宇 宙 と は 

   

1.  宇宙機の概要
2.  宇宙機の種類
3.  宇宙機の飛来目的
4.  なぜ宇宙機は姿を現さないのか
5.  宇宙機の構造
6.  宇宙機の飛行原理
7.  宇宙機のニュース
8.  UFO遭遇、宇宙飛行士
9.  UFOの里
10.   UFO記念日
 UFO動画 リンク集
 
  “空飛ぶ円盤”、“UFO”、(未確認飛行物体)を見たいと思ったことはありませんでしたか。
  日常の忙しい生活の中で、直接関係ない宇宙のことなど無関心の人のほうが圧倒的に多いと思います。   
  ましてや、UFOなど御伽噺の世界のことだと、ほとんどの人が決めつけていました。
   しかし、今は、時代が変わろうとしています。
  いつまでも、UFOが存在するの、しないのと議論している時代ではありません。進歩が遅れてしまいます。時間が勿体ないです。

 事実を早く認識する必要があります。たとえこの目で見られなくても。 疑っている人は、何を見せても理屈を捏ねて、決して信じないものです。

 UFOの存在を現象面のみに傾倒することは、表面的な浅い宇宙の状況しか理解することが出来なくなってしまうでしょう。 宇宙人崇拝や現実社会からの逃避に結びつく恐れもあります。 また依頼心を助長させてしまい、自主性を損なったり、尊厳性を失ってしまう恐れがあります。
  心を鎮め、心を広げ(オープンマインド)謙虚な気持ちで考えてみましょう。

 宇宙の真理に気づき、人類の真の生き方を実践していくことで、確実に宇宙の真相が理解できるようになり、先輩「宇宙人類」との交流もやがて訪れるものと思います。
  
間もな訪れる、2012年冬至から始まる地球世界の精神的ルネサンス、大進化・アセンションをスムースに達成していけるよう、意識を高めた日常生活を心掛けたいと思います。
 実質的に二十一世紀に入った今日、UFO・宇宙機の存在を肯定し、地球人類より進化した先輩宇宙人類と交流し、宇宙の真理を体得し、彼らの優れたあらゆる分野の有益な情報を吸収・実践し、1日も早く歓喜にあふれた生活を地球人類が営めるようになりたいものです。
 2015年秋から実質的に本格的に始まる地球世界の次元上昇に合わせて、地球人類の精神的・スピリチュアル的な目覚め・進化がスムースに遂行され、波動調整・浄化現象によるあらゆる分野での大混乱や不調和な現象や天変地変的浄化現象が最小限で済むように、先輩宇宙人達の陰ながらのサポートが一層顕著になると思われます。 一人一人の意識が“宇宙意識”、“調和の意識”に変容していくことが最重要で、意識して、光明・プラス思考での日常生活を営みつつ、グローバルな心を持って行きましょう。 我々の意識が向上することで、彼らと波長が近づき交流することがやがて現実なものとなる日が来ると思います。 
 目覚めた人類の数が臨界点を越えれば、調和した平和な心を持った進化した宇宙人との交流が始まり、やがて素晴らしい宇宙科学が地球人にももたらされ、飛躍的な宇宙文明生活を謳歌できるようになると思います。 宇宙機・宇宙母船に乗り交流することも始まるでしょう。 そうなる日が一日も早く到来することを願っています。

.宇宙機の概要   (2004.10.15 UP、  2004.11.1 更新)

  ※ 当HPで扱う“UFO”は、宇宙科学の応用によって創造されたUFO(宇宙機)です。 
    第二次世界大戦中に、ヒットラー率いる組織が研究、開発した幼稚な近似UFOをほぼ完成させていました。
    終戦後、その技術をアメリカが持ち去り、研究開発が今日まで、秘密裏に続行され、アメリカ製地球型UFOが完成しているようです。
    いわゆる“影の政府”の介入により「NASAのエリア51」で不当な手段で宇宙人から技術を盗み取り、UFO完成を目指しているのが現状のようです。
     (先進ステルス戦闘機、 超先進ステルス戦闘機 反重力・フリーエネルギー航空機等)

    地球型UFOは、以下に述べる本来の宇宙機の性能を有していない単純なものと思われます。

  ・宇宙機は、宇宙の法則に合わせた、宇宙エネルギーを利用した乗り物であり、一つの独立した時空間世界
  ・宇宙機は、宇宙のエネルギーを応用出来た地球外人類が、創造・飛来している。
  ・宇宙機の移動は、
目的地に波動を合わすことで移動します。自動操縦も完備。
  ・宇宙機の操縦は、
機長の“心波”波動同調器で、光速に拘束されずに移動。
  ・宇宙機の推力は、
波動同調
  ・フォトン放射推進方式による、宇宙船の非物質化変換、時間・空間平行化移動。
  ・宇宙機の材質は、想念波動に感応しやすい 
   地球人類が現在実験で浮上した方法と根本的に相違している。(SS氏の空飛ぶ円盤浮上せり、UFOと新エネルギーで述べている原理やイギリスのサール氏の円盤等、いずれも地球科学の低次元の産物で、先輩惑星人達の宇宙機とは根本的に相違)
  ・宇宙機の外部からの隕石、攻撃等に対する安全は、
各種のバリアで確保。 ~円盤の放射電磁波で、その物体が変質解体される。加速微分子流を燃焼させるコスモトロンや強力磁場等。
  ・進化した宇宙機は、攻撃されると、バリアで跳ね返された後、発信元へ数倍のエネルギーとなって返され、攻撃機が消滅。
  ・宇宙機内は、一つの独立した時空間で、移動中も、重力その他の環境は常に
最適な状態に保たれる。
  ・宇宙機には、大きさで分類すると、無人の超小型機、有人の小型機、中型機、大型機、宇宙母船がある。
  ・宇宙機には、目的で分類すると、調査・観測・偵察用、少人数の地上移動用、惑星内移動用、恒星内移動用、銀河宇宙間移動用がある。
  ・宇宙機は、
一人の人体と同じ統御体
  ・宇宙機は、波動が精妙な為通常、地球人類のレベルでは、肉眼で見えない。→ 必要に応じて波動を荒くし観測させる。
  ・宇宙機は、機器的な物質ではなく、絶えず成長・進化している、
生きている機械です。一人の人体と同様。
  ・宇宙機は、
一つの天地。
  ・宇宙の法則を活用した宇宙機を創造するためには、精神的に霊妙なレベルに到達し、常に生命の意志を感じとりながら、完全な愛と調和のエネルギーを宇宙全体に放射し続ける人類に進化する必要がある。

 
 ・ 宇宙機の移動原理 --- 宇宙から放射されてる波動(宇宙波)をキャッチし、宇宙波受波装置と宇宙子フィルターにて波動を分離、必要な要素のみを変換・増幅させ、宇宙機から放射して一つの星と同様な状態を創造します。次に、移動先の場の振動数と同じ状態に宇宙機の波動を合わせ、速度を減速して停滞・微速~高速、増速して超高速・超光速で移動します。波動を疎にして停滞する技術が最も高度だそうです。
  ・ 波動の分離制御等は水晶結晶球体及び機長の霊体を通し、心波で行なわれる。


  ※  近い将来、“空飛ぶ円盤”は“UFO”(未確認飛行物体:Unidentified Flying Object)とは呼ばれなくなるでしょう。 正体がはっきりと分る時が訪れ、“VFO”多機能飛行物体(Versatile  Flying Object)と呼ばれるようになるようです。

 (2)《UFO情報が隠蔽されてる理由》

  ・ アメリカやロシアが30~40年も前から、UFOや宇宙人との遭遇の事実を常に隠し通しており、現在に至っても隠蔽し続けている。
  ・ しかしCIAやKGBという諜報機関の中に秘密組織を作って、宇宙人から得られる情報を、自国の軍事力の推進に役立てようと、必至にコンタクトを進められていた。
  ・ 英国空軍が第2次世界大戦中にUFOと遭遇した事実を、イギリスのチャーチル首相が時のアイゼンハワー連合国軍司令官と協議し、民衆にパニックを招き、宗教心の破壊につながりかねないとして、機密扱いにすることを決めた。
  ・ 
影の政府(シャドーグループ)等が、世界をコントロールしようと企んでおり、宇宙人から得た情報・技術等を独占、世界に君臨するため、秘密にしている。


.宇宙機の種類    (2004.10.15 UP、 )         

 ① 超小型機
     調査・偵察用  数十cm     無人。
 ② 小型機
     近距離用    数m ~ 10m  数人乗船。

 ③ 中型機 
     近・中距離用  数10m ~  100m  数10人乗船。 

 ④ 大型機
     長距離用  数100m ~  1,000m  数100人乗船。

 ⑤ 小型母船
     恒星間長距離用  数千m        数千人乗船、 小型~中型宇宙機、 十数機搭載、  葉巻型。

 ⑥ 中型母船
     恒星間長距離用  数km         数万人乗船、 小型~中型宇宙機、 数十機搭載、  葉巻型、 コロニー型。

 ⑦ 大型母船
     恒星間長距離用・短期(数百年以下)滞在用  数十km  数十万人乗船、 小型~大型宇宙機、 数十機搭載、 葉巻型、 コロニー型。

 ⑧ 超大型母船
     恒星間長距離用・長期(数千年以上)滞在用  数百~数千km  数百万人乗船、 小型~大型宇宙機、 数百機搭載、  葉巻型。

 * 以上の他に、“白色円盤”がある。     超霊妙超高次元の円盤。宇宙連合の最高責任者等乗船。
 



  《 代表的UFO 》 
  (2005.1.5 UP、  2005.2.20 更新) 

 引用写真

 1.アダムスキー型 (小型機)  (高文社発行 “空飛ぶ円盤の真相”より)  2.UFOと近未来   様HPより
Alien picture Nr. 171
 3.葉巻型母船 (SPACE PEOPLE:スペース・ピープル 様HPの“スカウトシップ写真集”より)  4. 同左 
母船写真4 母船2(mother ship photo2)
 


 5. アダムスキー(ホームベース)型  「アポロ11号撮影」
   
 (徳間書店発行 “「竹内文書」と月の先住宇宙人”より)
 6.葉巻型母船    「アポロ11号撮影」 
    着陸船の真上を通過する母船
    (徳間書店発行 “「竹内文書」と月の先住宇宙人”より)  
   
 7.葉巻型母船と小型円盤   「アポロ11号撮影」
   母船から発進する円盤
    (徳間書店発行 “「竹内文書」と月の先住宇宙人”より)
 8.葉巻型母船と小型円盤   「アポロ11号撮影」
   月の裏側の2隻の母船
    (徳間書店発行 “「竹内文書」と月の先住宇宙人”より) 

 1.《 代表的UFO 形態 》     (1~5: 学研“ムー 世界ミステリー写真集-1   UFO ”  より)
 2.《 代表的UFO形態分類 》  3.《 代表的UFO 基本的飛行パターン 》
 4.《 UFOに描かれている描写記号 》  5.《 UFO軌跡 》





.宇宙機の飛来目的        (2004.10.15 UP、 )  

 ・ 宇宙機の飛来目的は、地球世界の観測・偵察及び地球滅亡の危機からの脱出を、地球人自ら遂行出来るよう陰ながら応援すること等です。
 ・宇宙機の飛来目的は、宇宙法則に乗った大調和した超進化した惑星人類で運営されている
“宇宙連合”や“惑星連合”からのメッセージを伝える役目を遂行する為。
 ・ 地球が核戦争で滅亡することは、銀河系以外の宇宙にも悪影響を与えるので、未然に防ぐ為。
 ・ 地球上での
核実験だけでも、全宇宙に多大な悪影響を及ぼすので、常時観察し、異常事態発生に備えている。
 
 兄弟の一員としての地球人類を目覚め、苦悩に満ちた状態から救いたい愛の心の証。 
 ・ 宇宙連合(ユニオン)の使命により、地球を監視。



.なぜ宇宙機(UFO)は姿を滅多に現さないのか  (2004.10.15 UP)

 
彼らの超進歩した宇宙科学を用いれば、現在の地球上の諸問題はほとんど解決してしまうでしょう。なぜ危機に瀕している地球人類を直接援助しようとしないのでしょうか。
 ⇒⇒⇒
 ・ 現時点で、大都市にUFOや宇宙人を現すことは、地球侵略のための攻撃を開始していると考えてしまう人が多数おり、パニックとなり、想像以上の大悲劇を生ずることが分かっている為、陰からの応援に徹している。
 ・ 少しずつ刺激にならない程度にUFOの波動を荒くして肉眼に見せ、目覚めのきっかけ等を与えている。
 ・ 地球人の進化を
直接“干渉してはならない”という大原則を遵守しています。地球人類自ら解決しなければ、魂の進歩に逆行することを宇宙人達は理解している。
 ・ 直接的援助は、地球人類の進化の計画を遅らせ、地球人類の“自由”を束縛することになるのでしません。

 ・ 
地球人類がやがて危機から脱出し、輝かしき新時代を迎え宇宙連合の仲間入りが出来る状況になることを、察知し確信出来たので、間接的な手段で援助しています。
 ・ 宇宙連合としても必要以上にUFOを見せてはならない、という方針を遵守している。
 ・ UFOを見せる理由は、
   ① あまりにも地球人類が身勝手なことをし放題している時の、観の転換を促すショック療法。
   ② ワンダラーやアバタといわれる地球救済の使命をもって地球に生まれている人々に、忘れてしっまっている本来の任務を気づかせるため。



.宇宙機(UFO)の構造  (2004.12.25 UP、)      

 《参考資料》

 
 “空飛ぶ円盤と超科学”より ①②⑦、 “解明された宇宙機と宇宙人”より ③~⑥
 宇宙機の概略設計図の資料です。

  ① 代表的小型宇宙機




  ② 代表的小型母船



  ③ 代表的金星型小型宇宙機   



  ④ 小型宇宙機



  ⑤ 土星型小型宇宙機



  ⑥ 金星型小型母船



  ⑦ 代表的宇宙機到着場


.宇宙機(UFO)の飛行原理     (2005.1.10 UP、  2005.6.30 更新)

 現在のところ、真の宇宙機(UFO)の製造はまだですが、飛行原理の概要は、チャネラー等を通して得られています。

1.原始的理論   

 (運動量保存の法則の範疇)
 
  <サール式円盤> 
    サール式発電機(メビウスコイル?)を高速・高電圧状態にさせ、浮上 ---   約十m程度。制御困難。

  <フォアード・エンジン>
    電磁コイルにて発生させた重力渦動によって、真空中にゼロポイントエネルギーの流れを生じさせ、物体を単一方向へ推進させる。

  <ブラウン式電磁推進システム>
    コンデンサに高電圧を印加すると、陰極から陽極方向に推力が生じる原理を使用した推進機。

  <ハチソン効果式>
    ヴァンデグラフ発電機と2基のステラコイルを使用して、通電すると、ステラコイル間に置いた物体が浮遊、透明化、テレポーションを生じる。

 ・ 超ひも理論(電磁力・弱い力・強い力・重力)まで。

2.宇宙科学的理論

  宇宙の法則を純粋に活用集大成したもの

 
* 逆重力場推進
     ① 引力場発生機関(引力場、反力場、副反力場)によるUFOの推進。
       重力場エーテルをエネルギーとして利用


 
* 宇宙波動同調
     ① UFOの周囲に“光の波”を発生させ、周囲と遮断する。
      ② 目的地を表す固有周波数にUFOの周波数を合わせる。⇒ 周波数が一致した瞬間、目的地に出現する。
  ・ UFOの材質 シリコンを母体とした結晶複合材。

 * 宇宙波動同調(ビーム・シップ)  
   ① 目的地の情報(波動パラメータ)、座標情報を取組む。宇宙機に入力。
   ② 目的地から見る現在地のパラメータを、宇宙機に入力。
   ③ 宇宙機の周囲に向けて、目的地の波動パラメータを投影。
   ④ 機長が自分の波動を操縦指標波動に同調させる。
   ⑤ 目的地エリアに到着。

 * 宇宙波動同調
   ① 宇宙から放射されてる波動(宇宙波)を,UFO頂部の宇宙波受波器でキャッチする。
       宇宙波:七種類の働き=橙・緑・青・赤・桃・紫・黄色。 各々表、裏に働く場あり。
   ② 宇宙波は機長の“心霊波”を通じて光波となり伝導装置を通り操縦桿へ伝達。
   ③ “宇宙波受波装置”(7区分×2筒×2=196箇の霊波動に感応する鉱物より精製されたもので構成)で円盤飛行等のエネルギーを受波)と、原波照射器(宇宙子フィルター:宇宙子群を濾過する濾過原板)にて波動を分離。
   ④ エネルギーを蓄積槽に蓄える。必要な要素だけの波動を変換・増幅させる。
   ⑤ 再生器を通して、微光波に変換。
   ⑥ 円盤を自由自在に飛行させる方法 ⇒⇒ 宇宙波の変圧装置で調整、ジャイロコンパス(常時回転)の回転数、・水晶球の働きを調整、・電磁器を通し、特殊電磁波を、UFOから放射して周囲にバリアを生じ、一つの星と同様な状態を創る。
     水晶球は機長の心波を敏感に感受、円盤の運動を制御する。
     地球周辺の飛行時、種々の波動の影響を受けるので、操縦注意。
     飛行中、他の物体と接近する場合、予知機能が働き、操縦桿が安全操縦される。異常接近時円盤の放射電磁波で、その物体が変質解体される。但し、地球上の航空機等に対して被害を与えることはない。
   ⑦ ジャイロコンパスの軸受 ⇒ 蓄電槽にエネルギーを蓄える。
     ジャイロコンパスからの電磁波は物質波動と精神波動の混合。⇒  5段階の円筒型磁極と、5段階の真空管状の円筒型で構成された、誘導体通過時に精神波動が物質波動に変換。
   ⑧ 誘導体通過 ⇒  “放電管”で、荒くなった物質波動を調和した波動へ変換。円盤で利用できるエネルギーの基となる。
   ⑨ ⇒  “再生槽”で、飛行エネルギーとして使用する“電磁波”へ変換する。
   ⑩ ⇒ “再生槽”内を通過した宇宙波は、幾枚もの磁石板の間を通過しながらプラスとマイナスの波動に分離され、次の触媒の“放磁気筒”で、+性と-性を持った波動が“電磁波”へ変換される。
   ⑪ 約5種類の“放磁気筒”は円盤表面に詰め尽くされ、自由に回転する噴射口で、電磁波の放射角度は制御されている。
 

   ⑫ 移動先の場の振動数と同じ状態に宇宙機の波動を合わせ、速度を減速して停滞・微速~高速、増速して超高速・超光速で移動。

  * 上記の“電磁波”は地球上で使用している電磁波とは異なる。
  * 宇宙機・円盤は、生き生きと輝いている霊体、生きた機械、一つの天地。
  ・ 波動の分離制御等は水晶結晶球体及び機長の霊体を通し、心波で行なわれる。
  ・ 意識構造と量子構造の解明が必要。

 * フォトン放射推進
   ① 超高速タキオン装置で宇宙船をフォースフィールドで覆い、微細なクォーク状に非物質化させ、時間と空間を平行化させた零になった後、目的地で、再度物質化させて、移動する。  
  * フォースフィールドにより障害物との衝突防止、惑星の引力の中和、乗務員の身体の保護等がなされる。

  * 宇宙エネルギーの呼び方
      ・フリーネネルギー     
      ・プラナ 〃
      ・気   〃
      ・生体  〃
      ・タキオン 〃 
      ・ピラミッドパワー
      ・その他
  * 超高速粒子
      タキヨン --- 虚の質量で光速以上の運動可能。
  * 宇宙エネルギーの応用 (いずれも未完)
     ・“増大送電機”
      ⇒ニコラ・テラス氏: テスラコイルによる、宇宙エネルギーの共振化による電力増加装置。
     ・“宇宙エネルギー発電機”
      ⇒ヘンリー・モレイ: 結晶鉱石、コンデンサ等構成の宇宙エネルギー取込み静止型発電機。
     ・“EMAモータ-” 
      ⇒エドウイングレイ:高速回転式、火花放電による宇宙エネルギー取込み発電機。
     ・“円盤型宇宙エネルギー発電機”
      ⇒ジョン・サール氏:多重リング円筒構造発電機で、反重力発生。

 

.宇宙機(UFO)のニュース

 (1).【情報受け取り時の心構え】

    ・ 現在地球に来訪している宇宙人・UFOは皆、平和の使者です。
    ・ 銀河連邦が地球のアセンションを妨害しようとする勢力たちの行動を監視、ガードしているため、邪悪な宇宙人(エイリアン)などはいないようです。
    ・ ただ、以前から地球で活動してきたいわゆる“シャドーグループ”は、自分たちの組織にとって都合のよいように、人類を誘導しています。 
    ・ 情報操作を始め多方面にわたってコントロールされているようです。
    ・ UFO情報も、人類に恐怖心を与えるよな操作を行い、自分たちの思う通りの世界を作ろうとしているようです。
    ・ トリック映像が紛れ込んでいる可能性もあります。
    ・ 何が真実かをしっかりと見極める必要があります。 撹乱情報に惑わされない心構えが大切です。
    ・ (2012年年末)2015年秋から数年かけて本格的に始まる“アセンション”は、『ガイア・アセンション』であって、ガイアにとっては、千歳一隅:数百万年の宇宙的ビッグチャンスを活かして「5次元の地球」を創成するために、間違えなくガイアはアセンションするはずです。
    ・ ガイアの住人である我々地球人類が、可能な限り、痛み苦しみ少なく、より多く、地上の生きとし生きるものすべてと共にアセンションできることを、宇宙の同朋達が願って、陰ながら可能な範囲でサポートしてくれています。(宇宙の法則により直接介入・援助はしない)。
    ・ 地球世界が、進化した宇宙人類の仲間入りするには、イベントの中心者である、地球人類自らが、他に依存せずに新しい時代を自らが切り開くことに尽きます。


 (2).【最近のニュース】
   (随時更新)  注  ※  古くなるにつれ、参考資料のニュース等のURLは著作権侵害に関する複数通報により、削除されたり、リンク切れになっている場合があります。 
     ニュース ソース : 各HP等からの紹介。
 * 世界各地で目撃され、写真や動画まで撮影されているUFO。 
  ・ 米AP通信によると、毎年、7万件ものUFO目撃情報が報告されており、1日平均して190人を超える多くの人々がUFOに遭遇している。

 《 2017年 》 (平成29年)

 * 《  》 
 ・ 
  ⇒ 
 

 * 《  》 
 ・ 
  ⇒ 
 

 
 
 * 《 NASAが極秘にしたいUFO目撃映像!!世界のUFO動画まとめ 》 
 ・ 世界のUFO動画最新版
  ⇒ NASAが極秘にしたいUFO目撃映像!!世界のUFO動画まとめ  
(2017.6.28) 

 * 《 火星画像に「完璧な円盤型UFO」が写り込む! 》 
 ・ 火星画像のUFO
  ⇒ 
 火星画像に「完璧な円盤型UFO」が写り込む! しかしNASAは“不可解すぎる理由”で削除 (2017.6.24) 

 * 《 モルディブにおけるUFO目撃情報 》
 ・ 地球外文明探査の最新研究では、我々が住む銀河系だけでも、地球のような惑星が1億以上あると見積もられている。さらに、そのような銀河は宇宙全体で数兆個以上あるとされている。 
  ⇒ ・   (2017.6.17) 

 * 《 3機のUFOと9体のエイリアンを米軍が回収か? 》 
 ・ 第2のロズウェル事件
  ⇒ 【2017最新UFOニュース】3機のUFOと9体のエイリアンを米軍が回収  FBI署長が長官に送った“第2のロズウェル事件”  (2017.5.17)  

 * 《 UFOみたいな土星の衛星、NASA探査機が撮影  》 
 ・ 土星探査機カッシーニが環のすき間にいる衛星を見事にとらえた。
  ⇒
  UFOみたいな土星の衛星、NASA探査機が撮影 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト  (2017.5.17) 
  
 ・ 元自衛隊空将が体験したUFOとの衝撃的遭遇とは? ホーキング博士も警鐘を鳴らす“宇宙戦争”の危機。
  未知との遭遇を体験した元自衛隊空将が、迫り来るエイリアンの脅威に警鐘を鳴らした『宇宙戦争を告げるUFO 知的生命体が地球人に発した警告』が2017年5月25日(木)に発売される。
 ⇒ 
元自衛隊空将が体験したUFOとの衝撃的遭遇とは? ホーキング博士も警鐘を鳴らす“宇宙戦争”の危機! | ダ・ヴィンチニュース    (2017.5.17) 
 
 * 《 最新UFO動画!本物と思われる物 》 
 ・ 最新UFO動画!本物と思われる物
  ⇒  2016 最新UFO動画!本物と思われる物をまとめてみました! | UFO UMA 世界の不思議探検隊!  (2017.1.20) 


 * 《 チリ政府機関が「未確認飛行物体(UFO)」について情報を公開 》 
 ・ 2014年にチリ海軍が目撃・撮影した飛行物体で、過去2年に渡ってあらゆる角度から秘密裏に調査が行われてきたそうだ。しかし正体が分からないまま月日は流れ、ようやく機密扱いが解除された。
  ⇒  UFO にまつわる記事 | ロケットニュース24
  (2017.1.10) 

*《 FBI機密文書に記されたUFOに関する9つの重要メモ「異次元からの来訪者が来ている」 》 
 ・“空飛ぶ円盤”とその“搭乗員”は、意外なことに宇宙人ではないということだ。“エーテル世界”といういわば別の次元から来ていて、我々の想像をはるかに越えた存在であり、攻撃したり排除したりするのはもってのほかということになる。
 ・「重要メモ」には“空飛ぶ円盤”の9つの特徴。
 1. 搭乗員がいる円盤もあれば、リモートコントロールされている無人機の円盤もある。
 2. “彼ら”のミッションは平和的なものであり、地球のどこかに腰を落ち着けて定住したいと考えている。
 3. 彼ら“来訪者”は人間に似た姿をしているが、サイズが大きい巨人である。
 4. 彼らは地球人の親戚ではなく、彼ら独自の別世界を起源とするエイリアンである。
 5. 彼らの“出身地”は我々が知っている惑星のどれでもない。我々には知覚できないが、すでに地球を浸しているエーテル体の母星から来ている。
 6. 我々の世界の振動率と濃密物質の環境に入り込むことで、彼らも円盤も自動的に物質化する。
 7. 円盤はある種の放射エネルギー砲か光線銃を装備しており、攻撃してくるどんな宇宙船でもいとも簡単に殲滅する。彼らはもちろん意のままにエーテル世界に戻ることができ、我々の追跡を逃れ視界から姿を消す。
 8. 彼らの起源は宇宙空間にあるのではなく“Lokas”や“Talas”と呼ばれる世界に該当する。
 9. おそらくラジオ無線では彼らと通信できないが、もし有効な信号システムが開発できればレーダーを使って交信できるかもしれない。
 ・ 来るべき“未知との遭遇”に備えさせようと考えていたのだが、望みに反してその後公開されることはなかった。 
  ⇒  FBI機密文書に記されたUFOに関する9つの重要メモ「異次元からの来訪者が来ている」    (2017.2.8)

* 《 南極の凍った湖に停泊する円盤型UFO(直径34m)が激撮される! エイリアンの基地か、ナチス・ドイツの極秘施設か!? 》 
 ・  南極大陸は、UFO以外にも自然の造形とは明らかに異なるピラミッドなどの構造物が多数発見されていることでも知られ、さまざまな憶測が飛び交ってきた。
 ・ ナチス・ドイツの敗戦により南極基地の詳細はとうとう明らかになることはなかった。そのため「ナチスの一部(幹部クラスとされる)は、密かにこの基地に逃げ延びていたのではないか」という噂が一部で信じられており、南極で度々目撃される謎の飛行物体もナチスと関連づけられることが多いのだ。
  ⇒ 南極の凍った湖に停泊する円盤型UFO(直径34m)が激撮される! エイリアンの基地か、ナチス・ドイツの極秘施設か!  (2017.2.7)

* 《 カナダ大教授が「ロズウェル事件」の本当の真相を暴露! 地球が宇宙人の監視下にある可能性も  》 
 ・ 「ロズウェル事件」とは、1947年7月、米ニューメキシコ州のロズウェルから120キロほど離れた牧場に円盤型の飛行物体が墜落した“UFO墜落事件”だ。
 ・ 「ロズウェルで回収された宇宙人の科学技術は極めて先進的なものでした。また、技術的に遥かに優れている地球外生命体が我々を監視していることが判明したものですから、その技術を公開してしまうと、人類に大きな動揺をもたらし、世界がパニックに陥ると予想されたため隠蔽されたのです」(
 ・ 教授は、宇宙人の存在は疑えない事実であり、UFO目撃情報やアブダクション体験談もほぼ間違いない事実であると確信している。  ・  ⇒  (2017.1.24)
 
 
  
 《 国際宇宙ステーション(ISS)が、アーム付きUFOを撮影 》
  ・ 予告なく停止される配信、疑われるNASAの関与。NASAはどんどん信用を失っています。彼らは地球外生命体の機密情報を集めているにもかかわらず(決定的な場面は明かさず)、大衆が満足するだけの情報のみ小出しにしている。  
  ・ ISSの外壁に設置されている数台のライブカメラは、宇宙から見える地球や天体の状況のほかに、UFOと思しき物体の姿を捉えてしまうことが少なからずあるようだ。 
  ・ NASAの秘密計画により、エイリアンの存在が一部を除いて隠されていると考えているようだ。
    ⇒ 【衝撃映像】「ワオ!たまげた」ISSが“4本アームUFO”の撮影に成功! NASAの唐突な配信中断に不信の声も  (2017.1.7)  

* 《 高速電波バースト(FRB)」は、30億光年以上先の矮小銀河から 》
  ・ 銀河系の外からの強烈な電波の放射「高速電波バースト(FRB)」は、30億光年以上先の矮小銀河からのものだと判明。
  ⇒ 宇宙からの強烈な放射電波 30億光年以上先の矮小銀河からと判明 - ライブドアニュース  (2017.1.5)
    宇宙のかなたから飛来する謎の電波 正確な発生源を突き止めたとの研究発表 (2017年1月5日掲載) - ライブドアニュース  (2017.1.5)

* 《 葉巻型UFO 》
  ・ 雲を作り出している映像。 機体を隠すため。
  ⇒  【衝撃映像】海面上で微動だにしない葉巻型UFO激撮! 専門家「海で雲を作っているのでは……」=中国 (2017.1.5) 

* 《 中国版ロズウェル事件発生 》
  ・ 若干黒く煤けたこの物体、“空飛ぶ円盤“そのものといった形状をしている。
  ⇒ 中国山間部に“UFO”が墜落、村人驚愕、空飛ぶ円盤そのもの! 中国版ロズウェル事件発生か!  (2016.12.25)  

* 《 超巨大“葉巻型UFO”をハッブル望遠鏡が激写!  》
  ・ 第4段階」の文明はおおむね宇宙全体を掌握してコントロール下に置いているという。
 ・ 来たるべく“未知との遭遇”の日をなんとなくイメージしておいてもよいのかもしれない。
  ⇒  オリオン大星雲に現れた超巨大“葉巻型UFO”をハッブル望遠鏡が激写! 宇宙を支配する「第4段階」の文明が存在する可能性 (2016.12.24)  

* 《 2016年はUFO&宇宙人情報“開示元年”か!? 》 
 ・ NASAの「アポロ計画」全通信記録が機密指定解除
 ・ 現在、世界各国でUFOと地球外生命体に関する情報が少しずつ明らかになり始めていることがおわかりいただけるだろう。政府や宇宙機関は、一気に真実が暴露され、大混乱とパニックがもたらされることを危惧しているのかもしれない。しかし、このような“小出し”にするという行為自体が、UFOと宇宙人がすでに地球上にいるという真実を示していると考えることもできそうだ。2017年は、どのようなUFOと宇宙人に関する情報が開示されることになるのか、実に楽しみである。
  ⇒ FBI「宇宙人は幽体として存在する」、NASA「月面に建造物」… 続々と開示される機密情報の真意とは! (2017.12.10)

* 《 太陽にウルトラストレートビームを撃ち込むUFOが再度出現!!  》
 ・ “ビーム放出”ではなく“エネルギー補給”?。
 ・ 太陽に恒常的に存在するコロナでは100万度以上、さらに爆発現象であるフレアでは1000万度を超えるプラズマが生成されている。それほど超高温のプラズマをエネルギーに変換することが、はたして可能なのだろうか。
  ⇒ ⇒【衝撃画像】太陽にウルトラストレートビームを撃ち込むUFOが再度出現!! 本気で“恒星破壊”を試みている緊急事態 (2016.12.4)


 
* 《 「エイリアンCON」開催 》
 ・ 「エイリアンCON」。全世界から集結したUFO&宇宙人論者が一同に介し、人間と地球外知的生命体との接触について意見を交換、及び激論を交わす、世界初にして最大規模の試みである。
  ⇒ ⇒ 「我々は強制的に神(宇宙人)を崇めるよう操作された」「重力の中和技術が米で完成」 UFO界の女帝リンダがトカナに熱弁! (2016.12.3)

 * 《 人類の食物を検査 》
 ・ UFOが農場に出現した点、そして撮影に使用された携帯が故障した点を考え合わせると、画像に写る発光体はUFOのものと見て間違いないだろう、という見解を示している。「彼ら(UFOに乗る宇宙人たち)は、我々の食物を検査していると考えられます。例えば、作物の遺伝子がどう変わっているか調べることで、将来の人口変動を予測しているのではないでしょうか」
 ・ 「撮影者の携帯電話が故障したというのも、UFOとの遭遇時に見られる典型的な現象です。UFOから、なんらかのエネルギーが放出されているのでしょう」(ウェアリング氏)
・ UFOが目撃された前後に多く報告されている、家畜(主に牛)の変死体が発見される“キャトルミューティレーション”も、宇宙人たちが人類の食物を調査対象としているならば合点がいきそうだ。無惨な変死体は、分析用のサンプルデータが抜き取られた後の姿というところだろう。
  ⇒ ⇒ 【衝撃画像】3機のUFO連隊がクッキリ!! ライトを照射して人類の食物を検査していた可能性が浮上 (2016.12.3)

 * 《 NASA火星探査機が「マチェーテ」を激写! 》
 ・ 地球外知的生命体の存在がクローズアップされるにつれ、彼らの倫理観も徐々に科学者やUFO研究家の間で議論されるようになってきた。
 ・ これまでにも火星人らしき遺体がいくつも見つかっており、「火星古代核戦争説」が実しやかに噂されている。
 ・ 火星人でさえ我々と同じ過ちを犯していた可能性もある。他の地球外知的生命体に関しても、進んだ文明を持つという理由だけから、彼らが友好的であると結論するのはあまり賢明とは言えないだろう。
  ⇒ ⇒ NASA火星探査機が「マチェーテ」を激写! 古代の火星は「北斗の拳」のような世界だった! (2016.12.2)

 * 《 南極にある“ピラミッド”がグーグルアースで発見される! 》
 ・ 「
南極には古代文明の遺跡が存在する」。  これまでに南極では、人工物としか考えられない構造物が多数報告されている。
 ・ 南極にある氷底湖、ボストーク湖の、地上から数キロ下の地点に、古代遺跡と思われる巨大な人工構造物が眠っている可能性が浮上したのは2001年。
 ・ ある軍事衛星によって探知されたその構造物は、覆われた氷の厚さから、少なくとも1万2000年前のものと考えられた。
 ・ グーグルアースによる、不可解な構造物の発見が相次いでいる。
  ⇒ ⇒ 南極にある“ピラミッド”がグーグルアースで発見される! 宇宙人基地か、米政府がひた隠す超古代文明の証拠か! 11月22日付の英紙「Daily Mail」 (2016.12.1)

 * 《 月からいっせいに離陸する大量のUFO激撮 》 
 ・ 1948年以来68年ぶりに、月が地球に最接近し話題になった、今月14日のスーパームーン。 月からいっせいに離陸する大量のUFOが激撮された。
 ・ スーパームーンの前日、13日に撮影された動画に、なんと月から飛び立つ無数のUFOが映っていた。
 ・ NA SA は月面着陸時に3体のUFOを目撃した事実を隠している、と暴露している。彼女はNA SA の制限区域内にある暗室で、UFOが映った写真を目撃。なんとそこでは、はっきり写真に映ってしまったUFOをぼかしたり、消すなどの加工が施されていた。
 ・ さらに、元アメリカ空軍のカール・ウォルフ氏も、ラングレー空軍基地で、NA SA による月面写真の加工を目撃したと証言している。
 ・ 月の裏側を写した写真には、宇宙人による基地がはっきり写されており、明らかに人類のものではない建造物を写真から取り除くよう、加工しているのを目撃した。 
  ⇒ 【衝撃映像】月からいっせいに離陸する大量のUFOが激撮! 専門家「彼らは人類に敵意を抱いている」
  ・ 【衝撃映像】月からいっせいに離陸する大量のUFOが激撮!|莉緒のきまぐれブログ    (2016.11.30)
  

 * 《 火星探査車「キュリオシティ」が恐竜の頭蓋骨を撮影 》
 ・ NASAの火星探査車「キュリオシティ」が撮影した画像に写り込んだ、。
 ・ 恐竜の頭蓋骨の化石が見つかった。 頭蓋骨からは、歯や顎、さらに小さく開いた鼻腔まで確認できる。
 ・ よく似た頭蓋骨は、火星で何度も発見されている。
  ⇒ ⇒ 【衝撃】火星で恐竜の化石(頭骨)が発見される! 歯までクッキリ、火星にもジュラ紀があった!  (2016.11.30)

* 《 月からいっせいに離陸する大量のUFO激撮 》
  ・ 月を拠点とする宇宙人は人類に敵意を持っている!? ~人類から月を守ろうとしているのかもしれません」
  ・ アポロ計画以来、人類は月に上陸していないが、アポロ搭乗員の多くが、月面や月付近でUFOを目撃しているという。これらの点から、月には人類に敵意を抱いている宇宙人がいるかもしれない、とウェアリング氏は推測している。
  ⇒ 【衝撃映像】月からいっせいに離陸する大量のUFOが激撮! 専門家「彼らは人類に敵意を抱いている」  (2016.11.29) 
   


 ・ 太陽の近くで“ウルトラストレートビーム”をぶっ放す2機のUFOが激写される! NASAが公開直後に写真取り下げる“疑惑の対応” 
   問題の画像はNASAの公式サイト上で公開されるとすぐに消されてしまった。
  ⇒ ⇒ 太陽の近くで“ウルトラストレートビーム”をぶっ放す2機のUFOが激写される! NASAが公開直後に写真取り下げる“疑惑の対応”  (2016.11.24)  

 
* 《 火星に不時着した「ハート型UFO」をNASAが激写 》
 ・ 以前撮影した火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤーの映像を解析したところ、火星探査機何らかのトラブルが発生し緊急着陸したかのようなUFOが写っていたのを確認。 「UFOvni2012」によると、全長はなんと190m! 一般的なスペースシャトル(40~60m)の3~4.5倍ほどもある。 
 ・ これまでにも火星では兵士や古代生物らしき物体が多数撮影されている。
 ・ 今月10日にも、月面で三角形型UFOのスクラップらしきものが発見され。
  ⇒ ⇒ 火星に不時着した「ハート型UFO」をNASAが激写! 専門家「操縦席も発見」、「修理すればまだ飛べる」   (2016.11.23)

 * 《 “火星軍兵士”の彫像を撮影 》
 ・ 軍人の彫像 。
 ・ 火星探査車「キュリオシティ」が撮影した画像に、“火星軍兵士”の彫像激写されていた。
  ⇒ ⇒ 【衝撃画像】こちらを見つめる火星軍兵士が激写される! やはり過去に殲滅戦があったのか!   (2016.11.18)

 * 《 バルセロナ上空に100機を超えるUFOの大群 》
 ・ スペイン・バルセロナ上空で、なんと100を超える正体不明の物体が出現したという。
  ⇒ ⇒ 【衝撃映像】バルセロナ上空に100機を超えるUFOの大群が飛来!! 映像分析のプロも困惑、政府の新兵器か!   (2016.11.15)

 * 《 月面に100万年前の「三角形型UFO」 》
 ・ 1972年12月のアポロ17号のミッションを最後に長らく人類は月面に降り立っていないのだが、その後は各国の月周回衛星によって月面の様子は撮影され続け、詳細に調査、分析されている。
 ・ アポロ計画時代(1961-1972)に撮影されたもの。写真には月面で大きな三角形型の機体のスクラップ(!?)が、降り積もる風塵に覆われて地面に這いつくばっている姿が確認された。
 ・ アポロ計画時代に何度も目撃されていた三角形型のUFO。
 ・ 同じくアポロ計画時代の1969年、アポロ12号から撮影された写真で、分析の結果、月面からおよそ2km上空を飛行、または浮遊していることが濃厚となった。 
  ⇒ ⇒ 月面に100万年前の「三角形型UFO」が破棄されていた! 有識者「トランスポーテーション用施設の可能性」   (2016.11.10)

 * 《 地震発生直前、イタリアで七色に輝く「巨大真珠型UFO」が激写 》
 ・ 地震発生の前兆は、地震雲でも動物の異常行動でもなく、UFO出現だったという驚きの新事実(?)が発覚した。
 ・ 地震の直前にUFOが目撃されたのは、これが初めてではありません。彼らは、悪化する地球の地質状況をモニターするためや、目の前に迫っている災害を知らせるために出現するといわれています」。
  ⇒ ⇒ 地震発生直前、イタリアで七色に輝く「巨大真珠型UFO」が激写されていた! 宇宙人による地質調査か?    (2016.11.7)

 * 《 スペイン国防省が「機密UFOファイル」1900ページを公開! 》
 ・ 「スペイン版Xファイル」とも目される機密資料に、世界中が激震している。
 ・ 1962年~95年の間にスペイン国内で報告されたUFO目撃情報が、80のデジタルレポートにまとめられている。
  ⇒ ⇒   スペイン国防省が「機密UFOファイル」1900ページを公開! 当局も困惑した「説明不可能な事件」が複数判明! (2016.10.28)

 * 《 25万年前のアルミ製品を発見 》
 ・ UFO研究者連盟副会長Gheorghe Cohal氏は、UFOのパーツであると断言。
 ・ 地球外知的生命体が関わっているとしたら、宇宙人が古代より地球を訪れていたとする「古代宇宙飛行士説」を裏付ける決定的な証拠となるだろう。
  ⇒ ⇒   【重大】25万年前のアルミ製品が発見されていた! 研究者困惑「古代UFOのパーツの可能性も」=ルーマニア  (2016.10.21) 

 * UFO映像がプエルトリコ政府から流出! 海に突入し、分裂するピンク色のUFO
 ・ 海上に差し掛かったUFOは突然海に飛び込んでしまう。そして、その後海面から再浮上したUFOにカメラが寄ると、なんと2つに分裂しているではないか。
 ・ 「144km/h以上のスピードで海に突入し、住居が集中するエリアを193 km/hものスピードで、しかも航空灯もなしに低空飛行し、最終的には2つに分裂してしまった。全く説明のしようがない」とコメントしている。
  ⇒ 超衝撃UFO映像がプエルトリコ政府から流出! 海に突入し、分裂するピンク色のUFOに科学者6人も「よく分からん!」
 (2016.10.29)
 
 * 《 アポロ11号が月面で発射中の「ミサイル型UFO」を激写 》 
 ・ アポロ11号が月面で発射中の「ミサイル型UFO」を激写していた! 47年の時を経て判明、研究家騒然
 ・ 1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功。世界中が歓喜に沸くなか、その裏ではとんでもないものが撮影されていたとの情報が入ってきた。なんと、「ミサイル」らしきものが月面画像にハッキリと写り込んでいたというのだ!
  ⇒ アポロ11号が月面で発射中の「ミサイル型UFO」を激写していた! 47年の時を経て判明、研究家騒然 (2016.10.20)  

 * 《 もはや地球人同士で争っている場合ではない 》 
 ・ 世界でうごめくUFO陰謀論 もはや地球内で 覇権争いしている場合ではない!?   
 ・ 科学者は、なぜ目前にあるUFOを見ようとしないで電波ばかりを聞こうとするのか」といった疑問を投げかけた。
 ・ 記事は、その理由として「冷戦後の軍需産業保護のために、悪役を『共産主義者』から『ET』へ変えた」こと、「SETIがUFOに見向きもしないのは、本当のUFO情報への視線をそらすためのNASA等による恣意的な陽動作戦」と解説する。
 ・ 「アメリカとソ連の冷戦、宇宙競争の背景には、異なる種類の宇宙人の協力がアメリカとソ連に入っていて、両国が宇宙開発に励んでいたことがあります」
 ・  「ソ連、ロシアに付いていた宇宙人と、アメリカに付いていた宇宙人は、違う宇宙人ですが、今、中国にも、また違う宇宙人が取り付いて、指導に入ろうと狙っているところです」。
 ・ 世界の主要な政府が、宇宙人関係の機密を持っており、陰謀論が生まれるだけの裏事情が存在することは事実のようだ。 日本の情報は皆無だが、首相官邸の上に、ドローンどころかUFOが飛来する日がくるかもしれない。その時どうするのか。まずは、UFOの存在を受け入れることから始めるべきだろう。
   ⇒ もはや地球人同士で争っている場合ではない。  (2016・9.20)

 * 《 『インデペンデンス・デイ』に激似の超巨大円盤型UFOが出現 》
 ・ 1996年のSF戦争映画『インデペンデンス・デイ』では、世界各都市の上空に巨大な円盤型UFOが出現して物語の口火が切られる。
 ・ 同映画を彷彿とさせるような巨大UFOがマレーシアに現れた。
 ・ ケニア・ミュランガでも目撃されている。
 ・ ひと目見るだけで、UFOの存在を疑うことはできなくなるでしょう。
 ・ この宇宙で我々は決して孤独な存在ではないのですが、しかしながらなぜ宇宙人が時折その存在を見せて我々をやきもきさせているのか疑問が浮上します」と記されている。世界各地で相次ぐ大型UFOの目撃に何らかの意味があるのか? またそこに何かメッセージがあるのか? 
  ⇒ ⇒  マレーシア上空に『インデペンデンス・デイ』に激似の超巨大円盤型UFOが出現!   (2016.9.10) 

 * 《 
月面クレーター内部に「宇宙人の基地」が出現 》
 ・ UFOや知的生命体に関する隠蔽された事実の暴露を推進する「UFOディスクロージャー・プロジェクト」でアメリカ空軍元職員カール・ウルフ氏が、米国が隠蔽している“月の裏側”の基地を暴露して以来、これまでにも何度か月面基地の存在はクローズアップされてきた。
 ・ 今回ついに月面基地の存在を裏付ける決定的な証拠映像が見つかったとの情報が入ってきた。
 ・ 「宇宙人の前線基地」だろうと推測しているようだ。
  ⇒ ⇒  【動画】月面クレーター内部に「宇宙人の基地」が出現!UFO研究家が高性能望遠鏡で撮影成功  (2016.8.30) 

 * 《 木星・大赤斑の上空に巨大UFO? 》 
 ・ NASA探査機ジュノーの極秘映像が流出か? 太陽周辺 ISS周辺のUFO。
  ⇒  木星・大赤斑の上空に巨大UFO   (2016.7.16) 
     【木星】大赤斑の上空に巨大UFO、NASA探査機ジュノーの極秘映像が流出か  

 * 《 火星で異星人の遺骨発見 》
  ・ NASAの火星探査機キュリオシティが2016年7月1日に、撮影したもの。 影した画像を拡大したところ、古代火星人と思われる骨格がそっくりそのまま残っている様子が写っているというのだ。
  ・ 驚くべき発見で、わたしたちの火星の見方が変わるはずだ。 
   ⇒ 古代火星人なのか?火星に骸骨らしき物体が発見される  (2016.7.15) 

 * インデペンデンス・デイが現実に!?雲をまとい、10時間ホバリング…
世界各地で相次ぐ超巨大UFO飛来!
  ・ 日本では今週末に公開を控えた映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』。人類と宇宙人との全面戦争を描き、世界中で大ヒットを記録した超大作の約20年ぶりの続編とあって注目を集めている。
    まるで映画の公開と時を合わせるように、世界各国で巨大UFOの出現が相次いでいる。
  ・ 今月7月3日、中国・上海の上空に巨大なUFOが出現、たくさんの市民が目撃していたとして現地メディアを騒然とさせている。
   しかも、そのUFOは3日の午後8時に出現してから、日付をまたいで4日の早朝6時ごろまで、実に10時間にわたり空を漂っていたというのだから驚きだ。特に、この時間帯にソンホゥ通り(淞沪路)にいた人々の間で目撃報告が数多く上がっているようだ。
  ・ 雲でカモフラージュするUFO(コロンビア)
  ・ 先月30日には、コロンビア・ボリーバル県カタルヘナで、空を埋め尽くさんばかりの超巨大な円盤型の雲が出現している。これも同様に映像で記録されているが、その塊感といい、速い動きといい、自然現象とは思えない不自然さに満ちている。
  ・ 著名UFO研究家のスコット・ウェアリング氏によると、地球に飛来する宇宙船は、しばしば自らをカモフラージュするために雲をまとったり、反射光を利用することがあるという。なお、謎の飛行物体の出現が、実は軍による秘密最新兵器のテストだった事例も存在するが、そもそも簡単に人目につくような場所で行われることは極めて稀であるため、今回紹介した3ケースはすべて正真正銘のUFO出現だと結論づけている。
  ⇒ 「インデペンデンス・デイ」が現実に! 雲をまとい、10時間ホバリング… 世界各地で相次ぐ超巨大UFO飛来! - エキサイトニュース  (2016.7.7) 
    ・ インデペンデンス・デイが現実に!?雲をまとい、10時間ホバリング… 世界各地で相次ぐ超巨大UFO飛来!【世界の不思議大図鑑】UMA 未確認 ALIENS 恐怖 (2016.7.7)

 * 
UFOの日(6月24日)特集
  ・ 史上初の公式なUFO報告とされている「ケネス・アーノルド事件」の日をUFOの日に定める。 1947年6月24日。
  ⇒  空に変な物体を見たから、今日は「UFO記念日」 - 1-144ヒコーキ工房 (2016.6.24)  
  ⇒  6月24日は「UFO記念日」です。 ビジネスニュースで気になる記事を紹介。ラブリーラブリー (2016.6.24)
  ⇒  今日6-24日はUFOの日!!実は江戸時代にUFOが発見されていたんじゃないかという説があるんだぜ|オタクニュース 
  ⇒  今日はUFOの日!『インデペンデンス・デイ』襲来後の20年間で地球に何が起きたのか?特別映像で明らかに « TimeWarp – 海外エンタメ専門サイト

 * 高度な地球外文明は存在する 
  ・ ケプラー宇宙望遠鏡のチームが太陽系外に新たに1,284個の惑星を発見したと発表した。これでケプラーが発見した太陽系外惑星は3,000個以上に達したことになる。
  ・ 高度な地球外文明が今の時点で我々の銀河に存在するのか否か不明ではあるが、宇宙の歴史のどこかの時点ではほぼ間違いなく存在したという論文を発表している
  ⇒ 宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表    (2016.6.21)

* 牛が空に浮かんでいく!?UFOにさらわれる徹底的瞬間が目撃される 
 ・ 2016年1月29日、アメリカ・モンタナ州で奇妙な瞬間を撮影した写真がネット上に投稿。牛がUFOにさらわれている瞬間だと言われています。
 ・ 同じように牛がUFOにさらわれる事が、過去にも目撃されているというのです。
   ⇒  ・ News Clicker-ニュースクリッカー 牛が空に浮かんでいく!UFOにさらわれる徹底的瞬間が目撃される(動画あり) (2016.6.21)

 * 
日本や世界各地でUFOの目撃例が増えた理由
  ・ 地上波・BS・CSを含めて年間20本以上も「UFO」「宇宙人」を扱うテレビ特番が放送された2015年。
  ・ 宇宙飛行士のUFO遭遇発言なども公開され、地球人の意識が宇宙人やUFOの存在を理解できる範囲に入ってきたのだと思いますね」。
  ・ UFOコンタクティ(交信できる人を指す呼称)のグレゴリー・サリバン氏は「
地球全体が軌道修正すべき時期に入っている。そのヒントを人間に与えるため、彼らはその存在をオープンにし始めたようです」という。
  ⇒ ・ 日本や世界各地でUFOの目撃例が増えた理由 地球人の意識が変わった? - ライブドアニュース  (2016.5.25)

 * 東京渋谷上空にUFO。  
  ⇒ 
 ●渋谷の上空に「超巨大UFO」が出現?ツイッターで話題に!|勝間 まなみの『日々是片付け生活』(2016.5.12))
       渋谷の上空でUFO目撃!スマホが捉えた光る未確認飛行物体とは?twitterで話題の衝撃映像!!【2016年5月11日】 - YouTube (2016.5.12))

 * 国際宇宙ステーションから見た地球UFO 爆発
    ⇒ ⇒ UFOs in orbit the Sun - Review for May 12, 2016 - YouTube (2016.5.12))

 * UFOにさらわれていく「牛」。
  ⇒ 【怖すぎ】都市伝説の「牛がUFOに連衡される瞬間」が撮影!?海外で話題に|面白ニュース 秒刊SUNDAY (2016.5.1)

 * 「UFOの極秘ファイルを開示する」ヒラリー・クリントン氏が前代未聞の選挙公約 
  ⇒ 「UFOの極秘ファイルを開示する」ヒラリー・クリントン氏が前代未聞の選挙公約 (2016.4.20) 

 * UFO墜落、エイリアンを生け捕り…米ニューメキシコ 
  ・ 
ロシアの情報筋によると、米国で墜落した円盤型UFOの内部からエイリアンが見つかり、生け捕りにされた模様。UFOは軍によって撃墜されたとの情報もあります。 
  ⇒ 
UFO墜落、エイリアンを生け捕り…米ニューメキシコ | オカルトNEWS   (2016.4.18) 
 
 *
 ついに明かされる!CIAがUFOや宇宙人に関する
「Xファイル」を機密解除
    UFOや宇宙人などに関する200件以上にもおよぶ極秘資料の機密指定が解除された。 
    CIAの公式サイトには、SFテレビドラマ『Xファイル』に登場する「モルダー捜査官が是非とも欲しいCIA文書トップ5」や「スカリー捜査官が是非とも欲しいCIA文書トップ5」といったファイルが公開されている。
    いずれも1940年代後半から60年代にかけてのもので、これまで最高機密であったものだ。 
  ⇒ ・ ついに明かされる!CIAがUFOや宇宙人に関する「Xファイル」を機密解除 - カラパイア* (2016.2.1)
    ・  Xファイル” な資料にはモルダー&スカリーFBI捜査官も(2016.1.31) 

 * ファストウォーカー(UFOの隠語 )~ 国際宇宙ステーションのカメラがとらえた高速で移動する謎の未確認物体 
   ファストウォーカーの存在が世間の注目を集めた現在、国際宇宙ステーションに詳細を明らかにして欲しいと願う人々も数多くいることだろう。
   毎年、推定500ものファストウォーカーを追跡撮影しているともいわれるNORADだけではなく、未確認物体でメディアをにぎわすNASAからもなんらかの回答を期待したいところだ。 
        (2016.1.11)
 * 太陽のまわりをうろつく超巨大UFOが確認される
   ⇒ 太陽は宇宙人によって火力調整されていた! 太陽のまわりをうろつく超巨大UFOが確認される - BIGLOBEニュース (2016.3.10)

 * 
中世にはUFOが存在していた?
  ・ ヨーロッパで14世紀から18世紀初頭にかけて描かれた絵画には、現代で言うUFOのような謎の飛行物体が描かれているものが多数存在する。
  ・ ルネサンス(文芸復興)がある。絵画では写実主義が興り、見た物を可能な限りそのまま描く芸術思潮があった。14世紀を境に、当時の画家たちが、天空に現れた謎の飛行物体を「そのまま」天の使いとして描き始めたと考えることもできる。 
   ⇒ 中世宗教画にUFOが描かれている理由とは?その謎に迫る。  (2016.2.22) 

 * 
C I A が「UFOに関する機密資料」を大放出
   ⇒ あのCIAが「UFOに関する機密資料」を大放出! リアル “Xファイル” な資料にはモルダー&スカリーFBI捜査官も登場しているぞ!! ロケットニュース24 (2016.2.4) 
   ⇒ 「真実はそこにある」―CIA、1940~50年代の「UFO」調査の資料を公開 sorae.jp 宇宙(そら)へのポータルサイト (2016.1.27) 

 * ヒラリー・クリントン・・・選挙で勝利した際にUFOの情報公開を行なう

 * 欧州原子核研究機構が建設した
大型ハドロン衝突加速器(LHC)の上空の旋回する雲と、UFO。
   ⇒ CERNの素粒子加速器の上空に異常現象、さらにはUFOが出現するだとぅ? カラパイア (2016.1.14)

 * ボリビアで巨大UFO
   2015年12月6日、ボリビア北西のラパス県エル・アルト近く街の上空に巨大なUFOが現れたそうで、目撃者が多発した。
   ある目撃者が撮影した映像には、円盤状の物体がゆっくりと飛行し、そのまま消えてしまう様子が映し出されており、真偽のほどが議論されている。
    ⇒ ⇒ 目撃者多数。ボリビアの上空に現れた、やけにリアリティのあるUFO映像 - カラパイア (2016.1.9)


 《 2015年 》 (平成27年) 

 * スリランカで多発するUFO目撃情報
  スリランカで多発するUFO目撃情報、水中にUFO基地のようなものまで確認される。 
  スリランカ国内では様々な場所で、何年も前からUFOの目撃報告が相次いでいる。 
  1990年、UFOが海から飛び出してきた場所が、この謎の建造物のある場所とそれほど遠くないのも興味深い。 
  パラクラーマ・サミュードラ付近でV字の強い光を出すUFOが100人以上もの人々に目撃される。光は回転し、消えたかと思うと2、3秒後に、最初に目撃された場所から300~400メートル離れた場所に再び現われた。低空をハチのような音をたてながらものすごい速さで飛び、木などにぶつかることなく方向を変えることができた。 
   奇妙なUFO目撃証言から、スリランカ沖の海底にUFOの基地もしくはその入り口があるのだろうかという疑問がわく。
   ⇒ ⇒ スリランカで多発するUFO目撃情報、水中にUFO基地のようなものまで確認される。 - カラパイア  (2015.11.15) 


 * 10月23日/シベリアに巨大UFO出現? 
      10月初旬、シベリア南部、バイカル湖の南にあるウラン・ウデ(Ulan-Ude)で奇怪な物体が目撃され、騒ぎになった。 (2015.10.24) 

 * 9月27日、N A S A が火星について特別会見 
    ~ 「火星の地表に液体の水が存在する証拠を発見した」と発表された。
    特定のクレーターの斜面で、暖かい季節にだけ現れる暗い線が見つかっていた。 
    探査機マーズ・リコネッサンス・オービターによる調査の結果、水を含んだ塩とみられる物質が確認された。火星が生物を育む可能性が残されているという。
     NA SA は2010年12月にも「宇宙生物学上の重大な発見」に関する会見を開き、「リンの代わりに猛毒のヒ素を食べて生きる細菌が発見された」ことを発表した。
     これは生物学上の常識を覆す発見で、これまで考えられていた以外の環境でも生物が発生する可能性があることを示唆した反面、宇宙人の発見などを期待していた人達を肩すかしさせた。
       (2015.9.28)

 * 大阪にUFO編隊出現
    関西国際空港近くの大阪湾上空で、今年7月17日午後3時ごろに撮影された。 大阪の工場の上を白昼堂々UFO御一行が訪れた。
    動画では全部で10体の白っぽいUFOが、工場の高い煙突のちょい下あたりをウニョウニョと蠢きながら飛んでいる。
    アメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキーでも今年7月、似たようなUFO連隊が警察官によって目撃されている。
     今年6月にイギリス、ロンドン郊外のハイド・パークで行われていたコンサート中に似たようなUFOが現れている。
    ⇒ ⇒  大阪にUFO御一行様10機まとめてやってきたぞー!と海外で報じられる - カラパイア (2015.7.30) 

 * はたして本物か? 
   今年(2015年)の6月29日、メキシコ国境に近い米テキサス州で二人によって撮影されたという。 ~ メタリックで鮮明すぎる映像、比較対象物が映ってないので、ドローンの可能性がある。 
    ⇒ ⇒  BEST UFO SIGHTING! Metallic Flying Saucer UFO TEXAS BORDER! [CRAZY] FLYING SAUCER! June 2015!!! - YouTube
  (2015.7.15)
 
 *  UFO目撃マップ  
    アメリカ全土から情報を集めて作成されたUFO目撃マップで、DIV Solutionsのジョン・ネルソン氏が作成したもの。データは1970年代から2013年までの証言をまとめたもの    
  
    ⇒ ⇒  UFO目撃マップからわかること、それは… ギズモード・ジャパン  (2015.6.25) 

 * まさにUFO 
    昨年(2015年)の12月31日、ドイツから日本に向かう飛行機の乗客が、ロシア上空で撮影した映像。時速約800~900kmの飛行機に追いついて、同じ高さを飛ぶ謎の物体。 
    ⇒ ⇒ 
 「これはまさにUFO」ロシア上空に“謎の物体”現る  (2015.6.19)
  

 * ついに捕獲! 本物の可能性が高い宇宙人動画が衝撃的!
    ⇒ ⇒ 【UFO】ついに捕獲! 本物の可能性が高い宇宙人動画が衝撃的! | バズプラスニュース Buzz+ (2015.5.8)

 * 今年(2015年)の4月22日~23日にけかけて、NASAの衛星が太陽の周囲を多数飛来するUFOを撮影。 
    ⇒ ⇒   Solar and Heliospheric Observatory Homepage 
        UFO情報だよ~|モトPのありのままの幸せ~♪  (2015.5.2)

 * "存在"の決定的証拠か!? 旅客機と並んで飛行する3つのUFOオーブ。 現在、米「MSN」や「YAHOO! NEWS」など複数の海外ウェブメディアで、とあるUFO動画が大きな注目を集めている。オリジナルは2013年に公開され、当時さまざまなメディアにも転載されたが、日々大量に出現するUFO動画に埋もれてしまっていた。しかし先月、改めて映像の鮮明さとインパクトに感心したUFO愛好家たちの間でクローズアップされ、広く報じられることとなったというわけだ。
     ⇒ ⇒  【衝撃動画】存在の決定的証拠か! 旅客機と並んで飛行する3つのUFOオーブ!! - エキサイトニュース (2015.4.15)

 * 日本でのUFO目撃データ
  日本でもこんなに目撃例が!?過去82年間のUFOの公式目撃地点を示すインタラクティブマップ。
  このマップは、米カリフォルニア州およびネブラスカ州、イギリス、フランス、日本、オーストラリア上空で最初にUFOが目撃された1933年を起点としており、40~60年代の間に目撃情報が劇的に増加していることが分かる。 
     ⇒ ⇒  日本でもこんなに目撃例が!?過去82年間のUFOの公式目撃地点を示すインタラクティブマップ - カラパイア   (2015.4.14)  

 * 「宇宙人」[UFO」を報道するのは世界の常識
     ⇒ ⇒ 「宇宙人」[UFO」を報道するのは世界の常識 kororoのつぶやき-ウェブリブログ  (2015.4.13) 


 * 3月7日にアップされた、4Kの高解像度で撮影されたという動画には超光速で右から左に移動していくUFOが記録されていたとして海外でも話題になっています。
     ⇒ ⇒  カリフォルニアでUFO目撃相次ぐ~4K撮影の超光速UFOに上空を浮遊する大群~それぞれ動画が話題に ネットニュースのB.N.J (2015.03.07) 

 * 3月11日には、カリフォルニア上空にかなりの数の白く光るUFOが浮遊している動画が公開され、こちらも注目を集めているようです。
     ⇒ ⇒  ▶ Armada of UFOs caught in daytime sky in California - YouTube   (2015.3.11)

 * 核爆発か? 火星表面に立ち上る“キノコ雲” インドの火星探査機「マンガルヤーン」が撮影。 昨年、米国物理学協会で有名なプラズマ物理学者が「火星の古代文明は宇宙人からの核攻撃により滅亡した」という論文を発表し話題になった。
        ⇒ ⇒ *  火星の文明は核戦争により滅亡したのか? 火星探査機が「キノコ雲」を撮影する|TOCANA   (2015.3.6) 

 * 米国カリフォルニアの昼間上空に見舞われるUFOの艦隊で激撮されたUFO。 
         ⇒ ⇒ * ▶ Armada of UFOs caught in daytime sky in California - YouTube (2015.3.11)

 * シドニア地区にある有名な「火星の人面岩」は核攻撃により滅んだシドニア文明の遺跡。 
     ⇒ ⇒ * 火星の文明は核戦争により滅亡したのか? 火星探査機が「キノコ雲」を撮影する|TOCANA  
     ⇒ ⇒ * ▶ Mushroom Cloud Imaged By India’s Mars Orbiter Confirms Huge Explosion On Mars - YouTube   (2015.3.6)
 

 *  最近の注目のUFO目撃例 :     
    ⇒ ⇒ * 先例のない最高のUFO目撃例と活発な瞬間! - YouTube - Best UFO Sightings Unprecedented And Excited Moment! - YouTube  (2015.3.9) 
    ⇒ ⇒ *  ▶ UFO Sightings The Most Incredible UFOs Ever Caught on Tape! - YouTube (2015.1.18) 

 *  ペルーで宇宙人大使館建設のキャンペーンをしている真っ最中にピンクのUFOが二時間に渡り出現!現地のメディアのビデオに収録されました!
    ⇒ ⇒ *  ペルーでのラエリアンムーブメント講演会キャンペーン中にUFO出現!|ラエリアンムーブメント 日本責任者みちおの公式ブログ  (2015.2.10) 

 * 米国で激撮されたUFO
   米国マサチューセッツ州にて、2015年1月13日。 目撃者は隣人と共に、自宅の屋根から怪しげな飛行物体を確認したのだそうだ。見事なフォーメーション母船から次々と小型UFOが発進!! 空へと散ってゆく姿が激撮される。 母船から1機、また1機と離れてゆき見事なピシっと横一列に並ぶという見事なフォーメーションを組み始めた。
     ⇒ ⇒ * 
UFO Releasing Glowing Orbs Into a Formation in Western Massachusetts (UFO Invasion) - YouTube (2015.2.14)
          *  Watching a UFO From My Roof UFO Releasing Glowing Orbs Into a Formation - YouTube


 *   
     オバマ大統領顧問:ポデスタ氏は自身のツイッターで、ホワイトハウスが、UFOや宇宙人に関する文書の米国人への開示を拒否したことについて、極めて腹立たしいと書き込んだ。The Hillが伝えた。 ポデスタ氏は、オバマ政権のおける仕事の最終日だった2015年2月13日に書き込みをした。 ~ VOR ロシアの声 : ~    (2015.2.14) 

 * 古代のUFO? マンモスよりも古い地層から発掘される。  
   シベリアのクズネツク炭田から奇妙な円盤型の物体が発見されたと今月6日、英「Mirror」紙が掲載した。その内容によるとクズネツク炭田で働く炭鉱労働者が掘削作業中、地下40mから発掘したもので、数万年前宇宙から落下しそのまま地中深く埋まっていたのでは? と話題になっている。受け皿状に形成され明らかに人工物であるこの謎の物体の正体はいったい何なのか? 現在考古学者が成分や年代などを調査中であるが「これは人工物であることは間違いなく、それをわざわざ40mの深さにまで埋める人間なんている?」と世間では数何万年も昔に宇宙から飛来した物体との見方が強いようだ。
     ⇒ ⇒ *   Russia Proof UFOs exist FLYING SAUCER discovered... UNDERGROUND! - YouTube (2015.2.9))

 * 1月14日の午後にニューヨークで、YouTubeID:Von Edgar-Land氏が撮影した映像について、19日付イギリスのデイリー・ミラー紙が伝えた。
    空にギザギザな形の物体が浮かんでいるのが映っている。 UFOは3分近くそこに浮かび、怪しい音を発していたために鳥が飛び立ち、撮影していたiPhoneが熱くなって電源が落ちてしまったという。
     ⇒ ⇒  'Jagged UFO' spotted hovering over New York terrified birds and wildlife - Mirror Online (2015.1.19)

 《 2014年 》 (平成26年)

  ※ ニューメキシコ州にて UFO着陸現場を撮影 
    ⇒ ⇒ * http://www.youtube.com/watch?v=WpGT4lUS9sc   (2014.11.17)
~NAVARまとめ

    ⇒ ⇒ * NA SA のカメラが火星の表面で飛行するUFOを捉えた。 動画の日付は、2014年10月7日。 先に「FederalPress.World」は、米国の火星探査機「Curiosity」が、火星の表面から飛び立った未確認飛行物体を撮影したと報じている。    ( 2014.11.17 : The Voice of Russia )

  * UFO発見、史上初めてNASAが証拠写真を本物と認める
   ⇒ ⇒ ・ http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2014_10_25/279177559/ 
 (2014.10.25)

  ※  かつてないほど鮮明なUFO映像満載なYouTubeチャンネルが存在した。
   ⇒ ⇒ 【視聴注意】かつてないほど鮮明なUFO映像満載なYouTubeチャンネルが存在した! 鮮明すぎて身震いする ロケットニュース24 
       * 
UFO Sightings Of 2014 (August) Part 1 - YouTube

    ・ 
UFO Sightings Of 2014 (August) Part 2 - YouTube
    ・  UFO Sightings Of 2014 (August) Part 3 - YouTube
    ・  Best UFO Sightings 9-6-2014 - YouTube
    ・  UFO Sighting Wisconsin 9-7-2014 - YouTube
      (2014.9.11 ロケットニュース24) 
 
 * 黄金のUFOが連日カリフォルニア上空に出現 ! ~ 危険な国アメリカに今出現する意味を国民は考えよう。 
      宇宙人からのメッセージ ~ “これから度々出現させます。世界中で頻繁に目撃されるようになりますよ”
       ⇒  【動画】前代未聞! 黄金のUFOが連日カリフォルニア上空に出現!!|TOCANA    2014年8月24日

 * 火星にUFO
   火星探査車「キュリオシティ」が撮った画像にUFO。
     探査車キュリオシティの近くに着陸しようとしているUFOの画像撮影されていた。
        ⇒ 火星にUFOが? 探査車「キュリオシティ」の最新画像で再び論争に火。  (2014.7.13) 

 * ミラノで発光しながら変形する飛行物体
     イタリアのミラノで、上空を飛行しながら、変形発光してる物体を動画配信。  (2014.7.6  ロケットニュース : http://rocketnews24.com/2014/07/17/466123/ )

 * 記録上有名な25のUFO目撃説
        ⇒ ⇒ 記録上有名な25のUFO目撃説 カラパイア 2014年6月21日 

 * 太陽付近に超巨大な円盤型UFOが停泊か、惑星級の大きさ。 米航空宇宙局(NA SA )や欧州宇宙機関(E S A )などが提供する太陽観測画像を集めたウェブサイト Helioviewer.org で見つかったもの。 問題の円盤型構造については、何らかの画像処理の結果表れたものであるとか、太陽から放出された粒子が干渉または共鳴してできたパターンではといった推測もありますが、結論は出ていません。
       ⇒  アメナマ!オカルト速報 太陽付近に超巨大な円盤型UFOが停泊か、惑星級の大きさ  2014年6月17日

 * グーグルマップに、UFOを追う中国軍。グーグルマップの衛星写真にUFOを追いかける人民解放軍の戦闘機と思しきものが写っていると報じ、ネットで話題を呼んでいる。
       ⇒ ROCKET NEWS 24    2014年5月28日

 *  江戸時代に円盤状の物体と女性が漂着したという「うつろ舟伝説」について、実在の漂着地が記された新たな史料が見つかった。 
       ⇒     茨木新聞 2014年5月13日

 * 月面に大量のUFOが出現。
  ・ 2014年4月21日、月面に大量のUFOが出現。 
        ⇒ ⇒   日本や世界や宇宙の動向 - 月面に大量のUFOが!  (2014.5.12)

 * NASAの宇宙施設をUFOが攻撃か??
       ⇒  http://www.youtube.com/watch?v=VZiarwflXdo (2014.4.18) 

 *  巨大母艦出現
       ⇒   最新ニュースUFOの目撃巨大母艦2014年4月14日|マスターエミールのように

 *   2014年3月10日に国際宇宙ステーションから撮影されたUFO軍。  「ワームホール」(時空間のある点から別のある点に抜ける、抜け道のことを指す)を通じて、未知なる無数の艦隊が姿をあらわしたとしているとの解説。
       ⇒  【衝撃UFO映像】NASAが認めたUFO NASA has officially classified this as UFO - YouTube  (2014年3月17日
        ⇒  ▶ Incredible UFO Armada Caught By NASA 2014 HD Available - YouTube 

 * 世界中で目撃される最新のUFOの映像。 ①:2014年1月23日沖縄 那覇上空に謎の光 ②:2014年1月16日ドイツ・ブレーメン空港の上空にUFO出現!?一部の便が欠航または着陸できず待機。 ③: 2013年13年2月ロシアの隕石落下からUFOが人々を救った。
      ⇒ 無限堂 人類の起源・宇宙人-UFO-最新UFOニュース動画ニュース  (2014年2月1日

 *   ロシアの隕石にUFOが撃墜! 宇宙人が被害を最小限に抑えた。
       ⇒  【衝撃】ロシアに落ちた隕石は本当にUFOだった件wwwな動画 シェアーズ|情報共有総合サイト  2014年2月18日

 *  Google Moonで、月面に7機のUFOと、建物を発見!
       ⇒     http://www.youtube.com/watch?v=QKjENey_Mro  (2014.2.10)

 *  1月23日午後9時頃、那覇上空に11個の謎の光が現れた。専門家は「天文現象とは考えられない」と話している。目撃者によると、那覇市通堂町の那覇港上空付近に複数の光が現れ、上下左右に移動を繰り返し、約15分後、全て消えたという映像。 在沖米海兵隊報道部が28日、「照明弾」との見方を示しました。  ⇒ 「照明弾」では有り得ない移動がある。
     ⇒ ▶ 那覇上空に謎の光 - YouTube
(2014年1月24日)

     ⇒  那覇の夜空に謎の光 目撃者複数 沖縄タイムス+プラス (2014年1月25日)

 * 火星に新たな水の痕跡。 火星探査車オポチュニティの調査で、かつての火星の地表に生命の存在に適した水環境が存在したことを示す、新たな証拠が見つかったと発表した。 次々と見つかる証拠に、太古に水があったことは確定と言っていいだろう。  (ロイター:2014年1月23日)

 * 退役した軍の要人や、アポロ計画に参加した宇宙飛行士、政府高官閣僚経験者などが参加しUFO情報を公開した。
    天下泰平 元カナダの防衛大臣によるUFOディスクロージャー   (2014年1月6日)
    地球の軌道にはUFOが存在する - News - 社会・歴史 - The Voice of Russia   (2014年1月13日)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 《 2013年 》 (平成25年)
 *  「Real UFO」 ドイツで着陸したUFOが激撮される! 非常にクッキリとした映像。
     ⇒  
【衝撃UFO動画】ドイツで着陸したUFOが激撮される! 非常にクッキリとした映像が世界中で話題に ロケットニュース24  (2013.12.26)
     ⇒   
ドイツに着陸したUFOが激写!一瞬にして視界から消えて離陸する衝撃的な映像が世界中で話題に!(ゴリミー) (2013.12.29)

 * UFOの熱心な研究家がオバマの最新のアドバイザーに起用された。 (2013年12月15日)

 * 渋谷上空にUFO 目撃者多数
    ⇒ 一人ヲカルト研究会  (2013.12.6)

 *  世界の謎 
     ⇒ 
【閲覧注意】世界の謎【宇宙の不思議】 - NAVER まとめ  (2013.11.22)  

 *  
     ⇒ Googleのロゴで取り上げられている「ロズウェル事件」とは? - NAVER まとめ  (2013.10.22) 

 * 大阪府に「UFO大群」現れる (2013.10.1 

 * 
AREA 51 の軍事施設群等で宇宙人たちと共同研究したと公務証言。
     
⇒ NASAで共同研究している宇宙人が4種類以上という件|晴れときどき目を覚まそう 2014 新生地球2年目SNS(ブログ) 

 * 都心にUFO
    ⇒  東京都内上空にUFO出現!東スポが撮影に成功 (2013.8.31)
 
 *   ⇒ 
【驚愕】日本で見たUFO動画まとめ【何これ怖い】 - NAVER まとめ  (2013.4.20)

 *  地球に来た宇宙人一覧【グレイ・UFO】 
     ⇒  地球に来た宇宙人一覧【グレイ・UFO】 - NAVER まとめ  
 (2013.10.22) 


 * 【地球空洞説】シャンバラの謎【伝説の理想郷】
     ⇒  【地球空洞説】シャンバラの謎【伝説の理想郷】 - NAVER まとめ  (2013.6.20) 

 * NASA  火星に生命体 発見
     
NASAのデータを新たに分析したところ、30年以上前のロボット探査ミッションにおいて、火星に微生物が存在する痕跡が見つかっていた可能性が示唆された。

     ⇒ 【NASA】火星に生命体(宇宙人?)を発見していた【画像有】 - NAVER まとめ   (2013.9.3)
  
 *  ・ 
南極の人口洞窟と氷河に埋もれた UFO
     ⇒ 南極の人口洞窟と氷河に埋もれたUFO 最新UFO動画集!海外もの多数!【厳選】 - NAVER まとめ   (2013..)

  * ・ 【福島に現れたUFO】海外のニュース番組で採り上げられていた 
     ⇒  ▶ 【福島に現れたUFO】海外のニュース番組で採り上げられていた - YouTube  
  (2013.8.16)

  ・ ボディガードは、本物のヒト型爬虫類
    ホワイトハウスが今月、少なくとも一匹のヒト型爬虫類をボディガードとして配置していたと主張。 
     
 オバマ大統領のボディガードに宇宙人がまぎれている! - MSN産経ニュース          (2013.3.31)  

 * ・ 宇宙人と超古代文明の解明
      ⇒ 
 ▶ THE UFO 神々との遭遇!宇宙人と超古代文明 (1995) - YouTube                (2013.3.29)

 * ・ ロズウエル事件の謎の解明
      ⇒ 
 ▶ THE UFO-ロズウェル、エリア51の謎が今、明かされる!(1995) - YouTube             (2013.3.28) 

          ・ NASAが撮影したUFO映像  ⇒ ⇒  UFO Planet - Ep 10 - NASA UFO's - YouTube    (2013.2.12)

 
* 《 ロシアの隕石はUFOによって撃墜? 》
  ・ ロシア、チェリャビンスクでの隕石の爆発の映像に、何かが隕石を貫通したために爆発したようなシーンがあり、UFOではないかと話題になっている。
それは車載カメラで撮影された映像で、隕石の光跡の中から突如光る棒状の物体が出現し、それが前を行く隕石に重なると同時に隕石がはじけている。その物体はそのまま前方に進んで消えている。
    ⇒ チェリャビンスク近郊の隕石 UFOによって撃墜か (新ビデオ) The Voice of Russia  (TV RUSSIA : 2013.2.18)
    ⇒ 日本でも、落下する隕石をUFOが爆破 動画が海外で話題に ザ・リバティweb ( 「隕石をUFOが破壊した」   2013.2.19)

 *  日本上空に無数のUFO。
     ⇒ 「UFOと宇宙人文明」NASAの陰謀と衛星映像の真実 (2013.2.14)

 *  
葉巻型超大型UFO。 日本の上空に涌く。
  
 2013.1.17は、実は無数のUFOにより日本は守られていた(51機の母船)
    ※ 四方八方からの巨大人工地震による破壊陰謀に晒されていたことがわかりました。 
    ⇒  2013.1.17は、実は無数のUFOにより日本は守られていた(1-2) 銀河系宇宙人のブログ (2013.1.26) 
     

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 《 2012年 》 (平成22年)

  ・ 【衝撃UFO 映像】 NASAが認めたUFO NASA has officially classified this as UFO - YouTube       (2012.12.11) 

 ・ 【 沖縄県にUFO(未確認飛行物体)が墜落 】
    ⇒ 沖縄にUFOが墜落!?日本で報道されない理由とは?画像 | 日刊ニュース速報 (2012.12.10) 
 
  ・ NASAが撮影したUFO映像 総集編 -1
  ⇒ ⇒    NASAが撮影したUFO映像 総集編その1 - YouTube  (2012.11.20) 
                              ⇒ ⇒
 
 NASAが撮影していたUFO映像 総集編その2 - YouTube   (2012.11.20)

  ・ NASAのUFO動画 YouTube 未確認飛行物体UFO動画集 

 * 
機密解除で判明した「空飛ぶ円盤」の驚きの性能 
 
      ⇒ 機密解除で判明した「空飛ぶ円盤」の驚きの性能 - NAVER まとめ   (2012.10.11)

 *・ 2012.10.20  アメリカとイギリスとフランスの33国において、2012年10月20日に同じようなUFOが目撃・撮影。4〜5機、それ以上の数のUFOが一斉に出現した編隊飛行のUFO米コロラド州デンバーの上空を高速で飛び回る謎の物体が目撃された。 (CNN
       
  ⇒ ⇒  
【衝撃UFO動画】2012年10月20日にアメリカとイギリスとフランスで同じようなUFOの編隊飛行が撮影される ロケットニュース24

 * 2012.7.30  五輪開会式の上空に現れた、古典的な空飛ぶ円盤!
        ⇒ UFOも007を見に来た!  五輪開会式の上空に現れた、古典的な空飛ぶ円盤! - AOLニュース 

 *・ 2012.2.23.  最近、世界各国(ロシア・イラン・アメリカ・イギリス・コロンビア・メキシコ)でUFO目撃
             ・ 2月の16日には、アメリカ上空を編隊飛行するUFOがドライブ中の自動車より映像として激写されており、同じ日、メキシコでもUFO映像が撮影されている。2日後の18日にはコロンビアとイギリス。翌19日にはロシアのモスクワと、米カリフォルニア州で激写。翌20日にはイラン上空……と、世界各国で目撃されている状態なのだメキシコでの編隊UFO。
         ⇒ 【UFO動画】ここ数日、世界各国でUFO目撃ラッシュ - ロシア・イラン・アメリカ・イギリス・コロンビア・メキシコなど – ロケットニュース24(β)


 *・ 2012.1.12.  1月5日中国四川省成都市の空港で超巨大UFOが出現した。しかも、1時間以上居座り続けて、地上に向けてレーザービームを照射し続けた為、空港は全線凍結、発着陸が出来ない状態であったという。
         ⇒ 中国四川省でUFOが激写される! 同時刻、地元空港では謎のフライト大量キャンセル発生 – ロケットニュース24(β)
   


  ・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  《 2011年 》 (平成23年)


 * 海外UFO最新情報 part 2. 

・ 2011.12.1. ベルリン地方裁判所は、ドイツ連邦議会にすべての極秘扱いのUFOファイルを開示するよう命令しました!
              これは「ドイツ連邦議会科学調査チーム」によって第二次大戦後数十年にわたり編集された極秘レポートで、そこにはUFOと地球外生命に関する衝撃的な事実が記されていることが知られています。

・ 2011.11.13.  メキシコでの編隊UFO。
         ⇒ Youtube(UFO)11月13日 メキシコ Mexico http--youtu.be-4Izl-N4sukY 20081014 ファーストコンタクト


・ 2011.10.4.  国際宇宙ステーション(ISS)から見るオーロラ。 
         ⇒ 
Aurora seen from the ISS in Orbit - YouTube 



・ 2011.9.14  中国 北京で撮影された、2機のUFO。
         ⇒ 【最新UFO映像】中国・北京の夜空に出現した2機のUFOに物議 – ロケットニュース24(β)


・ 2011.9.22  2,011年、日本のTV放送ビデオ。UFO最新映像。
         ⇒ 
  2011 UFO最新映像 La última imagen de UFO {purogurma de japon} - YouTube

・ 2011.9.11 UFOの性能 
    ⇒  
機密解除で判明した「空飛ぶ円盤」の驚きの性能 - NAVER まとめ (2011.9.11)

・ 2011.9.7  シベリアで着陸しているところを目撃され、5人の宇宙人が周辺を歩き回った痕跡まで発見されたニュース。
         ⇒ 
  シベリアにUFOが着陸 - 近隣を歩く5人の宇宙人も目撃される – ロケットニュース24(β)
              シベリアにUFOが着陸 - 近隣を歩く5人の宇宙人も目撃される - A Challenge To Fate 

・ 2011.9.7  モスクワ上空に現れた、トライアングル UFO
         ⇒ 
   Glowing Triangle UFO Over Moscow, September 7, 2011.mp4 - YouTube

・ 2011.9    ⇒ 世界各地の最新UFO飛来映像とニュース - NAVER まとめ

・ 2011.8.30  サウジアラビア上時計台上空に現れた、多数乱舞する 編隊UFO
         ⇒ UFO Fleet over Mecca 30-8-2011 - YouTube


・ 2011.8.23  に現れたUFO
         ⇒ 
 2機の軍用ジェット機がUFOを護衛しながら飛行する動画が話題に – ロケットニュース24(β)

・ 2011.8.2 アメリカ合衆国にUFOが墜落 / 鮮明な落下シーンが全世界に報じられる「国連が異星人接触に関して声明か」。
         ⇒ 
UFO Crash Into Ocean At Flagler Beach Florida – July 27, 2011 THE TRUTH BEHIND THE SCENES

・ 2011.7.14  ブラジルに現れたUFO
         ⇒ 
 
Brazil UFO, July 2011- EXPLAIN THIS ONE! MSM Reports, Multiple Witnesses, Analysis - YouTube 

・ 2011.7.11 超巨大な7機のUFOが月面を調査 
         ⇒ http://www.cropcircleconnector.com/2012/allington2/allington2012b.html

・ 2011.6.24  ロンドンに現れたUFO
         ⇒
 【ロンドン上空にUFO軍団出現(20110624)】新宿で目撃されたのと似てる!? 日刊!YouTube動画ニュース 


・ 2011.6.5  チリのプジェウエ火山が噴火した時に現れたUFO
         ⇒ 【UFO】チリ・プジェウエ火山噴火時にUFO確認! 日刊!YouTube動画ニュース


・ 2011.5.22  アルゼンチンのサルタ付近に現れたUFO
         ⇒ 
Inexplicata-The Journal of Hispanic Ufology Argentina UFOs Return to Salta


・ 2011.5.18  今年1月~5月に中国各地にUFOが現れたと中国各新聞が語る。
         ⇒ 
レコードチャイナ:雲南で、内モンゴルで、甘粛で!UFO目撃事件が多発―中国

・ 2011.5.9  東日本大震災後のUFO情報。
         ⇒
 震災以降、次々に発見されるUFOの情報まとめ - NAVER まとめ 

 *・ 2011.5.8  日本 東京 副都心 
新宿付近に現れたUFO編隊

         ⇒ 
  東京・新宿にUFOが無数に出現! 衝撃的な現象に東京都民が叫びまくる – ロケットニュース24(β)

 ・ 2011.5.3  
大震災、原発事故情報収集?に現れたUFO編隊。
         ⇒ 【和訳】凄いUFO! 福島上空、2011年4月(解説付).mp4 - YouTube

* ・ 2011.4.8  ロズウェルに墜落したUFOに乗っていた宇宙人(エイリアン)を検死解剖した際の記録ビデオこの映像は、1947年7月にアメリカのテキサス州ダラスのフォートワース基地内で撮影されたいう噂。(2,007.1.8)配信 ~ロズウェル・宇宙人の検死解剖フィルム 動画。>
         ⇒ YouTube - ‪Alien Autopsy Roswell UFO Crash (Original footage) 1-2‬‏

         ⇒ ロズウェル事件に新事実発覚!FBIのレポートが、UFOとエイリアンの存在を立証!? « ウィークリーワールドニュース・ジャパン weeklyworldnews japan

・ 2011.4.5  中国 映像 ?
         ⇒ 
 世界最新最強の戦闘機F22 がUFOを追った.f4v - YouTube 

・ 2011.3.15  東日本大震災中継映像のUFO映像  
         ⇒ 
  日本の地震ニュース中継中に映りこんだUFOらしき物体、5つの映像。宇宙からの支援部隊か?カラパイア

・ 2011.2.20  チベット付近に現れたUFO
         ⇒ UFO Photographed in Eastern Tibet


・ 2011.2.13  米 シカゴ オヘア国際空港付近に現れたUFO編隊
         ⇒ 
 YouTube - Multiple UFO Lights Over O'Hare Airport - February 2011

・ 2011.1.15 
 TV:    2011年 最新衝撃UFO映像!!! 2011年1月15日
         ⇒  YouTube - ‪UFO Special 1 - 14‬‏

・ 2011.1.5  米 ニューヨーク市マンハッタン  13日、4日、5日、高感度のライブカメラの映像を編集したもの
         ⇒  YouTube - U.F.O. ON NEW YORK


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 《 2010年 》

・ 2010.12.6  米 カリフォルニア州ロサンジェルス    20時、空港付近での高感度のライブカメラの映像
         ⇒
 YouTube - UFO Sighting over LAX Airport Dec 6, 2010 on Live Internet Cam.
  
 ・ 2010.10.24 米、ペンシルバニア。 銀河同盟UFO大編隊、デモンストレーションのビデオ。 UFOがフォーメーションを変えたり、消えたり現れたりする様子。
         ⇒
 YouTube - NTEB UFO Sighting In Pennsylvania October 2010
  
・ 2010.10.22 米、オハイオ州・シンシナティー。 銀河同盟UFOデモンストレーションのビデオ。 UFOがフォーメーションを変えたり、消えたり現れたりする様子。
         ⇒ 
YouTube - Cincinnati UFO! - 10-22-10


・ 2010.10.14 米、ニューヨーク。 銀河同盟UFO中編隊デモンストレーションのビデオ。 
         ⇒
 YouTube - UFO in NYC Aliens or balloons in New York sky

 ・ 2010.9.20.  NASAの科学者の発表:土星の環(リング)の中に地球の3倍の巨大宇宙船が発見されました。しかもその縦長の宇宙船はリングの中に3台も発見されたそうです。これは科学者により詳細な解説がされてますが、土星のリング(宇宙科学の謎)を作り出していたのはこの巨大宇宙船であったというのです。
   NASAの科学者ノーマン・バーグラン博士は、宇宙計画の科学探査チームの一員で、宇宙探査船からのデーターを分析する専門家である。
   彼は「1980年、ボイジャー1号と2号から送信されて来た映像をコンピュータ分析して、驚くべき事実を発見した」と発表した。
   それによると、「土星のリングの中に、長さが1万キロから5万キロに及ぶ、三機のUFOが滞空しているのが発見された」と言うものだ。
   「土星のリングの中にそれぞれ、(1)全長12,669Km 直径974Km 、(2)全長25,338Km 直径1,949Km、(3)全長50,667Km 直径3,898Kmの3個の円筒型UFOが存在することが確認された」というもの。
         ⇒ 地球の3倍の大きさの巨大宇宙船が土星の輪の中に - YouTube


・ 2010.7.26 中国、四川省の楽山で放送されたUFO。 最近は中国もUFO騒ぎが多発。
         ⇒
 Three suns in the sky or UFOs - People's Daily Online

 ・ 2010.7.15 中国で最近放送されたUFO番組。 最近は中国もUFO騒ぎが多発。
         ⇒
  YouTube - Expert discussed recent Chinese UFO activity

 ・ 2010.7.7 中国浙江省杭州市にある蕭山(しょうざん)国際空港が一時閉鎖された時の、UFO写真。日本でもかなり報道された。
         ⇒
 杭州仍在搜索机场不明飞行物踪迹(图)_新闻中心_新浪网

 ・ 2010.7.1日にブラジルのリオデジャネイロ上空を飛んでいる飛行機の機内からの撮影。
         ⇒ UFO Photographed from Plane in Rio de Janeiro, Brazil - UFO Casebook Files



 * ・ 2010.6.1日 超巨大UFO群が、太陽周辺で活動している映像。 太陽系の惑星群をと太陽のサイズ比較を簡易模型で分かり易く映像化してくれている        ⇒  suncruisers Earth-sized UFOs stationary in Sun's orbit, exposed. - YouTube#!#! 

 ・ 2010.5.15 ウクライナで出現したディスク状のUFO写真。 大きさは低空で飛行をする飛行機位。最初はゆっくり飛び、すぐにスピードを上げて消えてしまいましたが、何百人もの人によって目撃された。
         ⇒ 
UFO & Paranormal News

 ・ 2.010.5.11   イギリスのデヴィット・キャメロン新首相、UFO情報の完全公開を約束(自分が首相となった場合は、UFOに関する存在するかもしれない秘密のファイルはどんなものでも公開します。」と約束。

 ・ 2.010.4.18 中国の四川省成都市で撮影されたUFO写真。
         ⇒ Blinding UFO appears in Chengdu - People's Daily Online
 

 ・ 2.010.4.10 イギリスのウエストミッドランドにて、UFOらしき物体を2機の戦闘機がスクランブルしている映像。イギリス国防省はノーコメント。
         ⇒
 Fighter jets chase UFO down the M5 The Sun News  

  ・ 去年の2月、中国で撮影。地元の科学者と中国の軍の方もこの出来事を認めており、地球上でないUFOとしてニュースが公開。
         ⇒ YouTube - UFO over Liupanshui
  (2010.4.11

 ・ 2010.(4.) ロシアのモスクワ近くで撮影されたマザーシップ。
         ⇒
 НЛО, кажется где-то в России


 ・ 2010.1.31 メキシコのアカプルコ上空で、多数の人に目撃された、白玉状の編隊UFO映像。
    2000年1月18日には、楕円形型の各種の色をしたUFOが大勢の人によって目撃され大目撃事件があった
         ⇒
  YouTube - UFO fleet over Acapulco, Mexico 
 
 ・ 2010.?    アイルランドのダブリンで撮影された、高速で飛行している三角形編隊UFO映像。(2010.1.22)
         ⇒ 
 YouTube - UFO Dublin Ireland

 ・ アメリカ航空宇宙局(NASA)の太陽を専門に観測する立体宇宙船は太陽周辺で群がる巨大なUFOを記録し始めた。1月18日。
   ⇒  太陽の周りを回る”謎の宇宙文明”?:NASAその証拠を消去!? Kazumoto Iguchi's blog (2010.1.)
      太陽周辺に群がる巨大なUFO群=米メディア - (大紀元)


 ・ 2010.1.11 午後8時頃、中国・新疆ウイグル自治区の首都、ウルムチ付近上空での大規模なUFO目撃。撮影されたUFO写真。
         ⇒
   All News Web - New mass UFO sighting sends Chinese media into frenzy, photos


 ・ 2009.12.28 韓国のソウルで撮影されたアダムスキー型UFO写真。 韓国のUFO専門家で分析した結果、写真はコンピューターの合成などによるものでは無いと判断。
         ⇒
 ▒종합 경제정보 미디어 - 이데일리▒

 *・ 2009.12.26 チリ、ブレノスアイレスにあるBerries山脈撮影されたUFO写真。比較的鮮明な写真。
         ⇒ UFO Photo from Argentina Touted as Best of 2009 - UFO Casebook Files


 ・ 2009.12.16 チリで撮影されたUFO編隊風の映像。
         ⇒ 
 YouTube - UFO Fleet Over Chile December 16, 2009

 ・ 2009.11.  ペルーのリマで撮影された映像。 多数の飛行物体。
         ⇒ 
 YouTube - www.tvnetperu.com OVNIS EN LIMA.MPG

 ・ 2009.11.   コロンビアのOcanaでの映像。イエスキリスト像に向けてビーム(電撃)のような放電現象。
         ⇒ 
YouTube - Footage of UFO zapping statue of Jesus Colombia

 ・ 2009.11.13 米、フロリダで撮影された多数のUFO。   
         ⇒  
Unknown Objects Photographed over Florida - 11-13-09 - UFO Casebook Files


 ・ 2009.(10) 中国で撮影されたUFO?。   
         ⇒  YouTube - UFO over China 


 ・ 2009.(10) ドイツで撮影されたUFO?。
         ⇒
 All News Web - New UFO videos from Germany intrigue researchers

 ・ 2009.(10) 中国、上海で撮影されたUFOのマザーシップ?。   
         ⇒  YouTube - Mothership UFO filmed in China

 ・ 2009.10.(24)  ロシアのレニングラードで撮影されたトライアングル編隊のUFO映像。 
         ⇒  YouTube - http--www.tv100.ru-news

 ・ 2009.10.10  アメリカ、ペンシルベニア州のマリーズビルでの撮影。 空を飛んでるUFOらしき発光体から地上に向けてビームのようなモノを発射。

         ⇒  YouTube - UFO SHOOTS LASER! October 10, 2009 Murrysville, PA

 ・ 2009.9.20 レバノン 大規模なUFO目撃。
All News Web - UFO sighting by multiple witnesses in Lebanon, photos

 ・ 2009.9.13  米、ニューヨークのマウントヴァーノンで撮影されたH型のUFOの写真。
        ⇒ 
Dailymotion - UFO Filmed over Arizona - une vidéo Hi-Tech et Science

 ・ 2009.(9.9)  米、アリゾナ州のフェニックスての撮影。CNNが報道。 
この場所は昔からUFO多発地帯として有名。  → 1997年、フェニックスライト事件。
     最近では2,008年4月にも出現。 

       ⇒
 -Shaped UFO Snapped over Mt. Vernon, NY - UFO Casebook Files

 ・ 2009.8. 米、カリフォルニアで撮影された複数の点滅するUFOの映像。

       ⇒
  YouTube - AMAZING UFO FORMATION 100% REAL !

 ・  2009.8.20 8月20日に中国の山東省の東営で、約2時間にわたって多数(数万人?)が目撃、TVで大々的に報じられた。
       ⇒ 山东发现不明发光物_新华网山东频道_山东新闻

 ・ 2009.7.31  イギリスのランカシャー州で撮影された5機の編隊UFOのビデオ。 
       ⇒
 'UFO five' fly in fab formation The Sun News
 
  2009.5.22 メキシコのメキシコシティーの近くでビデオ撮影された数十機のUFO編隊。 同じ日に同じモノを物別の人が撮影。 
       ⇒ YouTube - 2nd INCREDIBLE VIDEO UFO RELEASES MOVING SPHERES

 ・ 2009.5.13、15、17日の3日間   トルコのイスタンブールで撮影されたUFO。 UFOの拡大映像コックピットも。2007年8年にも同様な映像あり。

      ⇒ YouTube - SHOCKING VIDEO İstanbul Kumburgaz UFO May 2009. NOT FAKE & NEW  
     2008.6.8   YouTube - U.F.O Istanbul - Kumburgaz Turkey (2008)  
     2007.7.30   YouTube - İstanbul - Kumburgaz UFO Görüntüleri - WORLD EXCLUSIVE! 

 ・ 2009.6.22  アルゼンチンのブエノスアイレス撮影されたUFO大群の映像。
      ⇒ YouTube - UFO FLEET 22 DE JUNIO DE 2009 BUENOS AIRES ARGENTINA

 ・ 2009.6.4   オランダからイギリスにかけて100個以上ものこの謎のオレンジ色の物体が、ドイツの人口15万人の町の中心部を低空飛行するかのように巨大な物体が飛んでいった状況撮影。5月11日から6月4日にかけて数回目撃。
      ⇒
 
Mysterious orange UFOs swoop across Britain's skies Mail Online

 ・ 2009.4.12   ドイツの人口15万人の町の中心部を低空飛行するかのように巨大な物体が飛んでいった状況撮影。
      ⇒
 
YouTube - UFOs over Paderborn - Germany
 ・ 2009.4.1
  イギリス、ケンブリッジシャーのイーリー大聖堂にて。UFO写真。
      ⇒
 The Ely Standard - Woman Walking Dog Takes Photo Of UFO Over Ely Cathedral

 ・ 2009.3.31  イギリスの南ハローにて、光線を発しているUFO写真。 口笛のような音が聞こた。  
      ⇒ 
UFO spotted in South Harrow - Harrow Observer


 ・ 2009.3.27  英公文書館が新たに公開したUFO情報アーカイヴダイジェスト版。 今回新しく公開されたのは1987年~1993年の目撃証言などで、この映像はUFO研究家のDavid Clarkeさん、公開された情報の中からハイライトとして選んで更にそれを動画にたもの。図解豊富。
       ⇒  YouTube - UFO files released March 2009 at The National Archives (UK) - video

 ・ 2009.2.17  チェコ(Cheb町)、2月14と17日の2回に渡ってUFOが出現し、地元の新聞などで大きく取り上げる。 
      ⇒ All News Web - Czech Republic UFO buzzes town, many stunned witnesses, good photo

 ・ 2009.2.6  イギリスのウィルトシャー州のMarshfieldで白、赤、青、緑の光を放ちながら飛んでいたUFO。
      ⇒ Colorful UFOs Photographed In UK

 ・ 2009.2.    イギリスのボーンマスで日中撮影されたUFO。
      ⇒ 'Thunderbird' UFO spotted over Bournemouth The Sun NewsUFOs

 ・ 2009.1.20   オバマ就任宣誓の日に会場に現れたUFO。ワシントン記念塔中腹付近を超スピードで左右に祝賀のデモンストレーション飛行。
     ⇒ 
 http://www.youtube.com/watch?v=vxK21XI6Luc&NR=1

 ・ 2009.1.6   ロシア、ウクライナ近郊、球体のUFOが白と青に色を変えながら光り、定期的に地上に向けてビームを放つ。
     ⇒
 
All News Web - Russia UFO emitting beam seen by many villagers.

  2008.12.~2,008.1 メキシコシティー国際空港近辺でのUFO出現映像まとめ。
     ⇒ 
 YouTube - Ovnis enero 2009

 ・ 2008.12.10 南米チリのサンディエゴで撮影された映像。 巨大な三角形のUFO。(マザーシップ)。
     ⇒ YouTube - Fleet of UFOs in Santiago, Chile December 9 2008


 ・ 世界各地に残されている、古代や中世に描かれた宇宙人とUFOの数々。宇宙人とUFOの絵の紹介HP。
     ⇒ UFO's in Earth's History - Crystalinks

 2008)  最近140年間の、イギリスのテレグラフが特集しているUFO写真集。各パートごとに約30枚表示。
          ⇒ UFO sightings 140 years of UFO picture Part III - Telegraph
       PARTⅡ     UFO sightings 140 years of UFO pictures - Telegraph 
       PARTⅠ     UFO sightings 140 years of UFO pictures - Telegraph                    

 ・ 2008.11.16  南フランスで撮影された映像
          ⇒   YouTube - Very Bizarre UFO Southern France 16-11-08

  2008.11.6 
 UFOがレッドビームを放つ瞬間の撮影: イギリスのブリストル。
           ⇒   What's zap The Sun News

 ・ 2008.11.  イギリス、ロンドンのコベントハーゲンでの4機のUFO。
          ⇒ The Cambs Times - MYSTERY Cambridgeshire man wonders if he innocently snapped four UFOs hovering over London

 ・ 2008.7   イギリスのサマセットで撮影。シリンダー形。
           ⇒ 
UFO filmed above Somerset coastline by holidaymakers - Telegraph


  2008.5.22 ~6.12、9.28  イスタンブールで撮影されたもの。  Sirius UFO Space Science Research Centerに送り分析をしてもらったそうで、その結果この映像が100%本物であるという結論が出たそうです。コンピューターで作ったCGではないとのこと。   6.12の映像が至近距離からで鮮明。
            ⇒ 
 YouTube - UNDENIABLE UFO VIDEO OF ALL TIME Kumburgaz Istanbul Turky
                İstanbul - Kumburgaz UFO's and ALIENS ARE BACK in 2008! on Vimeo
 

 * 2008.6.5 米、オクラホマ州 竜巻を携帯電話のカメラで撮影した映像にUFO 
            ⇒ 
 Unknown Object in Photograph of Funnel Cloud in Oklahoma-UFO Casebook Files

  ・ 2008.3.21米、アリゾナ州フニックスでの UFO 
            ⇒ ⇒
 
RED LIGHTS in the PHOENIX SKY-See Video-UFO Casebook Files  
      * 有名な1997年3月13日のフェニックスライト映像  YouTube - More Phoenix Lights Video 2006 - UFO.Whipnet.org

  ・ 2008.3.14 米、フロリダ トライアングルでの UFO 
            ⇒ ⇒
    Sidebar Video

  ・ 2008.2.22 イタリア  UFOを追いかけるNATO軍のヘリコプター 
            ⇒ ⇒
 
 Tre UFO seguiti da un elicottero militare NATO


  ・ 2008.2.14  英国GFS社の円盤開発チームは、遠隔操作できる小型の空飛ぶ円盤を製作
            ⇒ ⇒  動画:「空飛ぶ円盤」型の無人偵察機――コアンダ効果で垂直離陸 WIRED VISION

  ・ 2008.2.13  アメリカ、テキサス州のスティーブンビル
            ⇒ ⇒   
 MyFox Dallas UFO Investigation Won't Go Away


  ・ 2008.1.19 深夜 イギリス、ロンドンのタワーブリッジ付近で学生が携帯電話のカメラで撮影された鮮明に写ったUFO写真。UFOの専門家もこの写真は本物であると報告。
         ⇒  
UFO snapped over Thames The Sun HomePageNews


  ・ 2008.1.6  米 サンデェイゴで撮影された
UFO編隊ビデオ。
           ⇒ ⇒ 
 Video newsufo footage near san diego 1_1_2008 - ufo, ovni, news, extraterrestre, disclose - Alice Video 動画を共有する

  ・ 2007.12.25  ブラジルで撮影されたビデオ。
           ⇒ ⇒  YouTube - objeto nao identificado

  ・ 2007.12.22  アラブ首長国連邦で撮影されたUFO編隊ビデオ。
           ⇒ ⇒ 
YouTube - Latest UFO sighting. Arabia


  ・ 2007.12.18  日本政府は、「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体(UFO)の存在を確認していない」と閣議での答弁書を決定した。山根隆治参院議員(民主)が「UFOについての認識」を質問主意書でただしていた。  内閣のスポークスマンである町村官房長官は、個人的見解として、「UFO絶対いる」。福田首相は、記者団から見解を問われると、「私は、まだ確認していません」。   ~ 朝日新聞 


 ・ 2007.11.13 米FOXテレビは13日、米空軍の元パイロット、大統領候補らが米政府に対し、1969年に終了した未確認飛行物体(UFO)の調査を再開するよう要請したと伝えた。 要請したのは米など7カ国の元パイロットや軍当局者ら19人でつくる委員会。元アリゾナ州知事は「米政府はUFOがすべて合理的に説明付けられるという神話を脱するべきだ」と主張している
米空軍は47-69年にUFOの目撃情報1万2618件を調査し、脅威はないと結論。今回の要請にも「調査を再開する理由は何もない」とコメントしている。
 どの国も安全保障上、航空安全上の理由から自国領空内のいかなる飛行物体についても正体を突き止めるべきだと指摘。さらに、UFOに関して米政府は国民に語るべきだと提言したところ、中央情報局(CIA)関係者が「だめだ。UFOが存在すると公衆に話せば、パニックが起きる」と述べたと語った。  ~ 〔AFP=時事〕他


  ・ 2007.11.7  アメリカ、シカゴのオヘア国際空港にて、午後4:32携帯電話のカメラで撮影。このUFOは上空750フィート(約230m)の高さで、大きさはなんと100m以上あった。
        ⇒ ⇒ 
YouTube - Chicago O'Hare Airport UFO Witness Breaks His Silence


  ・ 2007.11.  アメリカ、ニューヨーク市のブロンクスで撮影された、整列しながら飛行する多数のUFO。
         ⇒
  YouTube - Massive UFO Brigade High Over New York City

  * 2007.11.1    チリのサラマンカにて数日前に撮影された写真。  
                  13時30~40分の間に
UFOが出現、空中に浮いている状況を多くの人が目撃。目撃談も頻発、チリの警察にも提出。
           ⇒ ⇒  Chile UFO Image Causes Widespread Surprise-UFO Casebook Files

   2007.10.13 夜11時頃、スペインのバレンシアで撮影された光りの大編隊。突然空に現れて数時間に渡って目撃。
         
⇒ ⇒ ⇒⇒
 YouTube - EXTRAÑAS LUCES EN EL CIELO 1

  ・ 2007.10.3 朝、 アメリカ、ニューハンプシャー州にて、飛行機から撮影された光の編隊。
         ⇒ 
  New Hampshire-Shot from Airplane Shows Unknowns-UFO Casebook Files

  ・ 2007.9.15 午後
、 チリのサラマンカアでのアダムスキー型UFOの写真。目撃者が数百人おり、警察に報告。
         ⇒ Chile UFO Image Causes Widespread Surprise-UFO Casebook Files


  ・ 2007.9.  イタリアでのUFO
         ⇒ ⇒
 YouTube - ufo ovni enorme

  ・ 2007.9.  スペインのモントセラトでのUFO
         ⇒ ⇒ Unknown Objects in Photograph over Montserrat Spain-UFO Casebook Files

   2007.8.6  ハイチでのUFOビデオ      何とも判断しかねる映像?
       ⇒ ⇒ ⇒⇒  YouTube - UFO Haiti 
              LiveLeak.com - Haiti UFO II

  ・ 2007.7.  アメリカ、テキサス州の2機のUFO

        ⇒ ⇒ Two Unknown Objects in Photograph from Texas-UFO Casebook Files 


  ・ 2007.6.13  アメリカ、カリフォルニア州のブレザントンで撮影された6機のUFO編隊
        ⇒ ⇒  Six UFOs Photographed in Clouds over Pleasanton-UFO Casebook Files

   2007.5.20  ペルーの首都リマのテレビで放映された、
昼間のUFO大群。  
      ⇒ ⇒ ⇒⇒  YouTube - Flotilla de OVNIS sobre Lima-Peru 20-Mayo-2007 1400 p.m.

  ・ 2007.4.25. アメリカ、アリゾナ州のメサで撮影された映像
        ⇒ ⇒  YouTube - UFO Fleet Mesa, Az - April 25th, 2007 1212pm

  ・ 2007.4.24. フランス 南部で撮影された映像
        ⇒ ⇒ Video of Low Altitude UFO in France-UFO Casebook Files

  ・ 2007.4.17. イタリアで撮影された映像   ⇒  UFO Video from Italy-04-17-07-UFO Casebook Files 

  ・ NASAが以前に撮影したUFO映像のハイライト  ⇒ YouTube - Nasa Ufo's video

  ・ 2007.3.22  フランスの「宇宙研究センター(CNES)」が、過去50年に渡って収集してきたUFOに関する情報をウェブサイトで公開した。
    世界で初の政府が公認した UFO のアーカイヴを開設。国立の研究機関がこの手の情報を公開するのは世界初。
    
アーカイヴには現在400個のファイルがあり、今年度末までには全ての情報をアーカイヴする予定。1950年以降の1,600件のUFO情報。
       ⇒   
Cnes - CNES-EN     Site du GEIPAN

  ・ 2007.2.6 アメリカ アリゾナ州フェニックスで多数の人が目撃。ビデオにも撮影。1997年3月13日にも同場所で目撃。
       ⇒ 
  MyFox Phoenix Phoenix Lights Part 2

  ・ 2007.2. アメリカ エリー湖畔でかなり接近したきた2機のUFOを、ビデオ撮影。
       ⇒  YouTube - Two Lake Erie UFO's - from www.DavidSereda.blogspot.com

  ・ 2006  コーンウォールで気球の上から撮影されたUFO 
       ⇒  Photographs of UFO Taken from Hot Air Balloon in U. K.-UFO Casebook Files

 
 ・ 2006.6. アメリカ テキサス州で撮影されたUFO編隊
       ⇒
 COAST TO COAST AM WITH GEORGE NOORY

  ・ 2006.3.23 エジプトのクフ王のピラミッド上で撮影されたUFO
       ⇒ UFO photographed Near Giza Complex in Egypt-UFO Casebook Files

  ・ 2005.12.30 アスラエルで撮影されたUFO
       ⇒ UFO HBCCUFO.org - Bat-Yam (Near Tel-Aviv), Israel Triangular UFO

  ・ 2005.10.3 メキシコのコアウィラ州で、防犯カメラに複雑に変化するUFOを撮影。
      UFOの中心部にコアが脈動的に光り、変形、UFOが膨張、コアがブルーに変色、コアーに穴が開きリング状、楕円に変化、やがて小さくなり消滅。  (UFO CASE BOOK  より)
       参考 : メキシコシティーで撮影されたUFO   ⇒ NEW SIGHTINGS OVER MEXICO CITY-UFO Casebook Files

  ・ 2005.8.6 米アリゾナ州で、2005.11.9 スペインのカステロンで、肉眼で見えなかったUFOをデジタルカメラで撮影。
                                                (ムー最新UFOレポートより)

  ・ 2004.3.5 メキシコの空軍機が上空で十数機からなるUFOの大群に接近遭遇。(メキシコ国防省発表) 
      外線カメラで撮影したマリオ・エイドリアン・ヴァスケス大尉は軍用機によって記録
      機長のマグダレノ・カスタノン少佐は、軍用機でUFOを追尾したと話している。「我々が彼らの動きを追っているのを彼らは気づいていたと思います。そして我々が追尾するのを止めると、彼らは消えてしまったんです」。 

                                                (X51 OGR  ニュースより)

  ・ 2004.1.  台湾:シンコンタワーより撮影。  
      ⇒  UFO Video from 2004 Taiwanese New Report UFO Video from 2004 Taiwanese New Report-UFO Casebook Files 



 (2).【過去の有名なUFOニュース】
  ・ アーノルド事件
    1947年6月24日、ワシントン州にてアーノルドが自家用飛行機で飛行中、9機の未確認飛行物体を発見、約2,700kmの超速度を確認。フライングソーサー(空飛ぶ皿)と命名。以後全米で目撃者続出。6月24日を「
国際空飛ぶ円盤記念日」に制定。

  ・ 1947年7月、「
ロズウェル事件」。ニューメキシコ州にて、墜落したUFOと異性人を回収、解剖記録を世界中に公開された事件。

  ・ 1952年7月、ワシントン事件。ワシントン上空にUFO出現、戦闘機がUFO に接近すると肉眼・レーダーから消失。繰り返した。

  ・ 1948年、アメリカ空軍がUFOの公式調査機関を設置。

  ・ 1948年、マンテル大尉操縦の米空軍機が、UFOを追跡中、接近し過ぎて墜落。

 ・ ジョージアダムスキーの宇宙人コンタクト
    1952年11月20日、アリゾナ州モハーベ砂漠にて、金星人とコンタクト。
    1953年2月18日、ロサンゼルスにて。火星人・土星人とコンタクト。UFOに同乗した。同乗体験記を出版。

  ・ 1956年、ドイツのオーベルトが、7万件のUFO目撃データのうち約8,000件をUFOと認めた。

  ・ 1975年、スイスのマイヤーが、プレアデス星団から来訪したセムジジャーゼと100回以上のコンタクト。

  ・ 1988年8月、海洋丸がUFOに遭遇、巨大なUFOのレーダ映像確認。
 
  ・ 1990年11月5日、フランス全土で、UFOの世界最大の目撃事件(400件)。

  ・ 1944年12月、ドイツナチスの基でアダムスキー類似型の逆重力機“ハウニブ1号・2号製造。


  (3).【ロズウェル事件】

 ・ 1947年7月2日、米・ニューメキシコ州ロズウェル近郊に空飛ぶ円盤が墜落した、UFO史に残る超有名事件、20世紀最大のミステリー。
 ・ 1947年7月2日、午後8時15分過ぎ、米・ニューメキシコ州ロズウェル基地上空に全長1km以上の飛行物体を発見、底部から2機のUFOが飛び出すのを確認。その後「マザーシップ」も移動、レーダーからも消失。この間、約10分、基地の無線使用不能、電話もノイズで使用不能。
 ・ 午後10時ごろ,ロズウェル上空を北西に向かって飛行する円盤がダン・ウィルモット夫妻により目撃された。
 ・ 午後11時35分、基地のレーダーがマッハ4で飛行する物体を確認。
 ・ 午後11時40分、雷雲の中に入った物体が二つに分れ別々の方向へ移動、レーダーから消失。
 ・ 基地の大佐は緊急体制を維持、ワシントンの陸軍省にも連絡。
 ・ 午後11時40分過ぎ、雷雲の中強烈な雷がUFOを直撃、制御不能に陥ったUFOがサンアウグスティン平原に墜落。
 ・ 7月3日、ロズウエル北方の牧場で牧場借地人(ブレーゼル氏)が謎の金属の破片を発見、7月5日に再度その場所に行き破片の一部を持ち帰る。
 ・ 7月7日、ブレーゼル氏がコロナに出向き、ウィルコックス郡保安官事務所を訪れ、ウィルコックス保安官に状況を通報、金属片を預ける。
 ・ 保安官はロズウェルズ基地に連絡、直ぐにマーセル少佐と情報部員が円盤の回収にあたった。
 ・ 第509爆撃大隊(アメリカ唯一の原子爆弾投下部隊)情報部のジェシー・A・マーセル少佐は、同隊の指揮官であるウィリアム・ブランチャード大佐の指示により、CIC(対敵情報部隊)の将校シェリダン・キャビットを伴って、現地へ赴いた。彼らは丸1日牧場に留まって調査を行い、翌日、破片類を1つ残らず回収して基地に持ち帰る。その後、現地に到着した陸軍航空隊と憲兵隊によって、牧場はたちまち封鎖され、翌日の7月8日、基地司令官ウィリアム・ブランチャード大佐の命令により、基地広報担当官ウォルター・G・ハウト中尉を通して、墜落した円盤の残骸を回収したと公式に発表。
 この発表からわずか数時間後、軍は、円盤を回収したという報道は誤報であり、墜落したのは単なる気象観測用気球に過ぎなかったと前の発言を撤回した。
 ・ 軍、住民、考古学調査隊など、多く人々に目撃された。
 ・ ロズウェル空軍基地の「気球落下説」はUFOの存在を隠蔽しようとする軍の策略である。
 ・ 円盤の機体や異星人の死体は、実は「第2現場」の、サンアウグスティン平原で回収された。
 ・ 円盤は情報部のチェックを受け,上部へ運ばれた.情報部は,円盤の構造や外見の詳細は不明と発表.
 ・ 回収された残骸の破片は、未知の物質。
 ・ 回収した金属には,ハンマーで叩いても壊れないほどの強度を持つものがあった。
 ・ アルミ箔のように薄く、ナイフでなぞっても傷ひとつつかないもの、切れるが、切った直後に元に戻ったもの、クシャクシャにした後自然に元の形に戻りしわ一つ残らなかったもの等未知の物質であった。
 ・ 回収したUFOには、動力源も推進エンジンらしきものもなかった。光ファイバーらしきものがあった。
 ・ 回収した3体の遺体は1.5mの日本人特有のDNAを有するモンゴロイドであった。
 ・ 回収したUFO内の機器を調査研究した結果、後に暗視装置、粒子ビーム砲、電磁推進システムなどを開発できた。
 ・ 軍はあらゆる懸命な情報操作により、この事件を闇に葬った。
 ・ この事件の直後からアメリカの国防システムを確立させた。7月中に下記の法案が異常な駆込み通過。
 ・ ① 空軍の設立。
   ② 「国家安全保障法」成立。
   ③ 「国防総省」(ペンタゴン)設立法が議会を通過。
   ④ 「CIA」設立議案可決。
 * 「ロズウェルズ事件」はアメリカ政府と軍にとっては強烈なインパクトであった。

 「サンアウグスティン事件」
  ・ ロズウェル事件のうち、異星人についての件名。
  ・ 異星人の遺体回収事件として有名。
  ・ ロズウェル事件当時、ファスター牧場から西へ約200キロメートル離れたサンアウグスティン平原で、連邦政府の土壌管理部に雇われていた土木技師のバーニー・バーネットという男が、空から真赤に燃える物体が砂漠に墜落したところを目撃、翌日墜落した空飛ぶ円盤の機体を発見。
  ・ 円盤は、直径約11メートル、外観ステンレス製類似。
  ・ 地面にめり込んだ機体内部に4人の遺体を、考古学調査団も一緒に確認。
  ・ 遺体は“親しみやすい容貌と感じのいい顔立ちをしていた”という。


 《 ロズウェル事件の真相 》
 ・ アメリカ政府はUFOから得た情報等を軍事目的に利用する為、ことごとく闇に葬ろうと情報操作している。
 ・ UFO情報はトップシークレット。
 ・ 秘密裏に極秘に情報を集め、最新兵器の開発等に夢中。
 ・ アメリカの情報操作は非常に洗練され、複雑な心理コントロールを巧みに行っている。
 ・ ロズウェル事件、「サンアウグスティン事件」も同様に、情報操作された。
 ・ UFO問題を信頼のもてない分野にしてしまう作戦。
 ・ わざと最初からボロが出るように仕組み、知られたくない情報を偽の情報と共に闇に葬るための手段。
 ・ 陰の政府は、真実を隠し続けている。絶対に知られたくない情報は隠し通す。
 ・ 陰の政府の最終目的は、自分達による世界制覇。
 ・ 軍事産業を必要とする状況を維持できるよう仕向けている。
 ・ 活動を維持する為に、ロックフェラーやロスチャイルド等の巨大財閥や軍産複合体の一翼を担う軍事企業と組んでいる。
 ・ 陰の政府は新しい価値観による貨幣経済の崩壊、資本主義国家の崩壊、完全平和が築かれることを恐れている。
 ・ 無尽蔵にある宇宙エネルギーを簡単に取り入れる宇宙科学が出来てしまうと、石油資本が崩壊、もくろみが壊滅的打撃を被ってしまうため、阻止するか、独り占めする。
 ・ ---。 

  (4).【フェニックスの光り事件】

 ・ 1997年3月13日夜、アリゾナ州フェニックス近郊で夜空に音もなく光る9個の明るい光の点が整列していたのを、約1万人の市民が目撃。
 ・ アリゾナ州からネバダ州にかけての地域で確認。
 ・ 1つずつ現れて、9個並んでから消えた。 発生から消滅まで、
3分半にわたる発光。
 ・ 市民達の多数のビデオ撮影があり12本のビデオの提供がある。
 ・ 撮影されたビデオを元にしたコンピュータ分析では物体はブーメランのようなV字型。
 ・ USAトゥデイ紙によると謎の物体は音を立てずに時速50k程で移動し何度か空中で停止したという。
 ・ 異なる場所からのビデオ撮影の解析から、後方の山より低い高度で発光していた。(約2,700m)
 ・ 米関係機関では現在も調査中、ほんもののUFOであった可能性が高いと判断している。

.UFO遭遇、宇宙飛行士

  宇宙開発当初、多くのUFO遭遇の情報がありました。しかしすぐに情報を流すことは国家の安全を危うくすることになるという判断の元、UFO問題に関して沈黙を守るという米ソ共両政府やNASAの堅い方針により、強力な隠ぺい工作や関係者の監視等のため、UFO目撃の事実を飛行士達は一切封印されてきたようです。
 最近になってようやく、NASA(米航空宇宙局)の元技術者が、ほとんどの宇宙探査機とアポロ宇宙船飛行士がUFOと遭遇していたという事実を明らかにしています。(1,969年「昭和44年」7月21日に宇宙飛行士が月面に降りて既に37年が経過)
 しかし、いまだにUFO全般に亘る情報は、政府やNASAによって完全に隠されているようです。
 しかし、やがて政府もいつまでも隠し続けることは出来なくなる状況になり、真実が公表されるか、一般大衆が先にUFOの存在を認めざるを得ない状況が現われる時が来るといわれています。
 下記に19世紀後半のUFOの撮影・遭遇のニュースや、宇宙飛行士のUFO遭遇等のニュースの一例をリストアップしました。

 ・ 1940年代  アメリカが原爆実験を開始した後、世界各地でUFOの目撃が急増した。第一次UFOウエーブ。米が「UFO調査プロジェクト」を発足。
              「プロジェクト・サイン」 ⇒ 「グラッジ」 ⇒ 「ブルーブック」へ発展。 
 ・ 1952年8月、羽田空港(当時の羽田米空軍基地)の管制官が円形に光る飛行物体を発見。レーダーもこのUFOを捕捉。迎撃のためF-94戦闘機がスクランブル発進。
 ・ 1952年7月19日 ワシントン上空を多数のUFO飛行。前代未聞の大騒動を引起す。スクランブル発進したジェット戦闘機が近づくと直ぐに姿を消す。翌週も同様にUFOの大群飛来。  米政府は急きょ「NAS」(国家安全保障局)を設立。
 ・ 1956年1月6日 マンチェスター空港に着陸しようとしていた、ブリティッシュ・エアーウェイのB787型機がUFOと遭遇する事件が発生。空港近くにいたM・ロイド氏もその物体を地上から目撃。
 ・ 1956年7月22日 カリフォルニア州 ベーカーズフィールド上空で軍用輸送機とUFOが空中で衝突するという事件が新聞に掲載。
 ・ 1962年2月20日 マキュリー6号、 ジョン・グレン中佐はフレンドシップ7で米人では初めての宇宙飛行(周回軌道)に成功。
                宇宙船を追う3機のUFO確認。 宇宙ボタル現象報告。
 ・ 1962年5月24日 マキュリー7号、 スコット・カーペンター、“宇宙ホタル”を発見、鮮明な円盤写真を撮影。
 ・ 1963年5月16日 マキュリー9号、(マーキュリー計画最後の飛行(フェイス7))で、ゴードン・クーパー少佐がUFOを目撃。地上からも捕捉。
 ・ 1964年10月12日 ヴォスホート1号、 UFO数機に囲まれる。
 ・ 1965年6月3日  ジェミニ4号、 卵型等の数機のUFO写真撮影。
 ・ 1965年12月4日 ジェミニ7号、 UFOに長時間追跡された。 ジャームス・ラベルとフランク・ボーマンも2機の楕円型UFOを撮影。
 ・ 1966年7月18日 ジェミニ10号、 コリンズ宇宙飛行士がUFOを目撃。
 ・ 1966年9月12日に打ち上げられたジェミニ11号、 ピート・コンラットとゴードンの2人が「我々の方向に翼のある人間がやって来た」と管制センターへ報告。 UFO撮影。
 ・ 1966年11月11日  ジェミニ12号、 J・ラベルとE・オードリン宇宙飛行士が「我々は1列に並んだ4つの物体を目撃」と報告。
 ・ 1968年12月25日 アポロ8号、 初めて月の裏側を見た後、「サンタクロースを見た」と報告。元NASAの宇宙飛行士ジム・アーウィンは、「サンタクロース」はUFO・地球外文明を意味する暗号」だとハッキリ肯定。(1989年11月20日、テレビ朝日「水曜スペシャル・満月と宇宙の謎」)
 ・ 1969年7月16日 アポロ11号、史上初の人類月着陸を成し遂げた(7月21日)。 アームストロング、コリンズ、オルドリンの3飛行士。
                月司令船が月を回る軌道に入ってすぐ、UFOに遭遇。4度遭遇。
    * 「例の宇宙船がある。クレーターの向こう側の縁にずらーっと並んでいるんだ。やつらは月面でわれわれを監視している」と報告。
    * アームストロングは、2機の大きな謎の物体が着陸船の近くに着陸してから彼らを見つめていると管制センターヘメッセージを送ったが、NASA宇宙飛行士のアーム・ストロングによると、「異星人が月面に基地を持っていて、行ったり来たりしている」と明確に話す。
    * 「2機の着陸したUFOの撮影記録写真が一切公表されていない」、と元NASA契約科学者が暴露。
 ・ 1969年11月14日 アポロ12号打上、 コンラッド、ゴードン、ビーンの3飛行士。 「UFOに追跡されている」と報告。
    * ヨーロッパ各地の天文台がアポロ12号の前後に一つづつ点滅させながら飛んでいる物体を確認。  
 ・ 1971年7月26日 アポロ15号打上、 スコット、ゴードン、アーウィンの3飛行士。 「白いやつが飛び回っていた」と報告。
    * 月着陸時に青く光るUFOを撮影。
 ・ 1972年4月20日 アポロ16号、月面に着陸する直前に“葉巻型の飛行物体”を撮影。
 ・ 1972年12月7日 アポロ17号、(アポロ計画最後)。 サーナン、エバンズ、シェミットの3飛行士。 着陸地点の近くの丘に皿状物体撮影。
 ・ 1984年、1,986年 海洋観測調査船「開洋丸」がフォークランド諸島で、2度にわたりUFOに遭遇。
 ・ 1986年11月17日 パリ発東京行きの日本航空1628ジャンボ貨物機が、アラスカ上空高度10,600メートルを時速906キロで飛行中、UFOと遭遇。
 ・ 1989年11月29日、ベルギーで巨大な葉巻型母船を行軍中の軍人が目撃。
 ・ 1989年12月11日~12日、「ベルギー事件」発生。 ベルギー各地10州以上で5万人に目撃。オランダでも目撃。
 ・ 1990年3月30日」、ベルギーのブリュッセルで3機のUFOを目撃、レーダーでも捕捉、空軍がスクランブル発進、マッハ2で現地上空に到着、レーダーシステムでUFOを捉え、迎撃システムでUFOをロックオンした瞬間、UFOは一気に上昇視界から消失。 その後も同様にUFO発見の都度、スクランブルを繰り返すがFUOに翻弄される。状況をビデオ撮影、UFOはアポロ11号が月面で撮影したUFOと同型。
 ・ 1991年3月12日、17、23~24日、29日、4月4日、 ベルギー各地にUFO飛来、ベルギー中が騒然となる。
 * EU本部のあるベルギーのブリュッセル周辺での長期にわたる多数のUFO飛来の意味するもの ⇒ NATO司令部の領空を侵犯することで、アメリカに対して軍事力の無意味さなどのメッセージを伝えるため。

  ※ UFO専門家のジョーゼフ・クダベェツエ氏によると、異星の宇宙船がアポロ宇宙飛行士たちによって定期的に目撃されたことを、NASAの秘密文書から直接に知ったという。「大気圏外で何かが起こつていることに間違いはない」と彼は断言した。
  ※ 科学者で元NASAの顧問であったフレッド・ベル博士は、「宇宙飛行士たちはUFOとの遭遇事件について沈黙を守ってきたが、それは彼らがUFOは国防にかかわる問題だと信じるように訓練されているからだ」と述べている。
    帰還後のインタビューで何人かが質問に答え、あやふやでどっちつかずの意見を述べてはいるが、UFO問題に関して沈黙を守るというNASAの堅い方針通り、宇宙空間での目撃事実を飛行士たちが明確に話すことは許されていなかった。
  ※ UFO研究家のティム・ベクレイ氏は、月面にいる円錐型のUFOのNASAの公式写真を見たことがあると報告。
  ※ 政府関係の一科学者が、NASAで宇宙飛行士達と働いていた人物から直接、UFO遭遇の件を聞いている。
  ※ 近接遭遇データは現在までNASAによって完全に隠されてきた。
  ※ NASAの元技術者が、すべての宇宙探査機がUFOと遭遇していた事実を明らかにしている。ジェミニ計画以来UFOの目撃は日常茶飯事だったと述べている。 以降アポロ宇宙船のすべてが、時には至近距離で地球外宇宙船の追尾を受けていたが、管制センターはその情報を決して公表しないという方針を堅持していた、とのこと。

   ※  別項目参照  ⇒ ⇒ アポロ計画の真相と月のUFO基地

.UFOの里
 福島県の飯野町に『UFOの里』(福島駅から車で約20分)を訪問しました。 平成20年8月9日(土)

 ・ 国内にあるUFOの資料館、博物館の類としては、現在のところ、福島県伊達郡飯野町にある『UFOの里』の“UFOふれあい館”、及び石川県羽咋市にある「UFOの町」の“宇宙科学博物館(コスモアイル羽咋)”だけのようです。
 ① 『“UFOふれあい館』 ・・・  UFOで町起こしをしている、福島市飯野町(人口約6千人)にある『UFOの里』の“UFOふれあい館”。
   ・ UFO関係の書籍、資料などを集めた展示館兼多目的公共施設。
   ・ 1992年11月に開館。UFO関係のビデオや写真等の資料をおよそ3000点所蔵している。館長は木下次男。
   ・ この施設のある飯野町はUFOの目撃例が多く、UFOの里としても知られている。また、UFO専門の施設は国内的にも珍しい。
   ・ ピラミッド型をした“千貫森山”(飯野町のシンボルとして町北部にそびえる端麗な三角錐の山。)にある。
      ⇒ ⇒ UFOふれあい館、オフィシャルページ。木下館長のメッセージやイベント情報。

 ② 『宇宙科学博物館:コスモアイル羽咋』 ・・・ 能登半島UFOの町:石川県羽咋市の「UFOの町」 ・・・ 羽咋市にあるコスモアイル羽咋はNASA特別協力施設とのこと。
      ⇒ ⇒ 能登半島UFOの町にある宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

 《 UFOふれあい館 》
 ・ UFO関係の書籍、ビデオや写真等の資料などを集めた展示館兼多目的公共施設で、1,992年11月に開館。
 ・ 山腹に着陸したUFOを模造した正八角形の建物。
 ・ UFOふれいあ館のある千貫森は、「古代ピラミット説」があり、この付近でUFOの目撃例も多いことから「UFO基地説」も語られるミステリアスな山。
 ・ UFOふれあい館入館料:400円。
 ・ 3Dバーチャルシアター 8分間。(3Dメガネ着用)
 ・ 資料室の見学、3Dシアター鑑賞、2階にある電磁波エネルギーの湯にも入浴できる。
 ・ 360度のパノラマが楽しめるUFOコンタクトデッキなど、さまざまなレクリエーション施設と絶景のロケーションを持ち合たくさんの人々に「憩いと安らぎ」の場として愛され親しまれている。
 ・ 駐車場横の物産館でお土産屋の購入、食事ができる。

 ・ 早16年も経過してるので、全体的に新鮮味が薄れているようです。
 ・ 開館後16年が経過しているので、展示資料が古く昔のものばかりの印象を受けました。
 
 ・ 周辺地域には千貫森を正面を望む“モアイ石”(人の顔の形をした不思議な岩)や、スフィンクスのような巨石、船形岩タイコ石」、くじら石などと呼ばれている「方位石」等が発見されている。
  
 ・ 千貫森山の山頂登るには、ふれあい館の前から階段を上がり、遊歩道(UFO道)を進む。途中ダミーの宇宙人に出会えます。
  ① 入口:"メイラ"、② 「セラ」、山頂まで550m、③ デカメタ。山頂まで470m。 ④ チーミー。山頂まで360m。 ⑤ ゴモラ。 ⑥ カメレホー。山頂まで180m。 ⑦ デカタン。 山頂まで110m。 ⑧ モリタン 山頂まで70m。 ⑨ 「Uータン」。 山頂:463m。 
 
 《 千貫森 》 標高 462m
 ・ 鹿児島の開聞岳を小さくしたようなきれいな円錐形をした山容は、UFO或いはUFOの基地を連想させる。
 ・ 遠くからもよく目立っ た為に昔から旅人の目印とされ、「峠山」とも呼ばれていた。
 ・ 千貫森の 千貫とはその昔の領主であった青木修理之進の知行が千貫だったことによると伝えられる。
 ・ 千貫山は大昔、巨人がたんがら(背負い篭)の土をあけてできた…などの伝説逸話も含めその形からは「古代ピラミット説」又、実際この付近でUFOの目撃例も多いことから「UFO基地説」も語られるミステリアスな山で、今、全国的にも注目を集めている。
 ・ 千貫森には強い磁場があり、磁石の方位が定まらない個所がある。
 ・ 千貫森山に登るには、「UFO道」を行く。 途中、ダミーの8人の宇宙人に遭遇する事ができる。 
 ・ 頂上からは視界360度の大パノラマを楽しむことができる。円錐形の山容で、UFOの基地にも見える。 
 ・ 千貫森山の山頂には、UFOとのコンタクトデッキがある。
 ・ 千貫森公園は昭和60年に福島民報主催の「ふくしま緑の百景」に選ばれた景勝で、内部にはアスレチックフィールドや炊事場もあるので家族連れには最適。UFO物産館では食事も出来る。UFOふれあい館の少し上にひっそりと佇む小手神社がこの山の歴史を感じさせる

 ・ 標高462.28mの山頂を約15分で登りました。
 ・ 遊歩道(UFO道)は巨木倒木の障害物がありました。
 ・ 時間が足りなかったので、周辺地域にある巨石や遺跡巡りはまたの機会に訪問する予定です。
 114号線からの入り口の標識   〃  UFOふれいあ館
 案内図看板  PR看板  UFOふれいあ館
 ① 入口のメイラ  ② セラ  メイラ  山頂までm地点  ③ デカメタ   山頂まで470m地点
 ④ チーミー  山頂まで360m地点  ⑤ ゴモラ   山頂まで250m地点  ⑥ カメレホー 山頂まで180m地点
 ⑦ デカタン 山頂まで110m地点   ⑧ モリタン 山頂まで70m地点  ⑨ Uータン  山頂到着
   山頂デッキ  三角点前の三つ球   三等三角点 標高462.28m

 10.《 UFO記念日,空飛ぶ円盤記念日 》
  ・ UFO記念日、空飛ぶ円盤記念日  
   ⇒ UFOライブラリーが制定。
  1947年 昭和22年、アメリカで初めてUFOが目撃された。 アメリカの実業家ケネス・アーノルドが飛行機で移動中に、時速2,700 Kmもの速度で急降下や急上昇を行っている9個の見慣れない飛行物体(コーヒー皿のような謎の飛行物体)を発見した。
  ・ アーノルド氏はこの物体を「空飛ぶ円盤(flying saucer)」と呼び、全米で報道されると同様の目撃証言が相次いだ。
  ・ 事態を重視したアメリカ空軍が、これを「UFO(Unidentified Flying Object:未確認飛行物体)」と名づけ、調査に乗り出したが正体はつかめず、1969年 (昭和44年に、車のサーチライトの誤認」や「目の錯覚の類」との調査報告を出した。
  ・ この日、世界中のUFOマニアが一斉に観測を行う。

 ・ 1947年6月24日、アメリカで初めてUFOが目撃された事件 →
  * ケネス・アーノルド事件  ⇒ ・ UFO事件簿 ケネス・アーノルド事件 


   ※  UFO動画 リンク集   》 
リンク先 内  容 UP DATO
動画
 NASAが極秘にしたいUFO目撃映像!!世界のUFO動画まとめ   UFO等 映像  2016.6.29
UFO 2016 マジか今年の最新UFO映像 ★未確認飛行物体 本物UFOなのか? - YouTube  〃  2016.2.8
 未確認飛行物体 2015 UFO映像 最新総集編 世界中でUFOが目撃されている。 - YouTube  〃  2015.12..30
 世界のUFO動画 - YouTube  〃  2015.05.30 
 【衝撃動画】警察が巨大UFOを誘導する様子が激写される!! 向かう先は「エリア51」か!-=米・ネバダ州  〃  2015.03.27
 絶対に【世界のUFO全部まる見え】観るな UFOのその後とは?墜落?逃げる- 映像集2014 Part1 【超常現象xファイル】 - YouTube  〃  2014.12.05
 【視聴注意】かつてないほど鮮明なUFO映像満載なYouTubeチャンネルが存在した! 鮮明すぎて身震いする - ロケットニュース24  〃  2014.09.11
 特捜!世界のUFO メキシコ少年と宇宙人遭遇の劇的瞬間を解析六甲山の謎飛行物体KGB映像 - YouTube  宇宙人遭遇  2014.06.26
 UFOが来襲!宇宙人と接触した映像 - YouTube  〃  2014.02.14
 2013年 東京上空にUFOの大編隊が出現した!! - YouTube  UFO等 映像  2013.12.28
 衝撃のNASA衛星写真!日本上空に61機の「葉巻型UFO」(2013.2.1~2) - YouTube  〃  2013.04.16
 決定版UFO これが宇宙人-米政府極秘調停の事実だ! (1990)YouTube  〃  2013.3.
 最もスゴいUFO映像 第1位 - YouTube  〃  2013.11.01
 *  UFO映像ベスト8 - YouTube  UFO等 映像  (2012.9)
 *  仰天!世紀のUFOミステリー - YouTube  UFO等 映像   (2012.9)
 *  最新UFO映像特集! - YouTube  UFO等 映像   (2012.8)
 *  UFO&宇宙人との接触(クラリオン星人) - YouTube  UFO等 映像   (2013.2)
 *  UFOと宇宙人と無限磁気エネルギー - YouTube  UFO等 映像   (2013.1)
 * 超最新UFOスクープ映像 - YouTube
 UFO等 映像   (2012.9)
 *  UFO等 映像   (2013.3)
【和訳】凄いUFO! 福島上空、2011年4月(解説付).mp4 - YouTube  2011.05.03
 
* 古代天体ミステリーの謎を追え! - YouTube
ミステリーサークル作成UFO  
* THE UFO 神々との遭遇!宇宙人と超古代文明 (1995) - YouTube
UFOと超古代文明  
* THE UFO-ロズウェル、エリア51の謎が今、明かされる!(1995) - YouTube ロズウエル事件  
* アポロ20号が撮影した月面古代都市 - YouTube 月面古代都市映像  
* 《 アポロの大き過ぎるウソ 》 2-2 概要必読↓ - YouTube
アポロ捏造  


 ※ 宇宙関連 映像 リンク集

《 宇 宙 関 連 》
  3-1 人類
 ▶ S3#28 人類創生の謎 - YouTube  2013/12/02
 ▶ S2#12 宇宙人と地下世界 - YouTube 2013/11/15
  3-2 UFO
・ 世界のUFO動画 まとめ    NASAが極秘にしたいUFO目撃映像!!世界のUFO動画まとめ - NAVER まとめ 2015/09/01
・ BIGTIME UFO!! [AMAZING FLYING SAUCER] JUST Before Hurricane Impact 8-30-2015 - YouTube 2015/08/27
・ 大阪の空にUFOの群れ!?空に浮かぶ10個の球体 - YouTube 2015/07/31
・ 10機のUFOが大阪湾上空に出現!母船から吐き出された小型UFO隊か!?【世界の不思議大図鑑】UFO UMA 未確認 ALIENS    2015/07/31
・ Best Of UFO, Unprecedented And Exited Moment! - YouTube 2015/07/30
・ UFO Experts Can't Explain This!!! TEXAS FLYING SAUCER! [RAW UFO VIDEO]7-9-2015 - YouTube 2015/07/09
・ INSANE! Best UFO Sightings Of June 2015 [Breaking News] Share This! - YouTube 2015/06/30
・  絶対に【最新!恐怖の宇宙人・UFO衝撃映像2015総まとめ】観るな 世界の衝撃映像・エイリアン UFO映像集総まとめPart1 Video Details - 2015/04/09
・ カリフォルニアのUFO編隊   ARMADA of UFOs caught in CALIFORNIA daytime sky. - YouTube 2015/03/11
・ 絶対に【最新!恐怖の宇宙人・UFO衝撃映像2015総まとめ】観るな 世界の衝撃映像・エイリアン UFO映像集総まとめPart2 2015/02/09
・ Best UFO Sightings Of 2015 Unprecedented And Exited Moment NEW! - YouTube 2015/02/01
・ エイリアン&UFO UFO Sightings The Most Incredible UFOs Ever Caught on Tape! - YouTube 2015/01/18
・ 米空軍のUFO報告書(全12,618件)がオンラインで解禁!! 今、明かされる「プロジェクト・ブルーブック」の全貌に専門家も狂喜乱舞!
“本当の謎”が明らかになる!|TOCANA
2015/01/16
・ UFO目撃情報   VNIS:Los avistamientos más impresionantes   2014/08/18
・ 
 ▶ 2013年 東京上空にUFOの大編隊が出現した!! - YouTube 2013/12/28
 ▶ 最新UFO映像 2013年12月6日 - YouTube 2013/12/08
・ Real UFO With Aliens Caught On Camera - YouTube 2013/12/06
・ 火星面でのUFO   UFO A Concave Tunnel Entrance On Mars, Identical To Earth - YouTube 2013/11/16
・  火星&UFO    UFO A Concave Tunnel Entrance On Mars, Identical To Earth - YouTube 2013/01/27
 ▶ 南極の人工洞窟と氷河に埋もれたUFO - YouTube 2013/06/24
 ▶ 衝撃のNASA衛星写真!日本上空に61機の「葉巻型UFO」(2013.2.1~2) - YouTube 2013/04/16
 ▶ ミッシングリンクで何が起こったのか? - YouTube 2013/03/21
 ▶ 古代天体ミステリーの謎を追え! - YouTube 2013/02/01
・ 月面のUFO  UFO Alien Spacecraft lands on the Moon HD - YouTube 2013/01/22
・ 
 ▶ UFO?米軍機?ありえない衝撃映像 - YouTube 2012/12/30
 ▶ ロンドンの空に突如現れたUFOに市民も騒然 - YouTube 2012/10/21
 最新UFO映像特集! - YouTube 2012/08/28
・ OVNI A 1 METRO DE CERCA ! - YouTube 2012/08/18
  2012年 ベストUFO  ~ Best UFO Sightings Of June 2012, AFO - YouTube 2012/06/29
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
 ▶ エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像 - YouTube 2011/09/06
 ▶ ロズウェル【UFO】事件~50年目 - YouTube 2011/07/31
 震災以降、次々に発見されるUFOの情報まとめ - NAVER まとめ 2011/05/09
 ▶ 【和訳】凄いUFO! 福島上空、2011年4月(解説付.mp4 - YouTube 2011/05/03
 ▶ 世界最新最強の戦闘機F22 がUFOを追った.f4v - YouTube 2011/04/05
・ 
・ LOS OVNIS MAS CLAROS DE LA HISTORIA 2.. - YouTube 2010/05/05
・ 
・ 原発監視UFO  Ver es Creer - YouTube 2009/11/18
  3-3 文明
 ▶ 矢追純一が検証するスイス人UFOコンタクティー ビリー・マイヤーのUFO写真と8ミリフィルム。1980年 - YouTube 2013/09/02
 ▶ シュメール文明の謎 Zecharia Sitchin Šumeru - YouTube 2011/12/16
 ▶ 地球外生命体:地球を訪れた57種類のET - YouTube 2011/11/18
 ▶ newプレアデス星人は本当にいるのか?小宮UFOプロジェクト【KUP】 - YouTube 2010/11/30
  3-4 アポロ宇宙船
 ▶ アポロ計画の嘘 徹底検証 part1 - YouTube 2013/04/08
 ▶ アポロ計画の嘘 徹底検証 part2 - YouTube 2013/04/08
 ▶ 《 アポロの大き過ぎるウソ 》 2-2 概要必読↓ - YouTube 2012/02/10
 ▶ アポロ20号が撮影した月面古代都市 - YouTube 2011/11/20



  3-5 ミステリーサークル (クロップ サークル)
 ミステリーサークルが出来る瞬間 - YouTube 2008/08/07
 ▶ UFO on CAM Making CROP CIRCLES - YouTube  : サークル 創造状況 2009/08/10
 ▶ 4 new Amazing Crop Circles in England Early Aug 2012 !!! - YouTube 2012/08/09
 ▶ ミステリーサークルの真相を追え! - YouTube 2012/12/25
 ▶ Crop Circles (best untill 2013) - YouTube        : 2012~13年 代表的 サークル-1 2013/02/21
 ▶ Most Amazing Crop Circles Latest 2013 - YouTube  : 2012~13年 代表的 サークル-2 2013/03/04
 ▶ Crop Circle Hackpen Hill July 2013 - YouTube     : イギリス 雄大なサークル 2013/07/22
 ▶ Hackpen Hill (1) Crop Circle 2013 Aerial View Tricopter FPV HD - YouTube#t=174 : 〃  〃 2013/08/11
 ミステリー・サークル2013 - 最新ニュース。         : 2013年のサークル ニュース 2013-12-30
  3-6 宇宙
 ▶ ハッブル宇宙望遠鏡 1-2 - YouTube 2012/12/15
 ▶ ハッブル宇宙望遠鏡 2-2 - YouTube 2012/12/15
 ▶ 【宇宙ヤバイ】星の大きさを比較 日本語訳付き - YouTube 2012/10/15
 ▶ 宇宙の歴史を1年にまとめてみた - YouTube 2011/09/24
 ▶ 銀河・150憶光年の旅 1-3 - YouTube 2013/04/27
 ▶ 銀河・150憶光年の旅 2-3 - YouTube 2013/04/27
 ▶ 銀河・150憶光年の旅 3-3 - YouTube 2013/04/27
 ▶ 2分で行ける!137億光年×2[宇宙の神秘] - YouTube 2012/05/22
 ▶ 宇宙に終わりはあるのか?。村山斉1-2 - YouTube 2013/07/22
 ▶ 宇宙に終わりはあるのか?。村山斉2-2 - YouTube 2013/07/22
 4.《 覚醒・アセンション 関連 》
     4-1  真相
 ▶ スライヴ (THRIVE Japanese) - YouTube  : 影の政府 暴露 2012/04/05
* アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース No.30 2014:UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象 - YouTube 2014/06/09
 アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース No.29 2014:UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象 - YouTube 2014/05/14
 アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース No.28 2014:UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象 - YouTube 2014/04/20
 アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース No.27 2014:UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象 - YouTube 2014/03/30
 アルシオン・プレヤデス20−2 - 光の存在がいかにして人類を助けているか - YouTube 2014/05/01
 アルシオン・プレヤデス20−1 コスモスの連盟の助け:ミステリーサークル、UFOの出現... - YouTube 2014/04/11
 ▶ アルシオン・プレヤデス(3部作の第3部) オリジナルバージョン - Japanese - YouTube 2013/01/22
 アルシオン-プレヤデス 第2部 Alcyon Pleiades Japanese (Part 2 of 3) - YouTube 2013/01/06
 アルシオン-プレヤデス Alcyon Pleiades Japanese (Part 1 of 3) - Original Version - YouTube 2012/12/11
  4-2 アセンション
 ▶ 人生はゲーム。意識状態があなたの現実を創りだす(保存版バシャール) - YouTube 2010/08/25
 ▶ バシャール - 自分が1番ワクワクすることを見つける ワクワクの基本! - YouTube 2011/02/26
 ▶ バシャール~「3次元、4次元~5次元移行について」 - YouTube 2010/12/10
 ▶ プロジェクトガイア 銀河系宇宙連合体と地球創生計画 - YouTube 2012/05/05