーラは空を満たしています。
 ・ 人間が彼らの周波数に同調して繋がれば、彼らは膨大な情報や神話・伝承を地上の人間にもたらす「光の柱」となります。
 ・ 樹木は自己の内部に目録システムが備わっており、すべての情報を分類し、簡単に引き出せるように保管します。

 ・ 樹木とクジラ目の動物達の協力を得れば、あなた方人間はすぐに知識を得られます。魂に吸収するだけで良いのです。
 ・ 地球と宇宙のすべての物語は既に書き終えられ、製本されていて、樹木内部の図書室に保管されている。
 ・ 彼らはあなた方に貸し出しカード・・・あなた方自身のDNAに番号が登録されていて、好きな時に情報を持ち出せる・・まで与えています。
 ・ 樹木、クジラ目の動物達と波長を合わせて下さい。
 ・ 銀河司令部に仕える私達樹木は、沢山の次元に枝を伸ばし、地上の見張り番として立つ「地上のクルー」です。
 ・ 私達樹木は、創造主のシンフォニーの一部です。暗号を解いて、私たちの歌声を聴いて下さい。私達とつながることで、あなた方は宇宙を駆け巡ることが出来るのです。
 ・あなた方が木を一本切るのは、図書館の一室を失うのと同時に、あなた方自身の一部を失うようなものです。 なぜなら地上のすべての種は、自分達のDNAの中に他の存在の一部を抱えているからです。
 ・ 私達は皆一つであることを覚えていて下さい。(
ワンネス意識
 ・ 知りたいことがあったら、私達の幹に手を当てて、質問して下さい。私達樹木は宇宙茅野腕暗号化された膨大な情報を保有し、広大な地下コミュニケーション網を形成しています。
 ・ 私達樹木は、記録保管者でもあります。枝は、情報と共に積み重ねられて成長します。 葉は、地殻を歩くあなた方の言葉や行動を取り込む記録板です。
 ・ 大半の災害は、地上で増えすぎた人口を減らすための故意に引き起こされている。
 ・ カリフォルニア大火災は、秘密政府による環境テロ。〜墜落した宇宙船から開発され、地球外生命体によってもたらされたテクノロジー。気象兵器。
 ・ 闇の勢力は、“分割統治”戦術を行使してる。
 ・ あなた方も同じ神による創造物だというのに、私達樹木存在だけでなく、自然の創造、自然の生命体のすべてと関わろうとしないのでしょうか。あなた方の意識を私達に向ければ、地上の至る所で見られるすべての圧政を克服できるのです。
6.《 日本人読者の為に 〜 日本列島の地下にもアガルタ・ネットワークがあります 》
 ・ 日本列島の地下には、アガルタ・ネットワークに繋がった地底都市やトンネルが存在し、それらに通じるポータルがあります。
 ・ 人々をその祖先へと繋げるルーツは、その人の入植前の地理的存在によって決まり、地球上の場所とは限りません。元々の出身星系によっても変わってきます。ルーツは重要でななく、“根源”へ繋がるルーツが重要なのです。
 ・ 私達がお互いにテレパシーとハートで繋がっている際、時間と空間は存在しないのです。 
 ・ 私達とハートで繋がることが出来るように留意して下さい。
 ・ 私達は縦横無尽に移動できます。誰かが自己のハートを私達のエネルギー流につなげれば、その人がどこで暮らしているか正確に把握できます。あなた方一人一人の為に、あなた方の国家全体の為に、私達は現れるでしょう。
 ・ 
個人のアセンションへ、またはディセンションの生き先は、個人の意識と選択次第で、その幅は無限にあります。
 ・ 個人の意識レベル、魂の契約、経験などの要因次第で、その選択の幅は無限です。
 ・ 
(2012年冬至から本格的に始まるアセンションは、自動的にすべての人々が達成されるのではなく、個人の意識次第で、次元下降する人や留まる人など千差万別。 2012年冬至を過ぎてから十数年かけて大浄化が始まり、数十年以上を要して、地球は5次元化するようです。 進化の波に同調出来ない魂の人々は、魂の次元にふさわしい其々の星へと転生していく。  個人の魂のレベルと意識のレベルに応じて、進化のペース、方向などが選択、決定され、今後も数億年の長い魂の旅を経て本源の世界にたどり着くと思います。) 
 ・ 地上の闇の勢力は、私達の存在を恐れているため、私達が介入すれば、地上は大混乱となり戦争が始まる。
 ・ 地上の人々が闇の勢力でなく、私達を支持して、闇の勢力を根絶すべく私達に助けを求めるようになったら、初めて、私達が地上に現れることになる。
 ・ 自己の想念が、未来に反映される。・・・宇宙の法則。

V.考察

 ・ 過去数百年以上前から、世界各地で「地底王国」の存在について色々語り継がれてきました。しかし、未だに一般庶民にとっては、夢の世界の存在でしかありませんでした。地上の地球人類のレベルが低い為、極断片的な情報しか得ることが出来なかったとおもわれます。
 ・ 更にはいわゆる“闇の勢力”の影響が多大なため、目覚めが抑えられ、今日まで数千万年も進化が遅れてしまったと思われます。
 ・ 「地底王国」は、地上の我々から普通の状態では、認識できないとおもわれます。心を浄め高め上げ、波動を4次元レベルまで上昇させることで初めて認識できる世界とおもわれます。現在までは生れつき波動の高い人や特別の使命を持って生まれた人などが、交流できるとおもわれます。
 ・ 肉体波動に近いアストラル体で活動し、極一部の使命を持った人が地上で生活しているとおもわれます。
 ・ 地上人類は、ある程度の高次元の波動にならなければ「地底王国」に入ることは不可能とおもわれます。
 ・ 地上人類の波動が一定以上に上昇した時に、認識できるようになり、同時に地底人類も地上に現れてくるとおもいます。
 ・ 現在、地球の光は急速に強まっており、まもなく世界中で目覚める人々が燎原の火のように、急速に広がっていき、同時に「地底王国」の存在も知らされ認識できるようになるとおもわれます。
 ・ 真理に目覚めた神人(小救世主・アバタ)が臨界点(14万4千人)に達し、真理に目覚めた人が5,500万人に達すれば、地上の次元が上昇し、地底人を確認、交流することができるようになるとおもいます。
 ・ 今および今後の人類の意識次第で、アセンションの進捗状況は変わりますが、2012年年末以降地球の次元が上昇することは確実なため、真理に目覚め地球と同調できる人類の割合がどの程度になるかによって、将来の地球の進化度合が増減するようですので、是非とも多くの人々が目覚められることを願っています。
 ・ 地球のアセンション完了と同時に、地下の人類が地上に現れ、目覚めた多くの地上人類と共に生活を始め、平和な世界の樹立、惑星連盟への加盟等、一人前の宇宙人類としての活動ができるようになれるとおもいます。
 ・ やがて皆人間の本質を理解し、感謝あふれる平和な生き甲斐のある生活が待っています。大いなる希望を実現しましょう。

W.地底王国シャンバラ関連の歴史 

 * 1990年〜、米国ダイアン・ロビンスが地底都市テロスのアダマと空洞地球のコスミからメッセージを受け、「超シャンバラ」を出版。
 * 20世紀後半、ヒマラヤ山脈、チベット、アンデス山脈、シャスタ山などで、発光現象やUFOの目撃が続発。
 * 1993年、ツァンポ大峡谷が秘境として存在が公表され、中国政府の派遣探検隊により調査が始まったが、一切全容は明らかにされていない。 中国政府は現在まで一切立入禁止のまま。
 * 1967年〜68年、気象衛星が北極と南極に穴らしきものがあるのを撮影。
 * (1947年)、リチャード・バード少将が再度北極点探検南極探検飛行の最中に大陸の大穴の中へ迷いこみ、氷原のあるはずの場所に緑あふれる谷間を発見。1956年にも再確認。  ※ -3
 * 1946年、アメリカ遠征隊(リチャード・バード)がハイジャンプ作戦で南極探検、不可思議な事件多発により8週間で中止。
 * 1945年、ナチス・ドイツは第三帝国を南極に確立、Uボートで地底王国とのアクセスを試みる。  ※ -2  
 * 1936年以降ナチスも「アガルタ探検隊」を結成、黄金都市「ヒラニプラ」を求め世界中に調査隊を派遣し、シャンバラ側の協力を得て多くの情報を得る。その後非協力的、歯止めがかかり、秘密兵器等未完成に終わる。
   (太古の空飛ぶ円盤“ヴィーマーナ”の製造を終戦直前にほぼ完成させたが試験飛行のみで戦術に利用する前に終戦。)
 * 1928年、レーリッヒがシャンバラの入口とおもわれる、ブータンからヒマラヤを超えた場所にあるツァンポ大峡谷を探索。
 * 1926年、リチャード・バード少将が航空機による初の北極点到達を成し遂げた。途中、霧が晴れ森林地帯やマンモスなどを発見。高度に進化した存在者達と出会い、地上世界の人類に対して目を覚ませるようなメッセージを託された。(体験日記:失われたリチャード・バード少将の日記)
 * 1913年、アメリカのガードナーが「地球内部への旅」出版。
 * 1829年、ノルウェー人漁師親子が、地底都市に入り込み、地底世界の賢人である巨人のマスターに出会う。地底世界を案内され2年半そこで過ごした後、地上に戻る。(体験記を1908年出版:スモーキー・ゴッド)  ※-1
 * 1800年代、アメリカの陸軍大尉のシムズが本格的な地球空洞説を発表。現在の空洞説の原型となる。
 * 1692年、ハレー彗星発見者のエドモンド・ハーレーが、地球空洞説を発表。
 * 1627年、二人のイエスズ会士(ステファノ・キャセラとヨハネス・カブラル)が、シャンバラの存在を知る。
 * 17〜18世紀、天文学者や数学者、物理学者が相次いで“地球空洞説”を説く。 
 * 7世紀頃、密教の書物に記録あり。ダライ・ラマは「シャンバラ」は瞑想で行けると説く。

 ※-3: アメリカ軍による地底王国の発見   
   1947年2月、アメリカ海軍のリチャード・ E・バード少将は、第68機動部隊を編成して 「ハイジャンプ作戦」という名の北極探検の指揮をとり、飛行機で北極点を目指していた。その際、天候が急変し、視界ゼロの状態になると同時に、高度が下がりだした。すると突然視界が開け、眼下に緑の原野、森林に川、湖等が見えたそうで、そこにはなんとマンモスの様な動物が生息していたと言う。
バード少将は、新大陸を発見したのではないかと躍起になったそうで、それから9年後にも彼は再び北極を訪れて、地球内部に迷い込み、マンモスらしき姿を確認した。
バード少将は他の地域にも地球内部に通じる場所があるはずと考え、各地に探検を繰り返しており、南米のジャングルの中に大穴を見つける。
その大穴は底まで約1000m程あっで、バード少将はヒマラヤのシェルパを雇い、ロープをつたい降下しました。
穴の底にはジャングルが広がっており、バード少将一行はそこで足が8本ある昆虫や、鼻で歩くねずみの様な動物等を見たという。
さらに、彼等はそこで人間が200人以上住んでいるのを発見したという。
彼等は太陽の光に当たらない為か、白人よりも色が白かったそうだが、服をちゃんと着ており、文明を持っていたと言う。
バード少将は、この民族全員が長い槍を持っていた事から、彼等をランス(Lance=槍)族と名付けたそうで、彼等はバード少将一行を快く迎えてくれた。
バード少将一行は約1年間、ランス族と暮らしたそうで、その間の生活の様子を、バード少将は日記に書き綴った。
そして、バード少将はそれをシェルパに託して、自らはもうしばらく残る事にしたという。
しかし、シェルパは地上に出られたものの、ジャングルで道に迷った際、この日記を紛失してしまったと言われている。

 ※-2:
ナチスの地底王国との交流   
 ナチス軍は1938年、南極大陸を探検し、大規模な調査を行い、4000メートル級の山脈や、内陸部には、雪の降らない地域と温水湖を見つけ、南極大陸の一部を「ドイツの領土」と宣言した。その地下にUFOの秘密基地を設置したと言われている。虹の都は今から250万年前に飛来した天人の子孫『ハクラン』が、南極大陸の地下300メートルに建設した地下都市があるという。都市は全部で7つあり『赤の都市』・『青の都市』・『緑の都市』など、虹の色にたとえられた名前で呼ばれていた。都市は6層から成っており、グラスファイバーのような半透明の物質で建設され ている。光源は、人工照明のほかに太陽を巧みに取り入れる工夫がなされていた。各都市は、透明なチューブで結ばれ、その中を変わった乗り物がすばやく動いているという。
 ・ ヒトラーは、地下王国アガルタの研究にも熱心で、1920年代には、チベットからベルリンにラマ僧を招いてアガルタの首都シャンバラに通じる道について秘儀の伝授を受けたとされる。地球の内部には数多くの地下都市が存在し、地上とは別個の文明が栄えている。
 ・ ヒトラーはこのテクノロジーが兵器になるだろうと考えていました。
VRILは1937年に RFZ(Rundflugzeug)という丸い飛行機シリーズを開発し、最終的にはRFZ-7 まで開発しました。 1944年までにTHULE は HAUNEBU I-III seriesを完成。 なかには200人もの兵士を運べる大型の円盤もありました。葉巻型の長さ139メートルのANDROMEDA_GARAT(ANDROMEDA DEVICE)も開発されました。VRIL-7 は惑星間航行用に開発されました。 戦況悪化により、円盤の製造工場をポーランドの地下鉱山跡地に移します。 また、VRIL-7を使ったタイムトラベルの実験では時空間旅行からもどってきた機体はまるで数百年を経ていたように外殻が劣化しちゃいました。はてさて彼らは戦後いったいどこに消えちゃったのでしょうか? 戦争も後半になるとドイツのUボートが頻繁に南極大陸や南アメリカに向かいます。 1942年にはMARIAのような金髪美形のARYAN種の17-24歳の女性を10000人も南極地下の秘密基地BASE211に輸送していたのです。また2500人のSS兵士もそこに輸送したのです。


 ※-1:
北極圏の地底都市
   1829年4月、スウェーデンの漁師であった父エンスと息子オラフのヤンセン親子は、小さな漁船に乗ってノルウェー沿岸を北上していました。
やがて北極圏に入った時に、暴風雨にままわれ暴風雨は数日間吹き続いて止み、ヤンセン親子はようやくおさまったと思ってホッとしたが、どうも周囲の様子が変だった。遠くで鈍く輝く赤い太陽もおかしい。
違和感を感じながらも漁船を進めていると、目の前に巨大な船が現れたので、 ヤンセン親子は助けを求めて近づいて行ったが、その船の乗組員達を見て驚いた。なんと、彼等は全員身長が4m以上もある巨人だったのだ。ヤンセン親子は驚き警戒したが、意外にも巨人達は親切で、友好的に接してきた。
巨人達の言葉は聞き慣れないものであったが、サンスクリット語に似ていたそうで、かすかに理解する事が出来たという。建物は黄金で色どられ、屋根やドア、テーブルにも純金の薄板が張ってあり、何もかもが巨大で、農作物も豊富で、リンゴは人間の頭程の大きさがあったという。
巨人達は陽気で優しく、よく歌を歌い、平均寿命は800歳前後であったとの事で、彼等は太陽を「霧立つ神」として崇拝していたという。イェフの町で1年間を過ごしたヤンセン親子は、「エデン」という、この巨人の国の首都に住む、この世界の王たる大司祭に拝謁する機会を得たそうで、彼は他の誰よりも大きな身体をしていたという。 ヤンセン親子は、大司祭にこの世界に辿り付いた経緯を話した上で、望む限りこの国に滞在する許可を与えられ、この後、さらに1年程この国で過ごす事になる。 そして、この世界で丸2年を過ごしたヤンセン親子は、ついに元の世界に帰る決心をした。旅立ちにあたり、巨人達は金塊と、この世界の詳細な地図を土産に渡してくれた。巨人達に別れを告げたヤンセン親子は、自分達の漁船に乗り込み、海を南へと 出発した。
再び水のトンネルを抜けると、ようやくヤンセン親子は元の世界へ帰ってくる事が出来た。
だが、そこは最初に迷い込んだ北極の海ではなく、反対側の南極の海だったのだ。故郷のスウェーデンに帰るには、地球を半周しなけらばならず、ヤンセン親子は途方に暮れたが、仕方無く航海をする事にした。
ところが、不運は重なり、ヤンセン親子の漁船は嵐に巻き込まれ、沈没してしまったのだ。
この時、父親のエンスも、巨人達がくれた土産も漁船もろとも海中深く沈んでしまったという。
なんとか一命を取り留めた息子のオラフは、氷山に乗って漂流しているところを、たまたま通りかかった捕鯨船に救助された。
その後、ヤンセン親子の体験したこの事件は、誰も信じようとはせず、結局は単なる狂人の妄想であったという事にされてしまったという。
しかし、ヤンセン親子以外にも、北極海で同様の体験をした船乗りが何人もいるそうで、ノルウェーの漁村等では古くからこの様な話が伝えられているそうだ。

※ 南極の他にも、UFO秘密基地は南米にもあったという。南米のUFO目撃情報が多発しているのと関連がある。
 ・ シュメール文明は、おうし座のALDEBARAN系からきた宇宙人が地球に起こした文明。

古代ギリシャの神話では、タタール人(ロシアの民族のひとつ)についての不吉な地下社会の伝説が語られている。
  紀元前 500年頃の古代ギリシアの自然哲学者アナクサゴラスは、空気球とエーテルの雲によって囲まれる平らな地球のモデルを提唱している。
  1818年に、アメリカ陸軍の大尉だったジョン・クリーブス・シムズは「同心円と極地の空洞帯」という著作で「地球空洞説」を唱えた。地球は厚さ1300キロメートルの地殻で、各々の両極に直径2300キロメートルの開口部を持つ五層の同心球であり、地表の海はそのまま裏側にまで続いているという考えを提唱した。
  アメリカの医師だったサイラス・ティードは、1869年に、凹面地球モデルという概念である「空洞宇宙起源論」を提唱した。
これより先に、イギリスの天文学者であるエドモンド・ハレーは、1692年に地球空洞説を発表しており、「地球内部は明るく、居住可能である」としている。

※《シャスタ山
 
・ 両極につぐ、地底王国への出入り口がある場所。
 ・ サンフランシスコから北へ飛行機で1時間のところにある、マジックパワー、エネルギースポット、ヒーリングスポット。
 ・ マウントシャスタは、標高 4,317m。
 ・ 聖なる祈りの場。
 ・ 世界の7聖山の一つ。
 ・ シャスタ山は地球のチャクラの第8チャクラ。
 ・ 役割は地球からの情報を地球の周波数に変革、その情報を人類や生物が受け取りやすいようにする役目。
 ・ 多くの覚醒したマスター達、キリスト、マリア様、大天使ミカエル、ガブリエル等がこの山に現れ、多くのチャネラーを通してメッセージを得ている。
 ・ 非常に短い時間で深い瞑想に入れる。
 ・ 怪光が頻繁に出現することで広く知られている。多数のUFOの飛来が目撃されてきた。
 ・ この山の内部には、トンネルが網の目のように張り巡らされており、地下王国が築かれていると言われている。
 ・ シャスタ山の地下にある地底都市テロスへの入口は、厳重にカモフラージュされている。時期が来れば場所が教えられる。
 ・ 1904年秘密のトンネルをロンドンの鉱山会社に雇われた地質学者「ブラウン」が発見、入口から約18k奥には多くの部屋があり、どの部屋も文字が刻まれたプレート、金製の表具等多数あった。彼は入口を封印後、姿を隠し各種の研究を行い資料を30年間にわたって精査、ムーやレムリア人達が残した記録であることを確信した。しかしこの情報が知れるのを嫌った勢力によって彼は消されてしまった。
 ・ アシュターコマンドであるセントジャーメインのエネルギーがあるといわれ、また地球の7聖山の一つ。
 ・ 草花が咲き乱れる草原、エンゼル、花の妖精の舞う非常に美しい場所。奇跡の泉もある。
 ・ 癒しのパワースポットとして、人気の高いシャスタへのヒーリングセッションなどのツアー企画がある。

X.関連ニュース、HP,ブログ 等
5-1 関連ニュース


*《  》
 ・ 
 ⇒ 
 

*《 地球空洞説を証明する各種データ 》
 ・ 地球空洞説を証明する衛星写真や事件等、次第に暴露されてきました。
 ⇒ ⇒ * 地球空洞説を証明する驚愕映像! これが地底国アガルタの入口か? スノーデンは地底人の存在を暴露!
    (2017.02.09)

*《 人類史の真実を映し出すホログラムを発見 》
 ・ ルーマニアの洞窟内で宇宙人製の「ホログラフィック図書館」を発見か!? 地球史の9割がウソであることも発覚!
 ・ ホログラム映像で語られていたことが真実であるならば、ダーウィンの進化論がまったくの間違いであるだけでなく、90%以上の人類史は間違っているか捏造されていることになるという。むしろ、真実の歴史は古代の神話や伝説の類に保存されていて、たとえば、恐竜は6500万年前に絶滅していないし、アトランティスなどの古代大陸は実在したとホログラムは説明していたそうだ。
 ⇒ ⇒ * ルーマニアで発見された「ホログラフィク図書館」の意味|something new one 2(光と共に…/ルミエール・ラピ)(旧:未来を救う為に何が出るのか!)  (2016.12.12)

*《 セドナ 》
 ・ 強いヴォルテックスがあるセドナ、2016年11月11日に地球のポータルの一部が解放。
 ⇒ 内部地球アガルタ(シャンバラ)への入口があるパワースポット・セドナ(アメリカ・アリゾナ州)空中都市も出現。|マニアック観光スポット  (2016.11.13)
 

*《 南極以外に北極にもナチの秘密基地があった。? 》
 ・ ナチス軍は1938年、南極大陸を探検し、大規模な調査を行い、4000メートル級の山脈を発見。内陸部に雪の降らない地域と、温水湖を見つけた。
   
地下にUFOの秘密基地を設置したと言われている。
 ⇒ 北極に『ナチスの秘密基地』発見!実は南極にも?という噂 - NAVER まとめ     (2016.10.27) 

 *《 アメリカ軍事秘密地下基地が暴露された 》
 政府の最高機密 
 
⇒ ⇒ * [YouTube]アメリカ軍事秘密地下基地が暴露された ?『今からお見せするのは政府の最高機密』? - シャンティ・フーラの時事ブログ 
   (2016.03.29)

*《 地球レプティリアン女性のインタビュー 》
 ・ 地球人レプティリアンの概要、歴史。
 ⇒ 地底空間アルザル/地底人「地球レプティリアン・アガルタ・シャンバラ」 宇宙人と世界政府のまとめ(2016.02.24)

 *《 トルコ・カッパドキアで最大級の地下都市を発見 》
  ・ トルコ・カッパドキアから最大級の地下都市が発見された。
   400万平方メートル以上の大きさと考えられ、数千人が収容できる規模。地下には換気口や水路などのインフラ以外に、教会やワイン収納施設なども確認されている。
 ⇒ ⇒ * 【凄すぎ】トルコ・カッパドキアの地下から最大級の地下都市「シャンバラ」が発見されたぞ!!! はちま起稿 (2015.03.28)

*《 エドワード・ スノーデン氏、
「地底の高度文明と地底人」を 暴露 》
 ・ 元・CIA職員、エドワード・ スノーデンさんが、アメリカ国家安全保障局( NSA )の監視文書の情報をリーク、体を張ってアメリカ政府らの盗聴問題を暴露し、更に「地底の高度文明と地底人」を 暴露。
 ・ 地球の内部に高度な知的な人々が存在するという衝撃的な内容だった。 
 ⇒ ⇒ * 地 球 情 報 局 元CIA職員エドワード・スノーデンが地底の高度文明と地底人の存在を暴露?   (2014.05.07)  

* 《 逃亡中の元米中央情報局(CIA)職員のエドワード・スノーデン氏が、
UFOの存在と地底人の存在を暴露。》
  ⇒ アメリカ国家安全保障局( NSA )の監視文書の情報をリークした人物として知られることになったエドワード・スノーデンはベネズエラへの亡命を許可された。そのスノーデンは、安全な場所で、とても衝撃的で世界を揺るがすような政府の秘密文書を私たちと共有する意志を示した。
 DARPA (アメリカ国防高等研究計画局)の契約人たちのほとんどは、地球のマントルに、ホモ・サピエンス(現生人類)の生命よりもさらに知的な人類種が存在していることを確信しています」。その後も200年間は地下に潜り続け、やがて輪廻転生を地上で繰り返し、今の時代に再会して最後の役割を果たす段階へと進んできました。早ければ2年後になりますが、地底へと去った彼らが、再び地上と繋がり、そして天(宇宙)とも繋がってまったく新しい地球の時代が始まろうとしています。
今は、まだ時ではありませんが、人類(地上人)の霊性進化とともに、彼ら(地底人)を受け入れる心(魂)の準備ができたら必ず姿を現すことでしょう。

 (2013.7.12)


*《 
エドワード・スノーデンが地底人の存在を暴露 》
  ・ アメリカのCIA(中央情報局)とNSA(国家安全保障局)の局員として諜報活動に携わっていたエドワード・スノーデンが地底人の存在を認めた秘密文書をはじめた”。
  
⇒ ⇒ * 地底人の存在とは! そして、興味深いその”秘密文書”とはいかに〜!! 世の中の不思議な現象・映像とは何かを検証しよう (2013.08.16)


5-2 関連HP、ブログ

* 終戦直後「アドルフ・ヒトラーと少数の側近が、南極にある(アガルタの)開口部を通って地球内部に脱出した」記事が広く流布。
 ⇒ 【徹底解説】地球空洞説と地底王国「アガルタ」の謎 ヒトラーも地下世界に逃げ込んだ! (2016.05.19)

*《 シャンバラ 》
 ・ シャンバラ伝説 まとめ
 ⇒【地球空洞説】第4章〜シャンバラ伝説 究極のまとめ.com (2016.02.23) 

*《 伝説の理想郷シャンバラの解説 》
  ⇒ 【地球空洞説】シャンバラの謎【伝説の理想郷】 - NAVER まとめ  (2014.12.19)

* 想像を絶する地底世界の話
 ⇒ 不思議館〜古代の不思議〜謎の地底王国アガルタ

*《 「シャンバラ」の謎と地球内天体 》
  ・ 地球空洞説とシャンバラの概要、歴史の開設レポート
  ⇒ 宇宙NEWS LETTER 2014 「シャンバラ」の謎と地球内天体 不動明 (2014.10.9)

* 《 「シャンバラ」の謎と地球内天体 》
 ・地底王国「シャンバラ」 
 ⇒「シャンバラ」の謎と地球内天体 1 (2014.)

* 《 シャンバラは実在した。謎の地底都市探検レポート 》
 ・ シャンバラ実在を紹介してるブログ
 ⇒ Imperial News Network シャンバラは実在した! 謎の地底都市探検レポート (2013.7.9)

*《 【地球空洞説】地底人の謎 その入り口とは 》
 ・ アガルタの地球空洞空間と、レプティリアン達が住んでいる地下空間の違い。
 ⇒ 【地球空洞説】地底人の謎 その入り口とは SCOOP速報!! (2015.04.30)

* 《 光の地底都市テロスからのメッセージ 》
 ・ [超シャンバラ]空洞地球/光の地底都市テロスからのメッセージ No7
 ⇒ ありがとうございます。 [超シャンバラ]空洞地球-光の地底都市テロスからのメッセージ 7(2011.02.28)

* 《 驚異の地底王国シャンバラ  》
 ・ アセンション研究所のブログ
 ⇒・ 地球内部の亜空間 ( その他自然科学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ (2010.11.07) 
 ・ 地底空洞の生活 ( その他自然科学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ   (2010.01.25) 
 ・ 地底大国・シャンバラ ( その他自然科学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ(2009.12.21)
 ・ 地球空洞を体験した人々 ( その他自然科学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ (2009.03.27)
 ・ 地下の空洞地球1 ( その他自然科学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ (2008.08.15)
 ・ 地下の空洞地球2 ( その他自然科学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ (2008.08.15)
 ・ 北極の地球内部の入り口 ( 天文学 ) - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ  (2008.06.18)

5-3 関連フェイスブック

* 《 地底都市テロスからの通信 》
 ・ 地底都市テロスからのメッセージを シェアー。
 ⇒ 地底都市テロスからの通信 



Y.Uチューブ:地底王国シャンバラ関連映像

  地底王国シャンバラ関連 Uチューブ    件   名  UP日
     
     
     
地球空洞説の真実を求めて北極が地底人に通ずる入口なのか 2017/03/19
2017/03/16
   衝撃 地球内部に迷い混んだリチャードバード少将が見た異世界とは  2017/03/11
   月の内部は空洞でありそこには異星人が住んでいるという説 - YouTube  2017/03/09
   衝撃 地球内部迷い込ん2年間過ごしたヤンセン親子の謎 最先端科学  2017/02/22
     
【地球空洞説】第29章〜地底世界の入り口を撮影した極秘映像 究極のまとめ.com  2016.03.31 
極秘映像 アガルタ - 地球内部の入り口 Top secretAGARTHA - INNER EARTH ENTRANCE.mp3 (4.73 MB) - Download MP3 Free Mp3 Converter  2016.02.06
   地球の内部が空洞だった説が衝撃的すぎる ... - YouTube  2016/02/06
     
     
  地球内部空洞だった説衝撃的すぎる ... - YouTube  2015/12/12
  【閲覧注意】地球の内部が空洞だった説が衝撃的すぎる・・・ @ - YouTube   2015.11.21 
【閲覧注意】地球の内部が空洞だった説が衝撃的すぎる・・・ A - YouTube  2015.11.22
【閲覧注意】地球の内部が空洞だった説が衝撃的すぎる・・・ B - YouTube  2015.11.25
   ミステリー地球の内部には高度文明が・・・ ≪地球空洞説≫ - YouTube  2015/08/23
【知られたくない事実】 - 地球空洞説 - YouTube  2015.06.20
   地球の内部の秘密 - YouTube  2015/06/18
   地底人が住む伝説の謎の地底王国は本当にあった【Space-age TV】都市伝説,Part11 - YouTube   2015.01.04
     
【地球空洞説】シャンバラの謎【伝説の理想郷】 - NAVER まとめ  2014.12.19
 
 
シャンバラ_SHAMBALLA(地底の楽園) dj-REAL-利唖瑠@kolob.indigochildren - YouTube  2011.08.22.