全国の巨樹訪問   
 巨樹へ ⇒ ⇒    

W.西日本
 1.  蒲生のクス
 2.  藤崎台のクス
 3.  川古(かわご)のクス
 4.  本庄の大クス
 5.  武雄の大楠
 6.  衣掛(いかけ)の森
 7.  隠れ屋の森

 当方最近、身近にある都内の『巨樹』巡りを行いました。第二弾として、全国の極有名な『巨樹』巡りを今後少しづつ、登山や旅行をする機会に合わせて行いたいと思っています。 サラリーマンとしてはなかなか遂行しにくいですが少しずつ実行することにしました。 
 訪問記を下記にUPしましたので、関心のある方はどうぞ参考にして下さい。
* 巨樹と対面して、巨樹達からの“気・オーラ”を感じ取り、メッセージや素晴らしいスピリッツを感じてみてはいかがでしょうか。 

§W.西日本

.蒲生(かもう)の大楠(クス)

 ・ 全国第一位の巨樹。 昭和63年(1988)に環境庁が実施した全国調査以降現在まで「日本一の巨樹」とされています。
   * 平成11、12年に実施された巨樹・巨木林フォローアップ調査報告書(昭和63年調査のフォローアップ)によると、第1位「蒲生の大クス」24.22m、第2位「来の宮神社の大楠」(熱海市23.90)mで32cmの差で「蒲生の大クス」が依然一位を保っている。
 ・ 幹周   = 24.22m  (平成14年(2002)刊行の環境省「巨樹・巨木林フォローアップ調査報告書」)
 ・ 樹高   = 30m 
 ・ 推定樹齢= 1,500年。
 ・ 枝張り  = 24×29m
 ・ 根周り35m、幹周り24.2m、枝張り東12m・西12m・南10m・北19m、樹高30m((社)農林水産技術情報協会HP)
 ・ 昭和27年3月29日に国指定の特別天然記念物に指定。
 ・ 所在地  = 鹿児島県 姶良郡 蒲生町上久徳 2259 八幡神社
     → 鹿児島県のほぼ中央、鹿児島市街地から約30kmに位置する小さな町、武家屋敷のつらなる蒲生町の中心部、その町の中心部高台にある蒲生八幡神社境内にある。
     → 蒲生町役場前のバス停から歩いて約5分で八幡神社。
 ・ 1123年、蒲生八幡神社が創建されたとき、すでに御神木として祀られていた。
 ・ 保護のため周囲は木製デッキで取り囲まれ、デッキ内は立ち入り厳禁。
 ・ 南側地面付近の幹には、鍵が掛けられた扉があり、内部は約8畳の空間広がっている。 (各種養生施工)。 
 ・ 巨大な樹幹の下部は、複雑に大きな瘤が重積し、根元には直径4.5mの空洞がある。
 ・ 平成8年度から4カ年計画で「保護増殖事業」が実施され、大規模な地表・地下の異物除去と土壌改良など、本格的な保護工事が行われた。
 ・ 伝説では、和気清麻呂が宇佐八幡の信託を奏上し、大隈に流されたとき蒲生を訪れた和気清麻呂が手にした杖を大地に刺したところ、それが根づき大きく成長したものが「蒲生のクス」だともいわれている。
                                     (〜フリー事典等より)

訪問記
 ・ 2,008年(平成20年)11月15日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問を行いました。
 ・ 熊本から約150K1時間半、姶良ICで下り、カーナビに従って県道42号線を進むと案内標識があり、町の中心部を過ぎると赤い鳥居が右側に見え、蒲生八幡神社に到着、左側にある広い無料駐車場を利用。 

 ・ 大きな赤い鳥居をくぐった左先にも大きなクスがありますが、目的のクスのある神社の奥左側へ進む。
 ・ まずお参りを済ませ、クスの全景を撮影するため、クスの木からかなり離れた場所で撮る。
 ・ 説明の標識が二種類あり、撮影する。
 ・ 近づいてしっかり見入っていると、あたかも白髪の長いヒゲを生やしたクスの長老が現れてきそうな雰囲気が漂ってきました。
 ・ 言葉が出ないほどの威圧感と畏敬の念に襲われ、襟を正し、挨拶しました。
 ・ 日本一の名に恥じない雄大な姿で聳え、貫禄充分の巨樹でした。
 ・ 迫力満点、日本一の風格十分です。
 ・ クスの内部には、タタミ約8畳分の空洞があるそうで、公開されるチャンスがあれば是非入ってみたい気分です。まるでトトロの家のような雰囲気です。
 ・ この樹木もクスの特質上、根本付近は肥大化するようですが、かなり上の部分まで太い幹で、コケや着生木が見られました。
 ・ 平成8年度からの4カ年計画で「保護増殖事業」の成果が表れているようで、樹冠の広がりや葉の密度、色合い等、質量共に充分な樹勢が見受けられました。
 ・ 八幡神社から道路を挟んだ向かいに広がる武家屋敷群も、立派な門構えや赤、紫、白の花が咲く庭があり見事でした。
 ・ この「蒲生のクス」を日本の宝として、今後も更に注意深く保護し、自然と調和した町づくりを勧め、蒲生古来の伝統的風土を守り続けてほしいところです。
 

 蒲生八幡神社  蒲生の大クス 全景
 標識  〃
 蒲生の大クス 全景   根本
 全景  下部
 下部  下部
  下部  幹 アップ
 中間部  〃
 根元の扉   〃


.藤崎台のクスノキ群

 ・ 全国第十位の巨樹。
 『7本のうちの最大の木』
 ・ 幹周   = 20m    目廻り=12m  
 ・ 樹高   = 28m 
 ・ 根回り  = 31m
 ・ 推定樹齢= 1,000年。
 『7本のうちの最小の木』 
 ・ 幹周   = 7m  
 ・ 樹高   = 20m 
 ・ 根回り  = 31m
 ・ 推定樹齢= 400年。
 ・ 所在地  = 熊本県熊本市宮内 藤崎台球場脇
   → 熊本駅からバスで10分。   市電・蔚山町(うるさんまち)電停から徒歩約10分。 
 ・ 国指定天然記念物 1,924年(大正13年12月9日)指定。  
 ・ 熊本城のある広い地域の西の端に藤崎台球場という野球場があり、球場のすぐ脇、>県立美術館の西側>に、国の天然記念物のクスノキの巨木群がある。
 ・ 藤崎台には明治10年まで藤崎八旛宮が鎮座されていた。藤崎宮は承平3年(933)の勧請と伝えられており、以来950年近くこの台地に社殿があったため、その社叢(しゃそう)として7本のクスの大木が残ってきた。
 ・ 大きなものは根廻り31m、目通り幹囲り12m、高さ28mにもおよび樹齢推定1,000年、小さなものでも目通り7m、高さ20mで推定樹齢400年とみられている。
 ・ 西南の役に社殿はことごとく焼失し、以後陸軍用地となり、昭和35年に県営野球場となったが、このクスノキ群は保護柵が設けられ今日に及んでいる。
 ・  かつて当地にあった藤崎八旛宮の名残で、7本の大きなクスノキが群生している。 外野席スタンドの後方にみられるこんもりとした森として野球中継でも有名。
 ・ 外野スタンドのバックスクリーン横(左翼側)には7本のクスノキが立っており、球場のシンボルのようになっている。
 ・ 7本のうちの数本は芝生の外野席に日陰をつくり、夏に外野で野球を見る人に心地よい場所を提供する。
 ・ 球場が小高いところに位置しているため周囲から良く目立ち、森の都・熊本の象徴のようになっている。
 ・ これだけの巨樹が群生しているのは珍しく、1,924年 (大正13年)12月9日、国の天然記念物に指定された。
 ・ 球場が完成した際、幹を守るため周囲に保護用の金網が設けられた。
 ・ 最大の物は根元付近の肥大が大きく、幹周りは20mと、全国でも最大クラスの幹周りであることが近年確認された。
 ・ 夏の高校野球大会では、外野席まで伸びる木陰の下で観戦する人も多い。
 ・ この7本のクスの木は、神社の森として千年近く手厚く保護されてきて、戦火にも生き残り、なおも樹勢を保っている。
 ・ 幹はいずれも空洞となっているらしいが、樹勢はなお盛んで、現在は保護柵が設けられ、自然のままに保存されている様子がうかがえる。
 ・ 柵の外から観ると7本共、幹や枝がつる性植物や寄生植物に覆われて、毛むくじゃらの巨獣のように見える。なかなか金網の外からは幹の太さなどをうかがい知ることは難しい。
 ・ このクスノキを生かそうと、城下町の新町地区の住民が8月に「熊本城藤崎台千年クスノキ群顕彰保存会」を結成。保存会理事長で一新地域商店会連絡協議会長の橋本和彦さん(53)は「新幹線開業も目前。クスノキを整備すれば、城を訪れる観光客に、城の周辺まで見に来てもらえる」と期待する。
 ・ クスノキを囲む高さ2・2メートルの金網は64年、クスノキの幹にある穴に入った人による失火騒ぎがきっかけで、木の保護のため張られた。今回、木に親しめるよう、県教委の協力を得て金網を撤去し、代わりにツゲの木を周りに植えることにした。7本のうちの1本、囲む金網を18日に撤去し、23日朝には地元の子どもらがツゲを植える。残る6本も今後整備する。費用は募金などでまかなう。
  〜 2,008年11月20日 朝日新聞
            (〜フリー事典等より)

訪問記
 ・ 2,008年(平成20年)11月14日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問を行いました。
 ・ 初日、熊本空港から熊本城の駐車場へ向かい、約15km40分ほどで到着。
 ・ 駐車場の管理人さんに聞き、天守閣から南西方向約500m、クスノキ群の案内板や標識等一切ありませんでしたが、藤崎台球場のナイター用の照明塔を目標に進む。
 ・ 熊本城公園から一旦坂を下り、前方にそれらしい森を見出し進むと、坂の上の球場のナイター用の照明塔の先に「藤崎台のクスノキ群」がありました。
 ・ 標識があり、7本のクスノキの巨樹が集中してありました。
 ・ いずれも高い金網と最上部には鉄縄文で厳重に囲まれており、中には入れません。
 ・ 案内板によれば、その最大のものは幹周囲12メートル、樹高28メートル、樹齢は約1,000年。小さなものでも幹周囲7メートル、樹高20メートル、樹齢400年位と記されていた。
 ・ いずれの木も樹勢は旺盛で、のびのびと元気良く育っていました。まだまだ大きくなる気配です。
 ・ 幹にツタ類などの着生植物が絡みついていました。
 ・ 熊本城は、大勢の観光客で賑わっていましたが、訪問中、こちらは子供連れ一組だけしか合いませんでした。
 ・ PRがなされていないようでした。
 ・ 帰宅後、新聞記事に、1本だけ金網を撤去して、整備したとの情報を得ました。 今後PRされると予想されます。
 藤崎台球場裏、藤崎台のクスノキ群入口  藤崎台のクスノキ群
 全景  全景
 全景−1  全景−2
 根本  中間部の幹のコブ
 根本  標識

川古(かわご)のクス

 ・ 全国第五位の巨樹。
 ・ 幹周   = 21.0m    
 ・ 樹高   = 25m 
 ・ 根回り  = 33m
 ・ 枝張りは東西・南北27m
 ・ 推定樹齢= 3,000年。
 ・ 所在地  =  佐賀県武雄市若木町川古7843 日子神社  川古の大楠公園
   → @  長崎自動車道武雄北方ICから498号線を伊万里方向へ約8k。
      A 武雄温泉駅より車で約20分。
      B  JR佐世保線武雄温泉駅から、昭和バス伊万里行き乗車。バス停上宿
 ・ 国指定天然記念物 指定。大13.12.9 
 ・ 奈良時代には、名僧行基がここを訪れ、この木の幹に観音像(六臂(ろっぴ))を刻みこんだと伝えられている。しかし、廃仏毀釈の時に顔や衣服のディティールを削り取られてしまい、現在は六臂観音像はこの木のそばのお堂に安置されている。
 ・ 現在、幹の南西部には空洞があり、その中に稲荷の石祠が祀られている。
 ・  『六臂観音像』 ・・・ 幹に直接彫られた立ち仏で、伝説では奈良時代の名僧行基が刻んだといわれています。廃仏毀釈で顔面を削られ、昭和60年、永年の風雨虫損の影響で幹から剥落してしまった。制作年代は不明であるが「川古庄屋日記」から、明和3年(1,766)には既に存在していたことが判っている。 像高:20cm。
 ・ 『如意輪観音坐像』 ・・・ 如意輪観音坐像は観音立像の顔面にはめ込まれていたもので、廃仏毀釈の際に分離されました。鋳造技法などから江戸時代の作品と考えられています。像高:4cm。
 ・ 大楠周辺は川古の大楠公園となっており、水車館や地元に伝わる大蛇伝説のからくり人形劇が上演される「為朝館(ためともやかた)がある。
 ・ 観光バス用の駐車場、お土産屋もあり、観光用PRが行き届いている。
 ・ 樹勢も、樹木医等の手によって治療を施され、回復している。
 ・ 佐賀県の県の木はもちろん「くす」。 「肥前風土記」によれば、「佐賀」の名前は、楠を「サカノキ(栄の木)」と呼ぶことに由来すると言う。
                                                        (〜フリー事典等より)
【 訪問記 】
 ・ 2,009年(平成21年)5月27日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問も行いました。
 ・ 多良岳登山後、長崎自動車道武雄北ICを降り、約3kにある大楠神社の“武雄の大クス”訪問後、カーナビに従って34号→498号線を約10kで案内標識があり駐車場に駐車。
 ・ 駐車場の北側の家の陰に目的のクスがあり、周囲が広々としており、体裁の好い巨大な盆栽といった感じ。
 ・ どっしりと構えた風格の樹木で、3,000年の歴史を刻んだ雰囲気がありました。
 ・ 全国のクスの中でも風格が最もあると言われているとおり、周囲から孤立した状態で、遠くから見通せるので、のびやかにゆったりとした雰囲気がありました。
 ・ 一部分にあった空洞は発泡スチロール樹脂が埋め込まれていました。
 ・ 枝はボウラン、ノキシノブ、コケ類で覆われており、威厳たっぷり。
 ・ 全体的には樹勢は比較的旺盛で、若葉をしっかりと茂らせていました。

 ・ 巨樹の前のスペースは観光記念撮影の場所になっており、団体さんが次々と訪れ、記念撮影を撮っていました。
 ・ 巨樹の前にはお土産店ががあり併設して水車が稼働しており、小屋内部が見学でき、水車の動力を利用した粉ひきの様子が分かり参考になりました。
 案内板  〃
 公園内の“川古の大クス”  〃
 〃  〃
 〃  〃
 〃  観音像  〃   〃

本庄の大クス

 ・ 全国第五位の巨樹。
 ・ 幹周   = 21.0m  
 ・ 樹高   = 23m 
 ・ 根回り  = m
 ・ 推定樹齢=300年以上(1,500年) 伝承=1,900年。
 ・ 所在地  = 福岡県築上郡築城町(ついきまち)大字本庄 1641−1  大楠神社
  → JR日豊本線築城駅下車。太陽交通下本庄バス停下車。徒歩約1分。
 ・ 国指定天然記念物 1,922年(大正11年3月8日)指定。  
 ・ 福岡県の北西、築城町下本庄の大楠神社には、川古の樟と並んでクスでは全国第三位、全樹木では第5位の巨樹と認定された、「本庄の大樟」がその威容を見せています。(昭和63年環境庁巨樹・巨木調査)
 ・ 本庄のクスは胸高周囲20.6m、樹高約22.7mの全国のクスの中で3番目といわれる大きさを誇る巨樹。
 ・ 景行天皇が熊襲征伐の戦勝記念として植えたと伝わっている。
 ・ 大楠神社の「大楠宮小楠宮社記」によれば、景行天皇が京都郡御所ヶ谷に九州平定のため行宮を造営した際に、ここより南を里の山河清浄の地にするため常盤木の楠を植え、戦勝祈願したと伝えられる。
 ・ 宇佐神宮の遷宮(30年に1度)に際し、造営の前に行われる「御杣始祭」が(遷宮の用材を切り出す時に行う祭りで、起源は奈良時代)、この本庄の大樟の前で行われていたという記録があるそうで、 この御杣始祭は平成7年11月、139年ぶりに復活された。
 ・ 10月下旬には大楠の下で、地元の音楽愛好家によるクラシックコンサートが開催される。 
 ・ 木心部は大きな空洞があり、明治34年には空洞内の火災で主幹部の大半を焼き尽くしたそうですが、奇跡的に第一枝が蘇り、今でもなお、焼けた跡は残っており、当時のすさまじさを物語っていますが、今は元気に大枝いっぱい葉を繁らせている 。
 ・ 主幹が折れ、裏に回ると大空洞が口を開けてしまっていますが、かつて、この木の空洞で寝泊まりした者が原因で、火災が起きたものと言われている。
 ・ 平成8年に樹木医によって治療が行われ、樹勢も回復傾向にある。
                                                         (〜フリー事典等より)
【 訪問記 】
 ・ 2,009年(平成21年)5月28日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問も行いました。
 ・ 英彦山登山後、カーナビに従って、496号線から 築城ICへの道を本庄方向へ進むと、浄徳寺のすぐ先の下本庄先の上城井小学校手前に大楠の案内標識があり、左折すぐに大クスの前の駐車場に駐車。
 ・ 火事のために根回りの半分は失われていますが、残りの半分はしっかりと根を張り、爽やかな色の葉が風にたなびき、樹勢はかなり回復しているように見えました。
 ・ 幹の北西側に大きく口を開き、半身を失った格好で立っている。
 ・ 木芯部は空洞になっているため多くの支柱を用いて樹木を支えており、支柱の食い込みが著しく損傷を受け、根株の腐朽もあるため、平成8年に樹木医による健康診断を受け、以来養生が行われているようです。
 ・ クスの根回りには、大きなコブや洞があり、根回りは魔物が住んでいるような異形の姿をしている。
 ・ 幹の上部を見上げれば、爽やかに輝いている緑色の葉が風にそよいでいるました。 
 ・ 樹勢は充分見受けられ、更に巨樹の風格が今後生じてくると期待しています。

 案内板  大楠神社
 全景  〃
 〃  〃
 〃  公園付近の カエデの種
 〃  シャクナゲ

武雄の大楠

 ・ 全国第七位の巨樹。
 ・ 幹周   = 20.0m  
 ・ 樹高   = 27m 
 ・ 根回り  = 38m
 ・ 枝ぶり  = 東西=18m、南北=15m
 ・ 推定樹齢=300年以上(3,000年) 
 ・ 所在地  = 佐賀県武雄市武雄町大字武雄 5331  武雄神社の裏
  → JR武雄温泉駅→祐徳バス武雄保養センター行きで5分。武雄高校前で下車、徒歩3分で武雄神社。クスノキまで徒歩5分。
     武雄市役所の南1kmにある武雄神社の裏山
 ・ 市天然記念物(昭和45.7.15) 
 ・ 武雄神社より御船山に向かって200mほど行ったところで武雄神社の御神木になっている。
 ・ 武雄神社のご神木として大事にされており、大きさはクスノキとして第5位、樹木全体では7位。
 ・ 本幹は空洞化し、中は12畳敷きの広さがある。
 ・ 樹齢3,000年の大楠といわれてきましたが、樹医さんが治療された際に樹齢5,000年を越えているだろうという話も聞かれる。
 ・ 説明看板によれば空洞部分は十二畳もあり、中には天神様を祀ってある。
 ・ 巨大な空洞内には祠が祀られ、現在においても信仰の対象となっている。
 ・ 武雄神社の御神木として祀られており、巨木の里シンポジュウムではこの樹の前で前夜祭が行われ、真手野の舞浮立と椎葉の神楽が舞われた。
 ・ 根元の土の改良や柵の設置など、武雄市の管理が行き届いており、樹木医の治療など手厚い保護を受けている。
                                                         (〜フリー事典等より)


【 訪問記 
 ・ 2,009年(平成21年)5月27日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問も行いました。
 ・ 多良岳登山後、長崎自動車道武雄北ICを降り、24号線を武雄温泉駅を目指して南下、約4k先の武雄高校前交差点から約400mで武雄神社に到着。
 ・ 武雄神社の鳥居をくぐり階段を上ると城壁のような石組みがあり、さらに階段を上ると社殿がある。左手に武雄の大楠の案内があり、綺麗に整備された歩道を左右に新たに植えられ色とりどりの草花や花木並木を200m位進んでいくと、竹林の先に見えてくる。
 ・ 巨樹のスケールとしては、特別大きく感じませんでしたが、本幹が空洞化し側幹周辺から新しい枝が成長している姿を見ると、何か生命力の偉大さを感じました。
 ・ 急な坂の途中に成長しているため、少々前掲した姿が迫力満点で、また下方の根の発達が凄まじく、幹とも根とも判断が付かない位で異様な感じを受けます。
 ・ 根元には、畳12畳ほどの巨大な空洞があり、根はゴツゴツとして王者の風格を備え、見た目の枝ぶりは細くイマイチですが樹木全体の雰囲気は不思議なくらい生命力を感じ、厳粛で神聖な空気が漂い畏怖の念を感じました。
 ・ 周囲が深い樹木で覆われており、落ち着いた雰囲気でじっくりと対面、巨樹と交流出来ました。
 ・ 武雄の大楠は、今回訪問した5カ所の巨樹(川古、本庄、武雄、隠れ屋、衣掛の各クスの巨樹)の中で、最も厳かな雰囲気を感じました。

 武雄神社  案内板
 武雄神社  武雄の大楠 全景
 〃  大楠 上部
 大楠 下部  〃 空洞内の祠
 〃 空洞内の祠

 衣掛(いかけ)の森(クス)

 ・ 全国第七位の巨樹。
 ・ 幹周   = 20.0m  
 ・ 樹高   = 18m 
 ・ 根回り  = m
 ・ 推定樹齢=300年以上(2,000年)  伝承=2,000年。
 ・ 所在地  = 福岡県糟屋郡宇美町 1−1−1 (宇美八幡宮) 
  → JRうみ駅から東へ約300m。
 ・ 国指定天然記念物  1,922年3月8日指定
 ・ 境内には「衣掛の森」と「湯蓋の森」があり、多数の巨木クスノキ群に覆われている。
 ・ 宇美八幡宮の境内にある38本のうちの老大樹2本が推定樹齢1,000年の湯蓋の森と衣掛の森。 森とは、1本でもさながら森のように見えるとの意味。
 ・ 湯蓋の森は目通り幹囲15m、衣掛の森は目通り幹囲20mの大木。
 ・ 宇美八幡宮は、古事記や日本書紀などに記述があるように神功皇后が新羅からの帰国中、この地で神功皇后の御子応神天皇が生まれた地であるということが記されていて、そこから、安産信仰が来ており、安産の神として信仰されている。
 ・ 「湯蓋の森」は、産湯をこの木の下で沸かし、そしてそこで応神天皇がうまれ、その時の産衣を掛けた木が「衣掛の森」といわれている。
 ・ 鳥居そばの神社入り口には、“日本第一樟の森”と書かれた看板がある。
 ・ この森の中で主的な存在であるのが、拝殿左奥に鎮座する「衣掛の森」と呼ばれているクスの巨樹。
 ・ 国指定天然記念物への指定も古く、大正時代の指定であり日本の代表的な巨樹。
 ・ 樹齢は2000年とも伝えられ、約1800年前に応神天皇がお生まれになった際の、この木にまつわる伝説が現在まで語り継がれている。
 ・ 主幹は大きく二つに分断しており、焦げたような樹肌で痛々しい状態ですが、周りの若い木が育って若葉を大量に茂らせ森を形成している。
 ・ 幹には大きな空洞があり、樹勢は良好とは言えない状態だが、近年治療を施された。
                                                         (〜フリー事典等より)
【 訪問記 
 ・ 2,009年(平成21年)5月28日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問も行いました。
 ・ 多良岳登山後、武雄と川古の大クスを訪問した後、長崎自動車道武雄北ICから入り、太宰府ICを降り、北上、カーナビに従って約8kで、宇佐美町役場入口の交差点を左折、約100mで宇佐美八幡宮隣の駐車場に到着。
 ・ 神社の前に到着。入口の鳥居のところから鎮守の森が始まる。 美八幡宮は当地では有名らしく、参拝者が結構いました。
 ・ 宇美八幡宮が安産の神様であるとのことで安産祈願に訪れるようです。
 ・ 神社を入り右手に「湯蓋の森」と呼ばれている大クスがどっしりと構えていました。
 ・ 目的の“衣掛の森”と呼ばれている大クスは、かなり離れた左方向(北方向)にありました。
 ・ 主幹裂けており、黒くなっていましたが、西側から成長しているヒコバエと思われる勢いのある幹が成長しており、若々しい緑の葉をいっぱい茂らせた枝を勢いよく天へ向かって伸びていました。
 ・ 近年充分に施しているようで、、数百年後には見違えるような立派な風格のある巨樹に成長していると思われます。

 案内板   〃 衣掛の森
 八幡宮入口 鳥居   八幡宮
 八幡宮 “衣掛の森”  “衣掛の森”
 〃
“衣掛の森” 全景  〃 

隠れ屋の森(クス)

 ・ 全国第13位の巨樹。
 ・ 幹周   = 18.0m  
 ・ 樹高   = 21m 
 ・ 根回り  = 35m
 ・ 推定樹齢=300年以上(1,500年) 伝承=1,500年。
 ・ 所在地  = 福岡県朝倉市恵蘇宿297
  → 国道386号線「恵蘇宿」信号からすぐ。
 ・ 国指定天然記念物 1,934年(昭和9年12月28日)指定。  
 ・ 福岡県朝倉町大字山田字恵蘇宿にある大クスで、樹高21m、幹周り18m、根周り35m。
 ・ 根は8畳ほどの空洞。 

 ・ 5本の大きな枝に分かれて枝張りが広いが、南側に空洞が開いてしまっている。
 ・ かなり痛みが激しく、大枝の折れた跡には治療痕がある。
 ・ 近年樹木による治療が行われ樹勢回復が試みられ、樹勢は回復傾向にある。
 ・ 昔、朝倉の関を通れない者が、夜になるまでこの木に身を隠したことで、現在の名前が付いたといわれている。
                                                         (〜フリー事典等より)
【 訪問記 
 ・ 2,009年(平成21年)5月28日
 ・ 九州地方の百名山と二百名山登山を兼ねて、効率よく巨樹訪問も行いました。
 ・ 英彦山登山後、本庄のクスの巨樹を訪問後、カーナビに従って、496号線→211号→52号線を走り、池田交差点で386号線へ左折、約6kで、“恵蘇八幡宮”があり、この先約300mの“恵蘇宿”交差点を左折、100m先の“恵蘇宿橋”の入口左側のスペースに駐車、すぐ裏手に目的の“隠れ屋の森”のクスの巨樹がありました。
 ・ 5本の大きな枝に分かれそれぞれ勢いよく葉を茂らせているので、遠くから眺めれば“森”と呼んで違和感はないようです。
 ・ ただ南側は、主幹が枯れ途中で切られ、空間が広がっており、下部空洞部分は格子がはめ込まれあまり感じの良いものでなありませんでした。
 ・ 全体的には迫力充分な巨樹で、大きな枝で枝張りは広く、遠くからでも勇姿を眺められる。
 ・ クスノキの根には枯れかけて、傾いてるムクノキがくっ付いており、強風時倒れそう。
 ・ “隠れ屋の森”の西方向約1.5kに有名な“朝倉三連水車”があるので、訪問しました。
 ・ 14号線沿いの木製の“朝倉三連水車”は朽ち始めた状態で放置されていましたが、すぐ北側の386号線にある新設された道の駅を兼ねた広大な芝生の広場の先に、新制の鋼鉄製“朝倉三連水車”が豪快に稼働していました。

 “隠れ屋の森”と呼んでいるクス  案内板
 クス全景  〃
 〃  クス上部
 クス上部  クス上部
 クス下部  クス下部の空洞
 クス下部  付近の麦畑
 三連水車の里の看板(数年前)  現在の姿。:昔の木製三連水車
 現在の鋼鉄製の三連水車  〃

§U.都区内の巨樹  

§V.東日本